【ネタバレ】ONEPIECE ワンピース 863 感想【注意】

第863話 義侠派

 

約3時間半前…ベッジのアジト

ベッジ「鏡を?ウエディングケーキの中に!?」

ルフィ「中に鏡を入れといてくれたらよ!!鏡の世界からケーキの中にどーんと飛び出せるだろ!!そしたら甘ェし面白ェし!!あははは」

ベッジ「…」

ブリュレ「バカ言ってんじゃないよ!!ウエディングケーキを壊す気かい!?ママがそれをどれ程楽しみにしてるか、お前ら知らねェから!!」

ルフィ「お前、森でナミ達を “増やした” よな!」

ブリュレ「!?」

チョッパー「ああ!ブリュレは鏡に映した誰かを、誰かに投影できるんだ!!」

ブリュレ「…それが何だってのよ!?」

沢山の動物達を捕まえてきたルフィ「ゼェ…ゼェ 捕まえてきた!!こいつら全員おれにしてくれ!!」

ブリュレ「えーっ!?」

 

コック着を来ていたベッジの部下はケーキに鏡を仕込みに行っていた様子

 

そして現在…結婚式会場…

「ケーキから!!」「人が飛び出してきたー!!」

口を開けて固まっているビッグ・マム「…!!」

ル・フェルド「これはすごい演出やネン!!」

モルガンズ「違う!!ル・フェルド!!これはビッグ・ニュース!!あいつは “最悪の世代” の海賊!!

“麦わらのルフィ” だ!!なぜここに!?なぜ何人もいる!?」

 

*「逃げろー!ケーキが倒れるぞー!!」「何なんだコイツらー!!」

倒れていくケーキ…

サンジはプリンを抱えて逃げる

サンジ「…!! プリンちゃんしっかり!!始まった…!!一瞬の勝負だ!!頼むぞルフィ!!」

スムージー「 “麦わらのルフィ” 達は囚人図書室で◯んだのではなかったのか!!モンドール!!」

モンドール「…!! やっぱりウソだったか、保身に走りやがってオペラの兄貴(ヤツ)!!」

ルフィに化かされた動物達「ニャー」「ガルル」

ビッグ・マム「 “麦わらの…ルフィ” だってェ〜!?あの野郎…!!」

頭を抱えて震え出すビッグ・マム「ケーキが…ケーキが…!!楽しみにしてたんだ…」

料理長「ママ、気を確かに!!お気持ちは察しますが」

コック「料理長、お逃げに!!ママの様子が変です!!」

ビッグ・マム「新しいケーキを持って来いよ…」

コック達「無茶な!!」

ビッグ・マム「Life!? or WeddingCake !?」

どよめく周りの人達

写真を撮りまくるモルガンズ「 “魂への言葉(ソウル・ポーカス)” だ!!寿命を取られるぞ、スクープだ!!

人間が必ず持つ生への執着に話しかける!!わずかでも◯を恐れたら…見ろ!出た!!」

 

コック達から出た寿命を掴みとるビッグ・マム

コック達「ヒー!!」

ビッグ・マム「冗談じゃねェぞォ〜!!」

 

ミロ・ワールドではルフィ達が放たれ続けている

シーザー「行け行けー!!外でビッグ・マムが怒ってるぞ!!こっちも半分ヤケだな…!!会場は想像以上に混乱してる!!」

ジンベエ「全員行ったか!?」

ペドロ「このルフィが最後だ!!」

泣くブリュレ「憶えてろうお〜ん」

ジンベエ「わしらも行くぞ、ペドロ!!」

ペドロ「おう!!ルフィの援護だ!!」

ナミ「私達もよ!!サンジ君の援護に!!」

キャロット「うん!!耳せん持ったよ!!」

チョッパー「サンジの家族の救助だな!!」

ナミ「後は頼んだわよ!!人間のクズ!!」

シーザー「!」

キャロット「そんなにダメな人なの!?」

チョッパー「最低なんだあいつ!!」

一人涙を流すシーザー「…!!」

 

ビッグ・マム「おれの楽しみを奪う奴らは全員寿命を奪ってやる!!どいつだ!? “麦わら” は!!」

 

魚人島でのやりとり…

ビッグ・マム「モンキー・D・ルフィ…!!憶えたからね!!来な!! “新世界” へ!!」

そしてここでのやりとり…

ルフィ「 “海賊王” になってねェのがお前だろ!!…もう一度ケンカ売ってやる!! “四皇” だからってふんぞり返ってんじゃねェ!!

サンジは必ず取り返す 最後に勝つのは…!!おれ達だ!!」

 

*「ケーキが倒れたァ〜!!」

ビッグ・マム「どれが “麦わらのルフィ” だい〜!?よくもウエディングケーキをォ〜!!」

ベッジ「(フン…バカか 撹乱作戦で返事なんざするか!!そもそも正面から来るわけねェだろう)」

しかし…

 

ルフィ「おれだァ〜!!」

固まるベッジ

ビッグ・マム「ひねり潰す!!」

ルフィ達が暴れ回る

ルフィ「アレだな、写真立て!!簡単だ!!」

胸をノックするベッジ「ヴィト、ゴッティ ランチャーの準備はいいな」

ヴィト「ええ、いつでも飛び出せます ファーザー」

→次のページへ

最新記事を即お知らせ