【ネタバレ】ONEPIECE ワンピース 858 感想【注意】

第858話 会議

 

ホールケーキ城8階の巨大キッチンでは、ウェディングケーキ製作も大詰め…

ビッグ・マム海賊団、総料理長 “美食騎士シュトロイゼン” の歌に合わせて作業は進んでいく

「ゆるふわの〜♪」

「トロふわの〜♬」

「人生なんて〜♪」

「ありゃしない!!」

「苦行の人生 涙の味は♪」

「塩少々♬」

「くやし涙は」

「大さじ1杯♬」

「だったらてめェのデザートはァ!!甘いケーキがいいじゃない」

涙を流しているシュトロイゼンに声を上げる作業員達「料理長〜!!」

 

場面はホールケーキアイランド、東の入り江

アラディン「よせペコムズ!!まだ安静にしていなくては!!」

ボロボロのペコムズ「ハァ…ハァ…ガオ!!ジンベエはちゃんとママに報告できたのか!?ベッジのガキの事…!!」

アラディン「勿論だ!!今頃は裏切り者のベッジの奴はママに完膚なきまでに打ちのめされている筈だ!!」

ペコムズ「ガオ!!…筈だと!?筈じゃあダメだ…!!やはり確実におれが…」

 

プラリネ「まーまーシャシャシャシャ…大人しくしてなきゃダメよ、ペコムズ!!」

ペコムズ「だ…だがプラリネ、万が一奴らに報告を阻止されたら…ガオ」

アラディン「ならば尚更ジンベエに任せろ!!お前の体ではまたやられてしまう!!安静にしてろ」

船医「そうだペコムズ!!動く事は船医のわしが許さん、絶対に寝ていろ!!」

ペコムズ「…お前ら様子がおかしくねェか?」

ギク…とするアラディン達「ウ!!」

ペコムズ「何やら夜中中、入り江がざわついていた…ちらほらと “荷物” を運ぶ者の姿が見えた…!!」

更にぎくっ…とするアラディン達

ペコムズ「助けられた事には礼を言うが…おれは行く!!」

アラディン「待て待てそれは許さん!!」

ペコムズ「許さんとは何だ!!ガオ!!てめェら何を隠してる!!」

 

ジンベエ達はミロワールドからベッジ達のアジトへ先に行き、そこで落ち合う事に

 

島の北西、ファイアタンク海賊団のアジトに到着したルフィとサンジ

ルフィ「…ついた!!ここがベッジのアジト!!…でベッジってどんな奴だ?」

サンジ「…マフィアのボスだと思え」

 

お茶会開宴まで…あと4時間15分

出迎えるヴィト「おー!!おれのヒーロー “ジェルマ” !!ヴィンスモーク・サンジ!!また会えて嬉しいレロ!!ニョロロ!!」

サンジ「てめェか…」

ルフィ「おいみんなは!?お前がベッジか!?」

ヴィト「そう慌てるな、他の奴らは着いていレロ」

ルフィ「レロってどっちだよ!!」

そこに…

チョッパー「わールフィ!!サンジ〜!!」

ルフィ「チョッパー!!」

風呂上がりのチョッパー「お前達もひとっ風呂浴びて来いよ!!」

ルフィ「何くつろいでんだ!!時間がねェんだぞ!?風呂嫌いのクセに!!」

ヴィト「いやいやあんたらもレロ!!ファーザーは “汚ェの” とはお会いにならねェ」

 

アジト内の女風呂

体を洗いながらシフォンと話すナミ

シフォン「え〜!?ローラがイボイノシシのゾンビに!?」

ナミ「それで意中の男を追いかけ回して…」

シフォン「アハハハ、ローラらしいわね」

 

ナミ「あの時も…今回のオバケの森も…ローラに出会ってなかったら私どうなってたか」

シフォン「そうなのね!!でも妹にとってもあんたたち大恩人よ!!ありがとう 嬉しくて涙が出てきた!!私達、昔から一心同体だったのよ双子だし!!」

キャロット「◯んだ人が動くなんて、海ってワンダーランド♡!!ローラは人間に戻れたのね!」

ナミ「ええ、きっと今も元気で海賊やってるわ!!」

シフォン「結婚相手は見つかったかしら」

ナミ「ビッグ・マムの怒りは鬼気迫るものがあったけど…結婚から逃げた件で…」

シフォン「ああ…あれは大事件だった ママはワケあって全世界の巨人族に嫌われてるの」

ナミ「!?え?巨人族に?」

シフォン「だからこのあらゆる種族の住む “トットランド” にも巨人族だけはいない」

キャロット「(巨人…!!本当にいるんだ…!!)」

シフォン「ある日…ローラを見かけて一目惚れしたという求婚者が現れたんだけど…それが何と巨人国 “エルバフ” の王子 “ロキ” !!」

ナミ「…王子!?すごい!!」

シフォン「ママは涙目で歓喜してた!!ローラがエルバフの王女になれば!!巨人族との長年の確執も埋まり、

更には世界一の強国と名高い “エルバフ” の軍隊さえも我が物にできると!!」

ナミ「成程…そこから逃げちゃったわけね」

シフォン「そこからはひどいものよ 代わりに私を差し出してみるも、”ローラじゃない” と見抜かれ…巨人族との仲はより険悪に

それからママは本物の巨人族を仲間にする事を諦めて 人を巨大化する研究に投資する様になった…

ローラへの怒りは増幅する一方で…この国では犯罪者扱い!!もし帰ってきたら◯されるわ」

ナミ「…」

シフォン「それに…ローラにそっくりの私も気にくわないみたいで」

 

ビッグ・マム “そのツラをおれの視界!!さらすんじゃねェよォ!!”

 

シフォン「会う度に…手酷く殴られ、何年も生傷が絶えなかった」

ナミ「えェ!?」

シフォン「◯されるかと思った…親に… もう私は “あの怪物” を母親とは思えない」

ナミ「…!!」

 

シフォン「ローラはのん気だから、まさか母が自分に◯意を抱いてるなんて思ってないでしょうけど ふふふ…」

ナミ「そういう事か…全部つながった…!!」

シフォン「ベッジがママを暗◯するって言った時、私は何も感じなかった…ひどいと思われても…それが事実」

→次のページへ

最新記事を即お知らせ