【ネタバレ】ONEPIECE ワンピース 857 感想【注意】

第857話 ルーク

 

サンジ「ジンベエが!?」

ルフィ「ああ、おれもびっくりしたよ!!」

ほっとするサンジ「よかった、ナミさんも無事なのか…!!」

ルフィ「…しかしどうやってあいつらと合流するかだな お前が帰って来るって聞いたらみんな喜ぶぞ ししし!!」

 

サンジ「…おれァ…ナミさんに合わせる顔がねェなァ〜…」

ルフィ「ナミ達がお前の事、1番心配してたからな」

サンジ「…なのに恐ェ思いをさせちまった…」

 

ルフィ「お、雨が止む…」

サンジ「…」

 

場面はミロワールド

チョッパー「あったぞ!!」

キャロット「聞こえるかな…!!この鏡の欠片で」

ナミ「最後にあんた達と話してた “鏡” は、”キングバーム” っていう木のおばけの頭の上で割れたの…だから多分あの辺りに欠片くらいは…」

呼びかけてみるチョッパー「おーいルフィ〜!!」

すると…

町外れにいるルフィ「え!?」

チョッパー「おーい!!ルフィ〜そこにいるか〜!?」

ルフィ「チョッパーの声!!」

チョッパー「おーい!!」

ルフィ「あった!!これだ!!鏡のかけらか!!」

チョッパー「ルフィ〜聞こえるか〜!?」

サンジ「鏡からなんで声が!?」

ルフィ「話すと長ェけど、鏡の中にチョッパー達がいるんだ」

サンジ「!? …?」

ルフィ「無事なのか!!チョッパー!!」

チョッパー「あ〜!!ルフィ!!よかった本当にいた!!」

サンジ「…??」

ナミ「ルフィ!!サンジ君も一緒!?」

ルフィ「ああ一緒だ!!そっちは?」

キャロット「こっちも鏡の中から全員救出できたんだよ!!ルフィ!!」

チョッパー「ブルックは “ポーネグリフ” の写しも手に入れたんだぞっ!!」

ルフィ「ホントか!?さすがだな!!お前ら!!」

 

チョッパー「そ…そんなにホメられても…嬉しくねーぞコノヤロー♡」

キャロット「えへへへコノヤロー♡」

ブルック「ヨホヘヘ♡このイカレポンチ!!」

照れる3人

ペドロ「ルフィ!!サンジがそこにいるのはいいが、話はついたのか!?」

ルフィ「サンジはまだ戻らねェ!!」

一同「え〜っ!?」

 

ルフィ「これから “ビッグ・マムの茶会” と “結婚式” をブッ壊して!!サンジの家族を救い出す!!そしたら…サンジは帰って来る!!」

一同「!? ビ…ビッグ…」

 

しーん…

サンジ「…ルフィ…相手は “四皇” だ、おれのわがままでみんなを…いやナミさんを危険に晒したくねェ…!!だから…」

 

一同「やったァ〜〜〜!!!」

大きな声に驚くルフィとサンジ

ルフィ「わ!!」

サンジ「…!!」

チョッパー「何だよお前ー!!ルフィと大ゲンカしたって聞いたから!!心配したぞバカー!!」

キャロット「よかった〜本当にばか〜!!」

ブルック「ウスラバカー!!」

大泣きする3人

ナミ「そうすればサンジ君は帰って来るのね!!」

サンジ「あ…ナミさん!?あの…」

ナミ「ああ…サンジ君、あんたが私を “恐怖のどん底” につき落とした件は…」

サンジ「…!!」

 

ナミ「絶対に許さない」

その言葉がドス…と突き刺さるサンジ「オウ!!」

ナミ「…だけど一旦忘れましょ!お茶会まで時間がない…!!あんたには必ず帰って来て貰うからねサンジ君!」

サンジ「えェ〜!?それプロポーズ!?ナミさん♡」

いつも通りのサンジを見たルフィ「…なんか安心したよおれ」

ジンベエ「…ではルフィ!やるべき事はわかった」

ルフィ「うん!そういやおれ、サンジの姉ちゃんに命を救われてんだ!」

ジンベエ「ああ、ぜひ助け出そう しかし簡単ではない…!!ビッグ・マムを討ち取るわけじゃないにせよ

ママは毎度、茶会を心底楽しみにしとる…それを壊すとなれば “四皇” の逆鱗に触れるという事になる…!!

更にはお前さん達…ここで色んな大臣達に見えたと思うが、それは “ビッグ・マム海賊団” のほんの氷山の一角

 

茶会にはその上の猛者共が出席する そして各国より招かれる、闇の世界の帝王達…!!」

一同「…!!」

ジンベエ「対する我々は…わずか10人しかおらん」

ブリュレ「おい!!アタシら入れんじゃないよ!!」

ディーゼル「サバ読むな!!たった8人だろ」

ブリュレ「◯されちまえェ〜!!」

ジンベエ「ルフィ、こっちの皆にはもう話したが…!!ちょっと別の話じゃと思うて聞いてくれ」

ルフィ「?」

ジンベエ「カポネ “ギャング” ベッジを知っとるな?」

→次のページへ