【ネタバレ】ONEPIECE ワンピース 854 感想【注意】

第854話 何やってんだ

 

城内…追いかけられるジンベエとナミ

兵達「出口を塞げー!!」「回り込め!!」「外へ出すな!!」

ジンベエ「まいったのう!こりゃ囲まれそうじゃ」

ジンベエの上に乗っているナミ「えー!?出口ないの!?」

兵達「ジンベエ親分…いや!!ジンベエの謀反だァー!!」

 

銃を撃ってくる兵達

ナミ「きゃ」

ジンベエ「後ろをやれるか、ナミ!!」

*「あ!!見つけた!!おーい!!」

ナミ「任せて、アッタマきた!!しつこいってのよ!!」

ジンベエ「また前からも敵じゃ」

 

ナミ「 “雷雲ロッド” !!」

*「ぎゃあああ〜!!」

ナミ「…!! ん?」

倒した兵達の先頭に…一緒に倒れていたのは…

ナミ「えー!?チョッパー!?」

キャロット「チョニキー!!ナミ〜!!助けに来たんだよぉ!!」

ナミ「キャロット!!そうなのね!?ごめ〜ん!!」

 

ミロワールドに入ったナミとジンベエ

キャロット「大丈夫!?チョニキ」

ナミ「信じられない、これが鏡の中!?」

ブリュレ「ジンベエお前っ!!なぜこいつらと一緒にいるんだい!?これは明らかな裏切り!!」

ジンベエ「! ブリュレ…」

ブリュレ「お前はウチの傘下からの脱退を求め、”ルーレット” におじけづいたと聞いたが」

 

ジンベエ「ママには魚人島を守って貰った!!仁義は通したかったが、あのルーレットからは◯と悪意の匂いしかせん!!」

ペドロ「…ルーレット!?それはやらなくて正解だ、”海侠のジンベエ” 」

ジンベエ「!」

ペドロ「5年前…救いを求め、それを回した相棒が命を奪われた あれは回した者が必ず◯ぬ様に出来ている」

ブリュレ「ウィッウィッ 当たり前だよバカ共!!ママは去る者を生かしちゃおかない!!ちょっとした侵入者も…!!忠実だった傘下の海賊でもね!!

来る者は拒まず、去る者は◯す…!!それがママの…」

ブリュレの言葉を遮って、先へと進み出す一行

ブリュレ「ぐえーっ!!」

チョッパー「次へ急ごう!!後はブルックとルフィとサンジだ!!」

ディーゼル「ちょっと待て、いくら何でも重すぎる!!」

 

場面はホールケーキ城 “女王の間”

頬に絆創膏を貼るプロメテウス「いてて」

ビッグ・マム「どうしたプロメテウス!」

プロメテウス「ソウルキングにやられた傷が思いのほか深くて…少し開いてきた」

ビッグ・マム「マママ…みっともない!!と言うよりコイツをホメてやろう…お前達が傷を負うなんて初めてだねェ!!」

ストラップのように吊るされて持たれているブルック「…」

プリン「ママ…!!その “ホネ” ずっとそこに?」

ブルック「(え… “ホネ” ってプリンさん、雑な呼び方…)」

 

ビッグ・マム「こんな生き物、他にいない 魂の芸術だ♪ 当分は図鑑に入れず持ち歩くさ♫」

ぞっとするブルック

ビッグ・マム「…ご苦労だったね、麦わら達の件は… まさか誘惑の森を抜けるとは思わなかったが…無事、囚人図書室の本に入った」

ブルック「!?」

プリン「ええ♡会って来た ざまァない あのまま◯すの?」

ビッグ・マム「ああ、式の後にね」

ブルック「(!? え え??)」

 

ビッグ・マム「ジェルマは今頃飲み潰れてるハズさ 酒場の女達を行かせてある」

プリン「そう…でもレイジュが私の事かぎ回ってたわ 勘のいい女…!!もう解決したけどね」

ビッグ・マム「ん?何だ!?◯しちゃいねェだろうな」

ブルック「…!?(何ですかこの会話…プリンさん?あの…どこまでもいい娘のプリンさんは…!?)」

プリン「ちょっとママ!信用ないわね!脚だけよ 一発撃って記憶は消しといた…」

ビッグ・マム「気をつけな、お前は大切な花嫁 返り討ちにでもされたら大ごとだよ」

プリン「ご心配ありがとママ…でもお陰で銃の威力も試せたわ ジェルマの改造人間でも間違いなく蜂の巣にできる…♡」

ビッグ・マム「ハ〜ハハ 気の効く娘だね 明日はお前の発砲が全ての合図だ

全員の注目する “誓いのキス” サンジはアホ面でお前のペールを上げて!口づけしようとする…

そこで…!!初めて見るお前の “第3の目” !!奴は一瞬たじろぐ!!その瞬間だ!!いいね、一発で仕留めな!!

狙うのは奴の “眉間” 吹き飛ぶ脳ミソ!!会場は唖然とし凍りつく!!

危険を感じてももう遅い!!丸腰のヴィンスモーク達の背後にはすでに無数の銃口!!

恐がる間もなく飛び散るジェルマのち!!花火の様に鳴り止まねェ銃声!!◯んでもまだ体を貫く銃弾の雨!!

地面に広がる、ちのプール!!変わり果てたヴィンスモーク6人の姿!!銃声は祝砲に変わる♪」

いつもこうなのか、やれやれ…といった表情のプリン

開いた口が塞がらないブルック「…」

 

ビッグ・マム「そこからが本当のパーティーさ!!ケーキで祝おう!!紅茶で祝おう!!邪魔な指揮官を失うその時

ジェルマの全てがおれのものになるのさ!!」

 

場面は6階客室のサンジの部屋

サンジの部屋を静かに覗いた兵は連絡をする

兵「ええ…新郎サンジ様は間違いなく部屋で就寝されています」

**「朝まで部屋から出さぬ様…また、誰も入れぬ様にしっかり警備せよ」

兵「は!!」

サンジのベッドから寝息が聞こえる…

しかしそこに寝ていたのは…

 

あのナス語尾の兵「…ん…?は!!しまった寝ちまったナス!!サンジ様のベッドで!!サンジ様まだ帰らねェナスか!!

…じゃもう少しだけ 寝るナス」

→次のページへ

最新記事を即お知らせ