【ネタバレ】ONEPIECE ワンピース 853 感想【注意】

第853話 ここじゃねェ

 

宝物の間…

ビッグ・マム「マママママ…何てかわいい生物だ!!」

ブルックを片手で掴んでなでなでしているビッグ・マム「体の隅々まで骨なのに…生きている奇跡!!戦いも見事だったよソウルキング」

更に頬ずりするビッグ・マム「すっかりチェス戎兵達はお前にビビっちまってるよママママ…まさにソウルキング!!あいつらの天敵だ」

ブルック「…」

ビッグ・マム「…だがこいつらは倒せない…!!」

 

二角帽(バイコーン)のナポレオン・雷雲のゼウス・太陽のプロメテウス

ビッグ・マム「特別なのさ!! “おれの魂(ソウル)” を…!!直接与えてるからねェ…おれの分身の様な奴らさ ソウルの格が違う…!!」

ブルック「!?」

 

ゼウス「へへへ」

兵達「取り調べ終わりましたママ!!服の中にも何もなしー♪」

「筒の中にも何もなしーっ♪」「なーんにも♪盗られてまっせーん♬」

ビッグ・マム「マ〜マママ…ならいいんだよソウルキング 疑って悪かったねェ〜♪」

ブルック「(む…無念…!!何たる辱め…!!)」

ビッグ・マム「 “玉手箱” は勿論…♡ “ポーネグリフ” の写しなんかも盗まれるわけにはいかないのさ〜

持ってかれて誰かにまた “ラフテル” へ行っちまうなんてマヌケだろ?ハ〜ハハハ ”ロジャーの時” の様なヘマはもうやらねェ!!

あいつは “万物の声” を聞くって奇妙な力で “石” を読み解いたが…ウチにもやがて同じ力を手に入れる “隠し玉” がいるのさ…」

昔を思い出してブルックをなでる手に力が入るビッグ・マム「次にラフテルに到達するのは…おれ達だ!!」

そこに…

プリン「ママ!!」

ビッグ・マム「お〜かわいいプリン♡噂をすれば…!!どうした? “第三の目” が真の “開眼” でもしたかい!?」

ぷくーっと頬を膨らませるプリン「…もうママったら口を開けばそればっかり、私はハーフなのよ?本当にそんな能力が目覚める保証もない」

ビッグ・マム「ハ〜ハハハ悪かった…だが間違いなく、お前は稀少な “三つ目族” のちを引いてるんだ…!!」

ブルック「(は…プ…プリンさん…三つ目? あ…ダメだ、私達が知り合いな事は秘密)」

 

プリン「(あの骨男、こんな所にいたのか…ま…捕まったのならよかった)

ねェ、ママ!ここじゃ恥ずかしいからママのお部屋でお話を」

ビッグ・マム「おお勿論さ、いいとも♡」

 

場面は3階の中庭

タマゴ男爵をぶった斬ったペドロだったが…

 

ヒヨコ姿のタマゴ男爵がペドロを襲う…

ペドロ「ハァ…ハァ…」

兵達「いけー!!」「やっちまえー」「ヒヨコ子爵〜!!」

ヒヨコ子爵を真っ二つに斬るペドロ「ぬん!!」

すると卵の中身が出てきて…

「ピヨ ピヨ… …コケ… コケーッ!!」

兵達「!? うおおー!!この鳴き声は…!!」「出るのか更なる進化形態!!」「 “ニワトリ伯爵” がァ〜!!」

タマゴに近づいていくペドロ「…くだらん…今の内に息の根を」

 

兵達「やめろォー!!」

「 “タマゴ男爵” から “ヒヨコ子爵” !! “ニワトリ伯爵” へ 割れる度に強く生まれ変わる!! “タマタマの実” !!

ニワトリ伯爵こそ真の騎士(ナイト)だ!!恐れよ!!成れば貴様など足元にも及ばぬ力を得る!!」「奴を止めろォー!!」

ペドロ「待つ気はない…」

ペドロに向かっていく兵達「やめろォー!!」

ペドロ「よし、ではやめよう」

兵達「!?」

懐から爆弾を出すペドロ

兵達「うおーっ!!爆弾!!てめェ何する気だァー!?」

ペドロ「ずいぶん兵が集まったな、囮冥利に尽きる…!!」

兵達「退けー!!逃げろォ!!」「やめろォー!!」

大規模な爆発で吹っ飛ばされる兵達

 

タマゴ「コケェーッ!!」

 

ミロワールド内…

チョッパー「うおー!!危なかったー!!」

キャロット「無茶するなァも〜!!びっくりしちゃったよ!!ペドロー!!」

ミロワールドに入り、無事なペドロ

ペドロ「こっちの方がよっぽど驚いた…突然、鏡の中から呼びかけられる身になれ…」

キャロット「…でも!一瞬でこんな作戦思いつくなんてさすがペドロだね♡ペドロ〜!!」

ペドロ「…つまりここは鏡の中か、信じ難いが」

チョッパー「ここはブリュレがいないと出入りできない世界、安全なんだ!!サンジを連れて脱出する事もできる!!お前の知ってる情報を教えてくれ!!」

 

鏡の中を駆けながら話を聞く2人

2人「えー!!ルフィとナミが捕まった!?」

ペドロ「ああ、そう聞いた ブルックも心配だ、うまく “ポーネグリフ” の写しを盗れてればいいが!!」

チョッパー「全員危ない!!急ごう!!」

 

描いた似顔絵を広げるキャロット「鏡よ鏡!!この人達の!!居場所を教えてー!!」

ペドロ「美化が過ぎないか!?」

鏡「その髪の長い女の子がさっき走り抜けたよ!!」

ペドロ「ウオー!!鏡が喋った!!」

チョッパー「え!?じゃあナミは脱走したのか!?ルフィも一緒かな」

鏡「ジンベエ親分と一緒だよ!!」

チョッパー「!? ジ…ジンベエ〜!?」

→次のページへ

最新記事を即お知らせ