【ネタバレ】ONEPIECE ワンピース 841 感想【注意】

第841話 東の海(イーストブルー)へ

 

サンジへの食事を持っていく兵士

料理人達「あんな贅沢な食事を毎食…一体どこへ?」

 

サンジ監禁6か月目

 

料理人達「客間には誰も来ていないのに」「詮索などするな、国王様の命令だ 言われた通り作ればいい」

「どこかの国の要人を匿ってるとか…」「若い女を住ませているとか」「そうだ、地下から叫び声を聞いたって話」

 

食事をとるサンジ

上からは騒がしい声が聞こえる

 

兵士達を薙ぎ倒すイチジ達

係「目紛しい成長…まさに超人達」

ジャッジ「わははは!!見事だ、誇らしいぞ!!」

イチジ達「父上!!」

レイジュ「お父様!!」

 

op841-1

4人を抱きしめるジャッジ「最愛の子達よ!!」

 

サンジは食べながら昔の事を考えている

サンジは手を切ったりしながらグチャグチャの弁当を作る

そしてサンジは雨の中、傘をさして出かける

兵士「お1人で行かれるので!?病棟は最後尾!遠いですし天候も…」

サンジ「いける!!ついてくるな お父さんにはいわないで…」

早速こけるサンジ

 

途中で犬と出会う…

サンジ「何だよ…これはエサじゃないぞ!!」

犬「ワン!!ワン!!」

サンジ「わー!!」

 

ボロボロになりながらも病棟にたどり着いたサンジ

侍女「サ…サンジ様!?まさかお1人で!?」

サンジはグチャグチャの弁当を侍女に差し出す

侍女「お気持ちは嬉しいですが…もし王妃様がお腹でも壊したら…でももしかしたらお味の方は…」

指で一舐めしてみた侍女はガクガク震えて叫ぶ「ああああ〜」

サンジ「えェ〜っ!?」

 

母の部屋へ

母「来てくれたの!サンジ バレたらお父様に怒られちゃうわね…!!」

サンジ「うん」

母「私の為に作ってくれたの?」

もじもじするサンジ「う…うん…」

母「エポニー!!」

先程の侍女・エポニー「は…はい王妃様っ!!」

母「余計な事しないで!!サンジが私に作ってくれたものを持ってきて!!」

母の前には別の綺麗な弁当が置いてある

 

エポニー「あ…そのハイ…ですがアレはもう原型を留めてなかったので ゴ…ゴミ箱に…!!」

グチャグチャのサンジの弁当が持ってこられる

 

op841-2

母「まあ素敵!卵焼きに…お魚とバナナかしら」

サンジ「ごめん…!!お母さん!!失敗したんだ…!!とちゅうで転んで…おとしたしつぶれたし…!!雨にもぬれたし…!!」

一口食べる母「どれ…」

サンジ「あ」

 

op841-3

母「ん〜♡おいしいっ!!」

驚くエポニー

サンジ「ホントー!?」

母「ええっ!また…作ってくれる?」

全部食べてくれた母

 

しかしもう母はいない…

サンジは出されたパンを料理のようにナイフで切る

そしてサンジは料理の本と道具を兵士に頼む

その本の中に…

サンジ「オール…ブルー…?」

 

地下に閉じ込められたサンジを見つけたイチジ達

サンジ「!?」

ニジ「生きてたのか!コイツ 父上はなんであんなウソを」

鍵を持っているイチジ「◯んでほしいからだろ」

ヨンジ「…じゃあ本当に◯んだら父上は喜ぶかな…!!」

サンジをボコボコにするイチジ達「でき損ない」「だもんな!!」

 

イチジ達が去った後、牢越しにサンジの手当てをするレイジュ「私を味方だなんて思わないでね!巻き込まれるのはイヤ!!」

サンジ「…!!」

レイジュ「あの3人こそお父様の理想の戦士 ”かわいそう” とか “悲しい” とか思う感情が “ない” のよ」

サンジ「!?」

レイジュ「体の “改造” は私も成功してるけど…あいつらとはそこが違う」

サンジ「…!!」

レイジュ「そうだ、もうすぐ “レッドライン” を登るのよ ”イーストブルー” でいくつか戦争するみたい」

→次のページへ