【ネタバレ】NARUTO外伝 ナルト外伝 七代目火影と緋色の花つ月 6 感想【注意】

ナンバー700+6 進化無き種

 

峠塔に襲いかかってきた暁マントの男とシン

最初の攻撃はナルトが防ぎサラダを守る

そしてサスケが迎え撃つ

再び無数の手裏剣を投げてくる暁マントの男

剣で全て弾くサスケ

 

nag6-1

印?が書かれた手のひらをサスケに向ける暁マント

サスケが剣を向ける、それを手で掴み防ぐ暁マントはニヤリと笑う

ナルト「!」

暁マントの後ろからシンが武器を持って突っ込んでくる

 

nag6-2

サスケが天手力で自らとシンの空間を入れ替える

そして2人の背後をとったサスケは火遁・豪火球の術で攻撃する「(すぐに全て吐いてもらうぞ)」

その時、暁マントの男の後頭部の眼がギロッと動く

するとシンが暁マントの背後に動き、盾のようにその身に豪火球をくらう

ナルト「(!? こいつの瞳力か?)」

しかし暁マントの男も無傷では済まず2人まとめて落ちていく

ナルトとサラダの前に降りてくるサスケ

暁マント「…そうか…これがお前の瞳の力か…うちはサスケ…!」

サラダ「…す…すごい…パパ…」

ナルト「ああ…けど…まだこんなもんじゃねーってばよ」

暁マント「暁復活の為にぜひとも欲しい代物だ」

ナルト「…こいつ暁の残党か?」

サスケ「…すぐに喋らせてやる」

暁マント「オレの名前はうちはシン」

サラダ「じゃあ…子供と同じ名前…?」

サスケ「捕われてからゆっくり本当の事を喋れ 今は黙ってろ」

ナルト「…!?って事はこいつら親子なのか?」

サラダ「…父様がどーのって言ってたし…」

お菓子を食べているチョウチョウ「(あーあ…あちしの本当のパパもサラダのパパぐらい目力で女おとす系だったら最高!)」

ナルト「(…って事は…さっき自分の子を盾にしたのかこいつ…)」

サスケ「ナルト、子供達を頼む…それと…」

分かってると言うナルト「そっちこそ気を抜くな…(今度はオレがスキを突く!頼むぞサスケ!)」

前へ行こうとするサスケ

眼を見開くシン

するとサスケの持っている剣がナルトの脇腹にささっている

ナルト「ん? ぐっ…」

サラダ「七代目!?」

サスケ「どういう事だ!?」

シン「これがオレの瞳力だ どうだ…お前に負けてないだろう?」

膝をつくナルト「心配すんなサラダ 大丈夫だ くっ…そうかこいつら…瞳力で武器を自在に まさか…サスケのまで…」

あの時マーキングされたかと気付くサスケ

ナルトの力が少し弱まる、その瞬間に手裏剣を操りサラダを狙うシン

 

nag6-3

サスケが庇い背中、腕と脚にささる

シン「平和は人としての進化を止める…まさに今のお前らだ」

手裏剣が少しずつめり込んでいく

サスケ「くっ…(…これでオレの動きを…)」

無数の手裏剣でサラダを狙おうとしているシン「進化無き種はいずれ滅ぶ」

 

nag6-4

そこに走ってきたサクラがパンチをかます「うちの旦那様と愛娘に何してくれてんだじゃーんなろーがぁ!!」

吹き飛んでいくシン

サラダ「ママァ!?」

サスケ「!?」

サクラ「こいつら何者?」

サスケ「それをこれから調べる…何でお前まで!?」

シン達を捕らえるナルト「オレもいるんだけどもよ…」

サクラ「大丈夫ナルト!?」

ナルト「ああ…じき治る」

サラダ「え!?そ…そうなの?」

九喇嘛「(この程度で◯にやしねェお前が大げさな…戦闘のカンが鈍ってんぞ…なさけねェ)」

 

ナルト「言ってくれんな…」

謝るサクラ「サラダにはちゃんと言い聞かせてるつもりだったんだけど…」

目をそらすサラダ

ささった手裏剣を抜くサスケ「…イヤ…悪いのはオレの方だ…どう考えてもな お前が謝る必要はない」

サクラ「…」

サスケ「…だがオレには…」

 

nag6-5

その時、眼の生物が現れて時空間に消えてゆく「こいつごと連れていく!」

ナルト「!(またアレか!!)」

サラダ「ママ!!」

サスケ「時空間だと!?」

 

移動させられたサクラ

そこには数人のシン達が武器を手に待ち構えている

サクラ「…まさに敵の懐って感じね…」

シンが瞳力で手裏剣を操りボロボロの子シンの腹にさす

台へと移動させる…

 

扉から覗くチョウチョウ「(サラダってスネるとちょっとね…そろそろ直ったかな?あちし気まずい空気って嫌いだし…)」

ナルト「くそ…やられた…九喇嘛の言う通りだ…なさけねェ…」

 

場面はシンとサクラ

瞳力を使い、子シンの臓器を自らに移植しようとしているシン

サクラ「…移植手術?その臓器を取ったらその子はもう…!」

シン「そうか…お前も医療忍者だったな…だがな…お前のせいでこうなったのだ」

サクラ「….アナタが私の夫と子供を◯そうとしたからよ それに大切な友達も…」

シン「ならなぜオレのガキの心配までする?」

サクラ「アンタ…本気でそれ言ってんの?」

次回、NARUTO外伝 ナルト外伝 七代目火影と緋色の花つ月 7 へ!!

 

※以下感想です※

敵襲をしりぞけることはできましたがサクラが連れていかれてしまいましたね

次回は親と子の在り方についてこの2人が話すのでしょうか…この2人が…

そして今回は暁マントのハゲ男の名前が明らかになりましたが…なんとうちはシン…書き表しづらいです笑

名前が一緒ですしたくさん居ますし躊躇なく盾に使ったり臓器移植しようとしたりなので単純に考えると自分が造ったもの…クローンとかですよね

しかしこの短期集中ナルトはテンポが良いですね

子シンがサスケを襲ったと思ったら次は早速サラダをさらいにきて、それを退けたら早くも親玉の暁マントのシンが自らやってきましたし

それで今回は1話でそれをも退け、最後の方でこの場にやってきたサクラがまとめて連れ去られる…

トントン進んでますが内容もバトルだけでなく親子関係とかもありなかなか濃いですし良いですね

今回は身を挺してサラダを守ったサスケが見れて良かったです

自分の身ではなく技で防げたんじゃ…とも少し思いますが…