【ネタバレ】NARUTO外伝 ナルト外伝 七代目火影と緋色の花つ月 10 感想【注意】

ナンバー700+10 その眼に写るもの

 

シンは自らのクローンに裏切られ、結果その命を落とした

そして大量の子シン達と相対する事になったナルト達

子シン達の群れに飛び込んでいったのは…サラダ

 

サクラ譲りのパンチを地面に叩きつけ子シン達を吹き飛ばす

子シンの攻撃を受け止めるナルト「落ち着けよ…」

子シン「!? …」

ナルト「九喇嘛…」

ナルトの背後に巨大な九喇嘛を感じ、ゾッとし足がガクガク震えだす子シン

ナルト「恐がる事はねーよ これ以上何も悪さしねーなら…こっちも何もしねーから」

生唾を飲み込む子シン

サスケ「お前は相変わらず甘いな…で…こいつらはどうする?」

ナルト「…そうだな…木ノ葉で支援してる子供達の施設があんだ…そこの園長に相談してみるってばよ」

サスケ「…おい…こいつらまがりなりにも写輪眼を持ってる様な奴らだぞ そんな施設で大丈夫なのか?」

ナルト「ああ…こいつらまだ子供だし…ちゃんとしつけはしてもらわねーとな」

チョウチョウ「サラダやんじゃん!!うちは一族ってやっぱすげーじゃん!すんげー怪力だしさ」

チョウチョウの方へ振り返るサラダ

チョウチョウ「え!?サラダ 眼がパパと同じになってんよ!?」

打ちつけた自分の手を少し茫然とした様子で見るサラダ「…うん…」

駆け寄ってくるサクラ「サラダ大丈夫?!…まったく心配させるんだからこの子は!!」

サラダ「ごめん…」

サラダをギュッと抱きしめるサクラ「…無事でよかった…」

その様子を見つめるサスケとナルト

サラダ「く…苦しいよ…ママ…」

サクラ「あ!…ごめん …だいたいの話はシズネさんから聞いたわ…しゃーんなろーよ!

正真正銘私の子に決まってるでしょ バカな子ね」

サラダ「うん…分かってる…もういいの… ちゃんと想いがあって…気持ちが繋がってるのが1番だから…」

サクラの言葉 “パパとはちゃんと繋がってるから大丈夫!” を思い浮かべるサラダ

サラダ「…パパ! パパは…ママと気持ちがちゃんと繋がってると思う?」

サスケ「…ああ」

サラダ「パパは何でそう言いきれるの…?」

サスケ「お前がいるからだ…サラダ」

サラダの目にジワ…と涙が溢れてくる

ナルト「さて…帰るってばよ…!」

 

施設に大量の子シン達、そこの園長はカブト

「とりあえず名前を1人ずつ付けてかないと不便だけど…んー多過ぎるから…その前に…

君達は今日からここで暮らします つまり今日から僕が君達の父親になります 僕の名前はカブト 遠慮はいらないよ」

 

チョウチョウ「あ〜あ!あちしのパパを見つける旅だったのに…サラダのパパが見つかるっていうね 次はあちしの番だから手伝ってよ!」

サラダ「う…うん…」

木ノ葉の里の入口で話している男女がいる

男「これほどの任務は久しぶりだったよ」

女「アンタ久しぶりだからって全力出し過ぎ!」

チョウチョウ「(いきなりシュッとした人いる!) あの〜もしかしてアナタはあちしのパパですか?」

 

nag10-1

振り返ったその男はチョウジ「何言ってんだチョウチョウ?パパだけど…」

チョウチョウ「え!?マジでェ…パパァ!?」

一緒にいた女はいの「…あっそっか!チョウジさ…その体型になったの久しぶりなんじゃない?この事は知らなかったらびっくりして当然よ」

チョウジ「そう言われればそうかも…」

チョウチョウ「パパ…何ソレ!秋道一族に伝わる秘伝か何か?」

チョウジ「まあ…そんな…ような…?」

チョウチョウ「あちし!どーせならその秘伝の修行するぅ!明日から教えて!」

笑うサラダ「へへへ…」

ナルト「チョウジ チョウチョウがずっとお前捜してたぞ」

チョウジ「任務中だったから…」

いのがサスケに気づき声をかける「サスケくん!?わ…久しぶり…!」

 

nag10-2

サスケとサクラの前に立ち壁になるサラダ

いの「え?…な…何?」

サクラ「ハハハ…」

 

nag10-3

夜も更け、一家団欒のサスケ・サクラ・サラダ

 

そして翌朝…

→次のページへ