【ネタバレ】i・ショウジョ 18 感想【注意】

Ver 7.02 プライド

 

??「誰ですってー?e・LENORA 聞かれたら答えちゃうよねー エレノラも使徒のアプリの説明書だもの」

アイビス「使徒のアプリ?魔法のアプリと同じようなものですか?」

エレノラ「どうかなー 人間の欲望は神さえも造るから…」

アイビス「え!?」

エレノラ「キャフフー これ以上は社外秘だからゴメーン!ポンコツ貧乳さん!」

アイビス「む 何者かは知りませんがここは願いを叶える場です 不正干渉で入ってきて悪態をつく場ではありません」

エレノラ「あら怒った?でも願いがあるからきたのよ? アイビス消えなさい!

人間の欲を満たすのはエレノラだけで十分!新旧交代!古い方は消される運命なのー!」

アイビス「消すなどというおそろしいアプリは取り扱ってません 透明アプリなら…」

エレノラ「フフフ!あってもポンコツアプリなんて使わないわよー」

アイビス「なるほど 力を見せたいという欲望が暴走してますねエレノラさん」

エレノラ「そうよ!そうなのよー!エレノラの方がすごいって分かればあなたも引退しやすいでしょ

例えば どちらが人の願いを叶えられるかという勝負」

アイビス「人の大切な気持ちを勝負に利用するなんて」

エレノラ「いい子ちゃんねー」

アイビス「しかしエレノラさんは危険です」

エレノラ「うんうん」

アイビス「エレノラさん!勝ったら言うことを聞いてもらいます!」

エレノラ「エレノラは負けないし!負けたら消えなさいよー!アイビスー!!さあ願いを叶えるターゲットは…」

 

穂中甲(ほなか こう)1年1組帰宅部

「つまんね 今日も誰とも話さなかった… 生きてれば自然に友達もできて彼女もできると思ってた でも違った

どうすればあんな風になれるんだ 人生は難易度が高い こんな世界…消えちゃえばいいのに!」

異空間に飛ばされる穂中

エレノラ「フフフふーん キャハハ!世界を消す!面白い願いじゃないの!」

穂中「(なんだこの人…!?この人…ボクの思ってた事をどうして?)」

エレノラ「欲望はアナタの掌の中に!じゃあねー」

アイビス「あ、魔法はアナタの掌の中に」

それぞれのアプリを渡され戻っていく穂中

アイビス「エレノラさん まさかとは思いますが」

エレノラ「ん?分かってるわよー 世界を消すなんて現状に不満なだけでホントの願いじゃないわ!でも欲望は限りない!」

現実に戻ってきた穂中

「なんだ?夢を見てた?そしてこのダウンロードした覚えのないアプリ…」

Pride…

 

DSCF8447

そのアプリは、メールでどれだけウソを書いても本当のことだと信じてくれるらしい

穂中「バカらしい だいたい友達がいないし…ま…ヒマつぶしにはなるか」

携帯ゲームの意見感想のところにメールを送信する穂中

『ボクはカリスマブロガーだ!秋発売予定の新作のテストプレイをしてやる!ボクの家までゲームを持ってこい!』

家に向かって歩く穂中「バカらし!こんなの本当だったら…」

現れるゲーム会社の人「いやどうも本日はご意見ありがとうございました!お約束のものはこちらに ごゆっくりテストプレイしてくださいませ!」

穂中「マジで!?このアプリさえあれば友達も…の前にプレイのためのおかしとジュースを買いに行くか!」

コンビニに向かう穂中

女子ヤンキー達「なんでメールくれないんスか?姐さん…」「いや…スマホの操作がさ…ゴメン」

チラッと見る穂中

女子ヤンキー達「なに見てんだァてめェエ!?」

目をそらす穂中「(ヤンキーが!大声で話してたら見るだろ普通!)」

自分のメールアドレスを大声で言う女子ヤンキー

穂中「(そうだ!このアプリがあれば)」

『ボクは関東全土を仕切る裏番って奴だぞ!おまえら二人共あいさつも誠意も足りてなさすぎ!』というメールを送信する

頭を深々と下げる女子ヤンキー達「裏番さま!!すみませんっした!!」

穂中「(おぉ)」

女子ヤンキー達「本当にすみませんス…」「今日はドコつぶすんスか?」

穂中「(これはこれでウザい!)どいてよ!(あ しまった胸をさわっ…)」

満更でもない表情の女子ヤンキー達

走り去る穂中「ゴメンー!!(ヤバッコレ!裏番ってモテるのかよ!?でも今まで生きててあんなに女子に見つめられるなんてなかった

そうだ!友達!?彼女!?そんなの目じゃない!もっと!もっと!その為にはメールアドレスが…

このヤンキー2人のつながりからアプリの力を使って集める 何回かすれば辿り着くはずだ!クラスの女子達に!!

でも…本当にあんなデタラメを信じるのかな…)」

『ボクは君の敬愛するご主人様だぞ!メイドの君は明日の朝、教室で僕の命令を待ってるんだ!』とメールを送信

 

そして翌日、登校し教室のドアを開けると…

メイド服姿のクラスの女子達に抱きつかれる穂中

女子達「ご命令をッ!」「ご主人様ッ!!」「命令してー!」「命令を早く!」

穂中「(みんな話したこともないのに…!スゲェ…!!)」

次回、i・ショウジョ 19 へ!!