【ネタバレ】HUNTERXHUNTERハンターハンター 351 感想【注意】

No.351 し闘

 

実況「ーさぁーーァ!!!休みがちのしに神がフロアマスター戦として最初に選んだ相手はー!!!」

「同じくフロアマスターとして初めての試合を迎えるこの男!!!その名はァァァ」

冒頭は どうやらおおきな熱気に包まれいている天空闘技場の場面から

 

「ークロロォーーーーォオ」

「ルシルフルゥゥーーゥゥゥーー!!!」

「VSッッッ」

「ヒソカァァァーーーーーアアア」

「モロォォーーゥゥーーーーーウ!!!」

 

h8.jpga

 

ヒソカ「ようやく 願いが叶ったよ♥」

「ーここまで待って慣れ合いみたいな闘いはしたくない♣ー」

もう試合がはじまろうかという直前 静かに互いをみあいながら言葉をかわすふたり

 

クロロ「わかってる」

「追われるのも正直面倒になってきた」

「どちらかが」

 

「○ぬまでやろう」

 

ヒソカ「OK♥」

 

h7.jpga

と その二人の言葉に 場内はまた更に一気にボルテージを増していく

実況「何ァ~~~~んと!!」

「フロマスタークロロがデスマッチを提案んん!!ヒソカもこれを快諾!!し闘決定です!!」

「生き残るのは唯一人!!相手のシが勝利の条件~~~~~!!!!ー」

 

二人の間に立つ審判「ーあらゆる武器の使用は認められる」

「互いに誇りと名誉をかけて」

「ッッ」

「ファイッー」

 

ズッ…

互いに 念能力をかまえるかのような両者

 

ドス

審判「ーえ?」

 

h6.jpga

クロロ『ー携帯する他人の運命(ブラックボイス)』

クロロの左手にはあの携帯

 

ヒソカ「(ーなるほど..♦)」

「(除念の後僕をじらしたのは…能力”カード”をそろえるためね…🎵)」

 

ピピピピ

左手の携帯を素早く操作するクロロ また指の間にはアンテナを一本挟んでいる様子

ヒソカ「(もう一本 アンテナを….!!)」

 

実況「!?!?審判が!?ー」

「クロロと共にヒソカを襲うーー!?」

ヒソカ「審判でボクの動きを止め アンテナを刺す気か..!!」

 

ズギャ

先に近づいてきた審判をけりあげるヒソカ

ヒュッ

その蹴り足を狙うかのように クロロのアンテナを持つ左腕がせまる

ガゴ

 

h5.jpga

 

「(チッ フェイント…!!)」

 

 

「ー!!」

ドドドドドド

 

h4.jpga

 

ヒソカ「(ー操作系の強み…条件を満たせば即詰みだ♣)」

「(ケータイ一台だから操れるのは一人のみ?それとも 二人同時に操れる?)」

「(メールの一斉送信で命令を拡散できるなら十分可能!!)」

実況「ースタンプ!!スタンプ!!スタンプ!!スタンプーーー!!!無慈悲な連続スタンプゥゥーーー!!!ー」

ヒソカ「(アンテナを抜くか壊せばおそらく操作は解除されるが 操作可能なのが一名だけならばクロロはそれを待っている…!)」

 

「(ー伸縮自在の愛”バンジーガム”!!)」

「(最速で”MAX”で縮め)」

踏みつけをうけつつも クロロの背後に位置していたような審判を自分の方へと一気にひきつけるヒソカ

が それをクロロはなんなく躱すも その隙にその場を脱出していく

しかしクロロは再度即座に審判を操作し また審判を前に出しつつ距離を詰めてくる様子

→次のページへ

最新記事を即お知らせ