【ネタバレ】FAIRYTAIL フェアリーテイル 531 感想【注意】

第531話 天馬 vs. 黒竜

 

イヴ「このまま目的地までついてきてくれるかな」

レン「べ…別についてきてほしくて煽ってる訳じゃ…」

ジェニー「脱ごうかしら」

ヒビキ「僕の計算ではお色気作戦は無効だよ」

 

ウェンディ「アンナ先生」

アンナ「ウェンディ」

ウェンディ「私…その…あまりよく思い出せなくて…」

アンナ「仕方ないわ、ナツ達も私の事は覚えてないでしょう きっと幼い体でエクリプスを通った代償かもしれないわ」

ウェンディ「思い出したいのに…私…」

アンナ「その気持ちだけで十分、いずれ思い出すわ 物事には順序というものがあるの」

話す2人を見ているエルザ

ジェラール「そんな顔をするな あの女の話…そもそもあの女自体、どこまで信用していいのか分からんが…

現状…この作戦にかけるしかアクノロギアを倒せる可能性はないんだ」

エルザ「信用はしているさ 信じなければ何事もなされない」

ジェラール「そこはお前のいいところであり、弱点でもあるな」

一夜「アンナさん!!指定の座標に近づいてきましたぞ!!」

アンナ「!! みんな始めるわよ!!」

 

イヴ「ヒビキ、計算に間違いはないね?」

ヒビキ「当たり前さ」

レン「時の狭間に触れたらオレ達だって終わりなんだからな」

ジェニー「本当に私たちの船をギリギリで通過させるの〜!?時の狭間っての目に見えないんでしょォ!!」

レン「危ねえ橋だが渡るしかねえ」

ヒビキ「僕の計算を信じて!!」

イヴ「時の狭間まであと400m…300…200…100…」

アンナ「みんな…何かにつかまって!!」

一夜「バレルロォール!!メェーン!!」

 

時の狭間をかわして通過する事に成功

イヴ「時の狭間通過!!船体に異常なし!!」

ヒビキ「よし!!船体を水平に!!」

レン「あとはアクノロギアがあそこを通過すれば…」

 

アンナ「時の狭間に触れて…消える!!」

依然アクノロギアはクリスティーナを直線的に追い…

 

アクノロギア「!」

一同「当たった!!」

しかし…

 

時の狭間を通り抜けたのか、アクノロギアがクリスティーナを捉える

エルザ「な!!」

ヒビキ「バカな!!」

一夜「時の狭間を…」

アンナ「通り抜けてきたの!?」

想定外の事に慌てる一同「どうなっているんだ!!」「奴は確かに時の狭間に触れただろォ」「マズいぞ!!船に取り付かれた!!」

アンナ「こんな事ありえないわ!!狭間を視認できる状態に戻して」

 

時の狭間を見たアンナは目を見開く…

アンナ「そんな…」

エルザ「何が起きているんだ!?」

アンナ「時の狭間が 閉じている」

 

場面はギルド内

ゼレフ「僕は時の狭間を見つけたんだ 想像を絶するほどの “時の魔力” に満ちている」

ゼレフの魔法に纏わりつかれているナツ「ぐ…」

 

ゼレフ「あの “時の魔力” は僕のものだ だから僕が封印した

ネオ・エクリプスを完成させる時まで」

→次のページへ

最新記事を即お知らせ