【ネタバレ】FAIRYTAIL フェアリーテイル 516 感想【注意】

第516話 付加(エンチャント)の真理

 

エルザ「…たとえお前が私の実の母だとしても ギルドへの道を塞ぐものなら斬るだけだ」

アイリーン「私も…昔話でもしたら我が子への愛着とやらが少しは芽生えるかもと思ったけど

 

残念、何一つ感情が動かないわ」

アイリーンは左腕を前に出してエルザへ魔法で攻撃する

かわして突っ込んでいくエルザ

 

エルザの2本の剣を杖1本で止めるアイリーン「魔力のみで一国の女王となった私に勝てるとでも思ってるの?」

エルザ「本当の家族がいるからな」

 

その時、アイリーンに攻撃するウェンディ「天竜の翼撃!!」

 

アイリーン「ぬ」

 

その一瞬の隙を突くエルザ「紅黒の双刃!!」

アイリーン「この私に…キズを…」

ウェンディ「あなたの過去には同情します でも、自分の子を愛せない人を私は許せません」

アイリーン「ドラゴンスレイヤーのおチビちゃん さっきの話の中で “竜の種” という言葉が出てきたでしょ?

それはそなたの ”中” にもあるのよ」

 

ウェンディ「はい でもそれは私のお母さんが…長年かけて成長しないように抑えてきました」

アイリーン「何?」

ウェンディ「だから私たちは竜化しません」

エルザ「おそらくナツもな」

 

場面はナツの心の中

ナツ「あれ?ウェンディ、ガジルどこ行っちまったんだー?」

背後から声がする「竜の種」

ナツ「!」

声「それがお前の体の中にあるものの正体」

ナツ「….」

声「それはドラゴンスレイヤーが抱える闇 いずれ成長し、人を竜化させてしまう」

 

声の主はイグニール「だが….ワシはその成長を止めてきた」

ナツ「イグニール…」

 

イグニール「もうその種は成長することはないハズだった」

ナツ「イグニールが体の中からいなくなっちまったから…」

イグニール「いや…原因はそこではない…お前の中のもう一つの種 悪魔の種とでも呼ぼうか、ENDである事の証

その2つの種が融合しようとしておる それが今のお前の体の中で起きてる事だ」

ナツ「それが原因で○ぬのか?オレは…」

 

イグニール「そうだ お前は○ぬ」

 

俯いて悲しそうな表情のナツ

 

場面はエルザ達へ戻る

アイリーン「なるほど…竜が体内に入り、竜の種の成長を止めていたのか… 私に魔法を授けたベルセリオンは戦場で○んだ

私は彼の名を受け継ぎ、彼の無念を晴らすと誓ったのよ しかし…そんな方法で竜化を防げたなんてね…

 

不公平だわ!!」

攻撃するアイリーン

攻撃の圧に耐える2人

エルザ「くっ」

ウェンディ「ああっ」

アイリーン「私の人生を返して!!こんな体いらないのよ!!」

エルザ「ならば私が楽にしてやる!!!ウェンディ!!」

ウェンディ「はい!!全身体能力上昇…神の騎士(デウスエクエス)!!」

エンチャントされたエルザはアイリーンへと向かっていく

アイリーン「小賢しいわ 分離エンチャント、神の無加(デウスゼロ)」

しかしすぐさま対応するウェンディ「デウスゼロの効果をデウスゼロで相さい!!」

アイリーン「何!?こやつ…こんな高度な付加術を…」

エルザ「おおおお」

しかしアイリーンはニヤ…と口元に笑みを浮かべる

→次のページへ

最新記事を即お知らせ