【ネタバレ】FAIRYTAIL フェアリーテイル 515 感想【注意】

第515話 I am you…you are me

 

ft515-1

アイリーン「エルザ…お前の父は隣国の将軍だった 人間同士で領土争いをしてた頃の政略結婚というやつだ

彼とは幾つもの戦場を共に駆け、ベルセリオンの最期も共に看取った

戦争はアクノロギアの登場により、勝ち負けもなく終結した

数えきれない程の◯者を嘲笑うかのように アクノロギア1人が勝ったの」

 

終戦から1週間…

父「よるなバケモノ!!斬るぞ!!」

 

ft515-2

顔の半分程が竜化しているアイリーン「私です!!アイリーンです!!この顔もきっと治ります だから…」

父「こやつもアクノロギアのようになるぞーっ!!」

怯える兵達

アイリーン「なりません!!私はドラゴンを愛しています!!」

父「ならば人類の敵だ!!ひっとらえよ!!この醜い竜女を幽閉せよ!!」

アイリーン「やめて下さい!!おなかの中にはあなたの子が…」

父「オレにバケモノの子供はいない!!」

アイリーン「!!」

牢屋に捕らえられたアイリーン

 

アイリーン「それからの私の人生はみじめなものだった 拷問 暴力 辱め」

 

どれくらいの時が経ったのか、体全体の皮膚が竜化したアイリーンは牢で独り、お腹をおさえている

 

ft515-3

アイリーン「安心して 必ず…必ずあなただけは守るわ」

そこに…

父「竜女 貴様の処刑の日時が決まった」

アイリーン「どうか…どうか…おなかの子供だけは…」

父「戯言はいい加減にしろ 3年も生まれぬ子などいるものか」

アイリーン「これは…魔法をかけてあるのです こんな場所じゃ産めません」

剣を抜く父「子などおらぬ!!今すぐ腹を裂いて確かめてやろうか!?」

アイリーン「いや!!やめて!!お願い!!やめてぇえぇええ」

父が剣を振りかぶったその時…

 

ft515-4

皮膚を破るようにして翼が出てきたアイリーン

父「…!!」

息を荒げているアイリーン「フゥーフゥー フゥー」

 

父「バ…バケモ…」

竜化した足で父を潰し、そのまま牢を破壊するアイリーン

兵達「な…何の音だ」「牢の方だ」

兵達が駆けつけるとそこには…

 

ft515-5

体が完全に竜化したアイリーン

兵達「ドラゴン!?」

口から炎?を吐いて建物を破壊し、飛び去っていくアイリーン「私は人間だ!!私は人間だ!!こんな体はいやだ!!人間に戻りたい

誰か…助けて…」

 

アイリーン「そして…数百年が過ぎた お前が腹の中にいたまま

人気のない山奥で我が体の呪いを解く方法を探し続けた そんなある日」

 

竜化したアイリーンの前に現れたのは…

ゼレフ「まだドラゴンがいたなんて珍しいね」

アイリーン「誰!?」

ゼレフ「いや…君は人間…かな?」

 

アイリーン「それが陛下との出会いだった

彼は魔法の天才だった、私が数百年かけてなしえなかった事をいとも簡単に…」

 

アイリーンを人間の姿に戻したゼレフ

 

ft515-6

泣いて喜ぶアイリーン「人間…!!人間の姿…!!ああっ、私に…人間に…」

ゼレフ「姿だけだよ 残念だけど君はもう…」

アイリーン「いいえ!!構いません!!私は…この姿に戻れただけで 幸せすぎて…」

 

アイリーン「だがその異変はすぐやってきた」

→次のページへ

最新記事を即お知らせ