【ネタバレ】FAIRYTAIL フェアリーテイル 510 感想【注意】

第510話 ナツノココロ

 

元いた地下室へとナツ・グレイ・ジュビアを連れてきたルーシィ達

ポーリュシカ「グレイとジュビアは大丈夫だ 外傷はヒドイが…」

ブランディッシュ「傷なら私が小さくした」

ルーシィ「ありがとう、ブランディッシュ」

ポーリュシカ「ジュビアの場合、ウェンディのおかげだね」

シャルル「問題はナツの方ね」

ハッピー「あい」

 

ブランディッシュ「彼の体の中にある塊…私の魔法が干渉できなくなってる つまり私の魔力を大きく超えた “何か” 」

不安そうな顔のハッピー「…」

ポーリュシカ「停止した時の中を動き、◯意を剥き出しにする攻撃性… こんなもの、私じゃどうにもできない…」

捕えられているディマリア「そいつは悪魔だ…悪魔としか形容できん…」

ハッピー「(悪魔…END…)」

ルーシィ「そんなんじゃない!!ナツは…」

ディマリア「お前にそいつの何がわかるのさ?」

ルーシィ「あんたなんかよりよっぽどわかってるわよ」

ディマリア「いいや…人は人を知らない 仲間だと思ってた奴でも実は裏がある ねえ、ランディ」

ブランディッシュ「…」

ルーシィ「確かにナツは乱暴で協調性がないけど 裏表のない真っ直ぐな人だってのは信じてる」

ブランディッシュに耳打ちするエバーグリーン「ほれてるのよアレ」

ブランディッシュ「なるほど」

ルーシィ「違うから!!ナツはあたしがギルドに入る事になったキッカケなんだぁ だから…」

その時…

フシュウゥゥ…

 

ft510-1

ナツの体から煙が出てくる

ルーシィ「!!」

シャルル「何コレ…!!」

エバーグリーン「ナツの体から煙が…」

ハッピー「ナツーッ!!」

ポーリュシカ「ナツの体の中であの塊が何かを…」

ルーシィ「ちょっとナツ…」

ナツの体に触れたルーシィ「(冷た…)

ナツ!!お願い!!目を覚まして!!」

 

 

ft510-2

ナツ「…どこだ ココは… ん?誰かいるのか?」

ナツが振り返ると…

そこにいたのはゼレフ「僕だよ、ナツ」

ナツ「ゼレフ」

すぐさまカッとして突っ込んでいくナツ

ゼレフ「よしなよ、ここは君の心の中だ」

ゼレフの体をすり抜けてずっこけるナツ

ゼレフ「だから僕に実体はない」

ナツ「…オレの心の中だぁ?」

ゼレフ「そう…せめてここにいる間は “兄さん” と呼んでもかまわないよ」

ナツ「誰が…」

 

ゼレフ「残念だけど君はもうすぐ◯ぬ だからこうして最後に君の失われた記憶を埋めに来たんだ」

ナツ「あ?」

ゼレフ「君がx777年に目を覚ます以前の記憶だよ」

ナツ「イグニールと一緒だった」

ゼレフ「それ以前さ」

その時の光景が浮かび上がってくる…

ナツ「!」

 

ft510-3

ゼレフ「僕達は小さな村で平和に暮らしていた あれが僕達の父と母だよ」

ナツ「…」

ゼレフ「しかしある日、村はドラゴンの襲撃に遭い壊滅してしまった 父も母も…君もこの時、命を落とした」

ナツ「…」

ゼレフ「でもね…僕は研究を続け…やがて君を蘇らせた 最後の悪魔、ENDとして

ああ…この辺のいきさつは前にも話したね そして君をイグニールの許へ預けた

でもここから先は記憶があやふやなハズだ 魂竜の儀の影響かな 君はガジル達に会っているんだ」

ナツ「!」

 

ft510-4

ゼレフ「ガジルとはいつもケンカしていてね…止めにくるウェンディはいつも泣いていた」

 

グランディーネのかつての言葉「いずれ “あの子” もウェンディと会う事になると思うけど 今度は仲良くしてほしいわね」

 

ゼレフ「ウェンディと同い年くらいのスティングとローグは君達をお兄さんのように慕っていた」

現れたスティング「オレ達は年に数回…親のドラゴンが集まる会合の席に同席していた」

ナツ「! スティング」

→次のページへ

最新記事を即お知らせ