【ネタバレ】FAIRYTAIL フェアリーテイル 509 感想【注意】

第509話 カグラ vs. ラーケイド

 

オーガストの前に為す術なく倒れているジェラール達

ジェラール「全滅…魔女の罪(クリムソルシエール)が全滅したというのか…」

オーガストを見上げるジェラール「こいつ…」

ジェラールの頭を踏みつけるオーガスト

ジェラール「ぐふ」

 

オーガスト「貴様はかつて陛下を信奉していたな なぜ陛下と戦う道を選んだ」

ジェラール「…光を…手に入れた オレの闇を照らす…心の光を…(エルザ…)」

オーガスト「光は正義か?闇は悪か? 浅いな」

ジェラール「!」

オーガスト「陛下には1人の息子がいた 強大な光の力を持って生まれた子供だった」

驚くジェラール「(ゼレフに子供が…!?)」

オーガスト「だが…その子供は誰からも愛される事なく やがて光と闇の間をさまよい、無の境地に達した

光と闇に善悪など存在せぬ 正義があるとすればそれは愛だけかもしれぬな」

去っていくオーガスト

ジェラール「く…(立て…立ち上がるんだ…オレはエルザを守る為に…)」

 

場面は変わってラーケイドと対峙するカグラ達

カグラ「ゼレフの息子だと?」

ラーケイド「私の名はラーケイド・ドラグニル ゼレフ・ドラグニルの息子だ」

ユキノ「ドラグニルって…え?」

レクター「ナツくんと同じ苗字」

フロッシュ「?」

ラーケイド「知らなかったのかい?ナツは父上の弟、私の伯父という事になるね」

カグラ「!!」

ユキノ「ナツ様が…」

ラーケイド「今回の戦いで会えるのを楽しみにしていたんだ…

だって父上は私よりナツの方が大切みたいだからね 許せないでしょ?そんなの」

 

ft509-1

手刀のようにして腕を振り、刃のような攻撃を飛ばすラーケイド

ユキノ「光の刃!?」

カグラはそれらを弾きながらかわしていく

カグラ「いつまで上からものを言っている 下りてこい」

 

ft509-2

ラーケイドのいる岩山を横真っ二つに斬るカグラ

レクター「岩山を…」

フロッシュ「すごーい」

 

ラーケイドは崩れる岩山から降りてきながら両掌を合わせる

カグラ「!」

光の触手にまとわりつかれるカグラ

ユキノ「カグラ様!」

地面に着地したラーケイド「君も快楽の味を知るといい」

カグラ「ああ あ」

ラーケイド「人間はその本能には逆らえない」

カグラ「あ…」

ユキノ「カグラ様しっかり… く…立ち上がれない…!!」

次の瞬間…

 

ft509-3

舌を噛むカグラ

ラーケイド「!」

正気を取り戻したカグラは触手を斬り落とす

カグラ「ハァハァ ハァハァ ハァ」

ラーケイド「…(舌を噛み切った!?自ら苦痛を得る事で快楽を脱したのか)」

 

ft509-4

カグラは一瞬で間合いを詰める

カグラ「品の無い魔法だな」

ラーケイド「速い!!」

ユキノ「(あの間合いはカグラ様必勝の…)」

カグラ「いや…私の怨刀も変わらぬか 成敗!!」

 

ft509-5

しかしラーケイドは2本の指で刀を止める…

カグラ「!! 私の刀を素手で…」

→次のページへ