【ネタバレ】FAIRYTAIL フェアリーテイル 503 感想【注意】

第503話 最後に見た光景

 

ディマリアに捕らえられたナツとルーシィ

目を覚ましたルーシィ「ナツ!!」

椅子に縛り付けられて動けない事に気付くルーシィ「!! 何…コレ…いつの間に…魔封石!?」

 

ft503-1

ディマリア「イシュガルには便利なものがあるのね 私もコレ…やられたの 今のお前と同じ格好で…」

涙を浮かべるルーシィ「あんたがブランディッシュを…」

 

ディマリア「お前があの娘を壊したんだ 決して許さない」

カチ…と歯を鳴らしてナツの後ろに移動するディマリア

驚くルーシィ「!(瞬間移動?)」

ルーシィのブラを持っているディマリア

ルーシィ「な 何すんのよヘンタイ!!返してー」

その辺にポイっとするディマリア「この男も仲良くひんむいてやるから てか…コイツ全然動かないけど◯んでんの?」

再びカチ…と歯を鳴らしてルーシィの目の前に移動するディマリア

ルーシィ「!」

ディマリア「大きな瞳ね、イシュガル人はみんなそうなの? まずはそのむかつく目からくり抜いてやるわ」

ディマリアは剣を持ってそう言うが、ルーシィは目をそらさない

ディマリア「何…その顔 もっと泣きわめいた方が面白いわ」

ルーシィ「あんたみたいなゲスを喜ばせるくらいなら目玉なんていらない たとえみんなの顔が見えなくても何だって覚えてる ギルドの景色もマグノリアの町並みも

 

ft503-2

読んだ本の汚れの位置だって覚えてる やるならやりなさいよ!!あたしは怖くなんかない!!」

ディマリア「小娘が…!!その顔を…グチャグチャにしてやるよォ!!」

剣が近づいても目をそらさないルーシィ「(ナツ!!)」

 

カチッ

 

縛りつけられていた椅子も壊れ、倒れているルーシィ

 

ft503-3

その顔はちに染まっている

目を開くルーシィ「…え?何が…返りち?縄がほどけてる…くくりつけられてたイスもバラバラ…?

あいつは?ナツはどこ!?」

 

ft503-4

壁に打ちつけられ呆然としているディマリア「うう…あ あう…あ…」

ルーシィ「!!」

ディマリア「バケモノ…」

ルーシィ「ナツは!?ナツはどこ?」

ディマリア「バケモノだ…」

ルーシィ「(まさかナツが…!?)」

ディマリア「私の “刻” の中を動けるなんて 神の力を超えるなんて…そんなの…ENDしかいない…」

そこに飛んでくるハッピー「ルーシィー!!」

ルーシィ「! ハッピー!!」

ハッピー「うわぁあ〜ん!!」

後ろにはポーリュシカ達

→次のページへ

最新記事を即お知らせ