【ネタバレ】BLEACH ブリーチ 685 感想【注意】

第685話 無欠の果て

 

墓のような石の前で、お猪口1杯の酒を呑みながら話しかけている京楽

京楽「…漸く 片付けが終わりそうだよ あと一区画ほどに石畳を貼り終えれば一先ず完了らしい

 

bl685-1

…十年か 時間はかかったけど あの滅茶苦茶な状態からでも何とかなるもんだねェ」

そこに七緒が呼びにくる

 

七緒「総隊長ーっ!もう時間ありませんよ!早くして下さい!」

京楽「…やれやれ 総隊長の忙し無さには慣れないね 山じいの凄さを思い知るよ

 

bl685-2

それじゃまた来るよ 浮竹」

七緒「総隊長ー!!」

京楽「はァい 今行くよォ」

 

ゴボッ…

 

bl685-5

地面から黒い物が…?

 

場面は十二番隊

マユリ「…フン やっと西五十五区が完成するかネ 全くモタモタと待たせてくれる…これで漸く瀞霊廷全域に秘裏条網を拡げられるヨ

サテ…そうとなれば現地調査に向かうとするヨ ついて来い!眠八號」

 

bl685-3

眠八號「はいっ!マユリ様!」

マユリ「…声が大き過ぎるヨ…全くお前は…どうしてこうなってしまったのかネ…」

眠八號「はいっ!すみませんマユリ様!」

 

剣八を先頭に歩いている一角、弓親

頭を深く下げる隊員達「お疲れ様です更木隊長!!」「お疲れ様です!」「お疲れ様です!!」

剣八「やかましいぞ!!昼間ッからそんな疲れるか!!」

 

ビビる隊員達「ヒイッ!?」「そりゃそうっスよね!スンマセンしたァ!!」

「ご機嫌うるわしゅう更木隊長!」「ご機嫌うるわしゅう!」「うるわしゅう!」

一角「…そりゃそうと隊長…今日って一番隊舎っスよね?こっちでいいんスか?」

剣八「あ?何言ってんだ 十三番隊仕切りなんだから十三番隊舎だろ」

一角「…一番隊舎だよな?」

弓親「僕知らないよ、三席だもん キミがしっかりしてよ」

剣八「…いいか一角…そもそも俺が道によく迷ってたのはやちるのせいだ!やちるの居ねェ今…俺が道に迷う訳が無ェ!」

少しの沈黙の後、見合う一角と弓親

一角「…」

弓親「えっ、僕!?僕は隊長の言う通りだと思うなあ〜!」

走り出す剣八「わかったらさっさと行くぞ!チンタラしてんなよ!」

一角「あっ、待って下さいよ隊長ー!!」

 

平子「ん?十一番隊やんけ なんで明後日のほう行ってんねん」

雛森「道に…迷ってるんですかね…?」

平子「道に迷てる奴のスピードちゃうやろ」

雛森「あたし呼び止めてきます!」

平子「ウソやんやめとき!俺らまで巻きぞえ食って遅刻したらどないすんの!」

雛森「でも…」

平子「デモもプリプロもない!ええ大人なんやから放っとき!隊長命令や!」

雛森「…平子隊長って…どうでもいい時だけ隊長命令使いますね…」

平子「ははーん価値観の違いやな!どうでもええ時には使てへんで!使いたい時に使てんねん!」

 

高い所から飛び降りる射場「うおおおおおおッしゃアい!!」

隊員「お…俺ら無理ですよ隊長ォ〜」

射場「気にすな!おどれらは後から来い!!」

日番谷「鍛錬場から出勤か 毎日精が出るな、射場隊長」

→次のページへ