【ネタバレ】BLEACH ブリーチ 682 感想【注意】

第682話 The Two Slided World End

 

門を通り、ソウルソサエティへと降り立ったユーハバッハ

そこには…

藍染「…意外だな まさか貴方と再びソウルソサエティで会う事になるとは

 

bl682-1

ようこそ 私のソウルソサエティへ」

ニヤッと笑うユーハバッハ

 

急いで最上階へと走っている石田が何かに勘付く「誰だ!」

1本の矢が石田の前に突き刺さる

竜弦「…持って行け!」

 

bl682-2

見上げた石田「竜弦!!と…黒崎のお父さん…どうしてここに…!?」

竜弦「その鏃を渡しに来た 持って行け!」

 

bl682-3

石田「これは…!?」

竜弦「 “聖別” にかけられた滅却師は全て 心臓に銀のけっ栓ができて◯ぬ

 

bl682-4

その銀を集めて作った鏃だ!お前が撃つべき鏃だ」

鏃を手に取る石田

 

場面は門を通る一護と恋次

こける一護

恋次「大丈夫か一護!」

一護「ああ…悪い…大丈夫だ…」

肩を貸す恋次「オラ!立て!」

一護「…恋次…よかったのか…?」

恋次「あ?何がだよ」

一護「そんな傷で…お前もルキアと一緒に…井上の所に残ってよかったんだぞ…」

頭突きをかます恋次

そして顔を一発殴り、更に拳を振りかぶる…

止める一護「まてコラ何発殴る気だ!!」

恋次「…今 ここにてめえしか居ねえから言うぜ

…ずっとだ …もうずっと 何十年も 俺とルキアはすれ違えもしねえぐらい遠く離れちまってた

 

bl682-5

その距離を 元に戻してくれたのはお前だ

だから俺は決めたんだ お前が進めなくなった時は俺が背負ってでも進んでやるってな

今までも これから先も お前が◯ぬまでずっとだ

…わかったら二度と俺に残れなんて言うな 俺も今のセリフは二度と言わねえからよ」

 

黒いものが藍染を襲う(?)

椅子から自由になっている藍染「…意外だな てっきり霊王宮(うえ)で勝負をつけるものだと思っていたが…

どうやら予想以上に 黒崎一護に手こずったと見える」

ユーハバッハ「自分の苦悩を私に投影するのは止せ 黒崎一護に敗北したのはお前だ」

藍染「…いずれにせよ あの忌まわしい椅子を壊してくれた事には礼を言おう…お陰で こうして貴方を阻止できる」

ユーハバッハ「私と戦うか ソウルソサエティの為に? それでお前に利があるとは思えんな」

藍染「利では無いよ 私は常に 私を支配しようとするものを打ち砕く為にのみ動く」

その時!!

 

bl682-6

ユーハバッハの背後に現れた一護と恋次が斬り掛かる

しかし弾かれてしまう

ユーハバッハ「…一護、恋次 随分と早い到着だ 視えていたぞ お前達が来る事も その剣が元に戻っている事も

 

bl682-7

そして それが再び折れている事も」

一護「!!」

ユーハバッハ「…綺麗に折ったつもりだったのだがな …何とも 忌々しい幸運だ、一護」

次回、BLEACH ブリーチ 683 へ!!

 

※以下感想です※

前回は…ついに俺たちの月島さんがやってきてくれました!!

で、相変わらず(?)の手際の良さで一護の折れた剣をちゃちゃっと直してくれました

そして無事に直った天鎖斬月…一体どんな力を秘めているのか!!…と思っていましたが…

前回の今回でもう折られてしまいました…絶望と希望の入れ替わりが激しいですね

月島さんもう1回来てくれ!!っていうか一緒にいてくれ笑

ま…主人公は一旦置きまして…自由になった藍染がいるので楽しみですね!!

全知全能のユーハバッハに対し、藍染はどういう戦いを見せてくれるんでしょうか

そしてやっと父たちが絡んできました

竜弦が石田に渡したのは銀の鏃…これがユーハバッハを倒す術になるんでしょうか…

そして一心はついてきただけなんでしょうか…笑