【ネタバレ】BLEACH ブリーチ 681 感想【注意】

第681話 THE END TWO WORLD

 

門に入っていくユーハバッハ

恋次「ま…待て!てめえ!!」

一護「(…や…やめろ…恋次…)」

蛇尾丸をユーハバッハへと向けた恋次だったが…

蛇尾丸はユーハバッハに届かずバラバラになる

 

倒れるハッシュヴァルト

石田は無言で見つめている

ハッシュヴァルト「…何だ…その…顔は… …悔しいと思うか…私が…陛下に…力を…奪われて…

…逆だ 陛下が…お前から…力をお奪いにならなかった事を…誇らしく思う…

私から…力をお奪いになった事を…誇らしく思う…

私だけが…陛下のお役に立てるのだから…」

石田「…そうか…」

立ち上がってゆっくりと歩き出す石田

ハッシュヴァルト「…待て…石田…雨竜… …お前の傷を…私に…移して行け…」

石田「!?」

ハッシュヴァルト「私は…じきに◯ぬ… 傷があろうと…無かろうと…それは変わらない…」

石田「何を…言っているんだ…」

ハッシュヴァルト「…どうした…憐れみか…?先刻まで私を◯すつもりで戦っていた筈だろう…」

石田「…しかし…!」

ハッシュヴァルト「…何を…迷う… 全てを…秤にかけろと言った筈だ…

 

bl681-1

秤にかける事もできず…迷いに追われて決めた事は…全て後悔になるからだ…

…ならばそれも…秤にかけろ…石田雨竜…

 

bl681-2

お前は…友を助けに行くべきだ…」

 

 

仰向けに倒れ、1人きりのハッシュヴァルト「(例え結果は変わらずとも 思うままに選択し、思うままに進む事に意味がある 後悔は無い 何一つ)」

 

bl681-3

剣を握る手の力も抜けていく…

 

場面は一護達へ

ルキア「…何だ…その能力は…未来を…書き換えるだと…?そんなもの…手の打ちようが無いではないか…」

織姫「…ご…ごめんね…黒崎くん…天鎖斬月…直せなかった…」

ルキア「ここから先の未来全てで折られたものを… “拒絶” で消す事はできぬという事か…」

織姫「ごめんね…これじゃもう…戦えないね…」

一護の腕を掴んで立ち上がらせる恋次「行くぞ」

ルキア「! 恋次!待て!どうするつもりだ!!」

恋次「決まってんだろ あいつを追うんだよ」

ルキア「莫迦な…せめて何か…策を練ってから挑むべきだ!」

恋次「あんなバケモン相手に策なんか浮かぶのかよ」

ルキア「そ…それは…」

一護「…ああ そうだ…もう無理なんだ…」

 

bl681-4

その時、後ろから肩を貫かれる一護「!!」

振り返る一護「…てめえは…

 

bl681-5

月島…!! …な…何の真似だ…てめえ…」

月島「何の真似かって?そんなの僕に訊かれてもね 銀城が君の味方しろって言うから仕方無くしてるだけなのに」

一護「…味方…だと…?」

銀城「バカやろ 味方しろとは言ってねえだろ

 

bl681-6

俺はお前に義理を返せって言ったんだ」

月島「織姫 彼の剣にもう1度双天結盾を」

織姫「!」

月島「君の力で “拒絶” できない程、強大な力で書き換えられた未来でも ”そうならなかった過去さえあれば” そこまでは “拒絶” できる筈だ

“挟んでおいたよ”

 

bl681-7

 “君の剣は” ”折られなかった”

さて これで義理は返したって事でいいかな?」

 

bl681-8

眼から絶望が消えた一護「…あァ!」

次回、BLEACH ブリーチ 682 へ!!

 

※以下感想です※

前回は…一護がユーハバッハに力を奪われ…ハッシュヴァルトとジェラルドに与えた力も自身に戻しました…

 

 

で…ユーハバッハがソウルソサエティと現世を破壊しに行こうとしたところにルキアと恋次がやってきたところで終わっての今回ですが…

とりあえず…ついに…ついに月島さんがやってきてくれました!!

ここぞ…!という時に出てきてスマートに良い仕事をしてくれましたね

相変わらずの憎たらしい顔もさすがです…!!笑

しかしブック・オブ・ジ・エンド…えげつない能力ですよねホント…月島さんも一緒に来て戦ってくれって感じです笑

で…天鎖斬月が見事直りましたが…一体どんな力を秘めているんでしょうね…

あんな能力を持つユーハバッハが脅威になると感じて、折った天鎖斬月…とりあえず期待ですね

石田も上にあがってくるようですし…そろそろ父たちが絡んでくる…んでしょうか

あとは…ハッシュヴァルトの最期…なかなか良かったんじゃないでしょうか涙

バスビーとユーゴーの過去編…そして戦いのところが読み返したくなりますね…

 

最新記事を即お知らせ