【ネタバレ】BLEACH ブリーチ 680 感想【注意】

第680話 THE END 2

 

一護の顔を掴むユーハバッハ「さあ、お前の最後の使命だ お前に与えた我が力 返して貰うぞ」

一護「(ああ 消える

 

俺の中の滅却師の力が それと混じり合っていた虚の力が

 

bl680-1

 

消える

 

消える

 

まっしろに)」

 

bl680-2

その場に倒れる一護

高笑いするユーハバッハ

 

bl680-3

黒い傘が世界を覆う…

 

場面は石田とハッシュヴァルト

倒れている石田に向けて剣を突き刺すハッシュヴァルト

転がってなんとかかわした石田

 

ハッシュヴァルト「…まだ動けたのか」

石田「…僕が…黒崎達に似てるって…?

…僕は…今まで…全て冷静に…君の言う天秤にかけて行動してきたつもりだ…

でも 黒崎はバカだからそれができない 助けたいと思ったら助けに行くんだ」

剣を握る手に力が入るハッシュヴァルト

石田「井上さんもバカで 茶渡君もバカで 朽木さんもバカで…阿散井もバカだ…

僕がもし…そのバカな連中と同じに見えているのなら…僕は嬉しい」

ハッシュヴァルト「… “嬉しい” だと? お前の感情の事など最初から問うてはいない

奴等と共に居る事がお前に利するとは思えない そう言っているのだ

奴等と共に居てお前は成長したか? 奴等と居た数年よりも陛下に力を与えられた一瞬の方がお前は成長している筈だ

互いを高め合うのが仲間ならば お前が命を賭すべきは奴等ではなく陛下だ」

石田「…天秤は…選択だと言ったな 僕はその選択で…彼等と共に居る事を選んだ…

だけどそこに利害は無い 正解も不正解も無い

 

bl680-4

僕らは友達だからだ」

 

bl680-5

それを聞いて表情を強ばらせる?ハッシュヴァルト

「…そうか よく解った お前は陛下に認められておきながら 何も捨てるつもりは無いという事だな

ならばせめて命を捨てろ 石田雨竜」

剣を振り上げたハッシュヴァルトだったが…そこに…

 

bl680-6

石田「何だ…!?何が起きてる…!?」

 

場面はジェラルドと戦う白哉と日番谷

 

bl680-7

ジェラルドが骨になり崩れ落ちる…

白哉と日番谷「!?」

 

光はユーハバッハの元へと飛んでゆく…

門を開いているユーハバッハ「さらばだ一護 私には最早お前も我が子たる星十字騎士団も必要無い

そこで見ていろ 私に潰されるソウルソサエティと現世の景色をな」

その時…ルキアと恋次が到着する

ユーハバッハ「…しぶとい事だ まだ追いすがる者があるのか だが満身創痍のその体ではそこから動く事すらできまい

だが追いたくば追ってこい この門は残しておく 追ってくればその気魄に免じて贅沢な◯を与えてやる

これから先の未来 お前達が最も大きな幸福を感じた瞬間を 選び抜いて◯してやるとしよう

お前達はこれから先 幸福を感じる度、私の言葉を思い出すだろう

そしてその度に約束された◯の恐怖を味わい続けるのだ 永遠に」

門に入ってゆくユーハバッハ

次回、BLEACH ブリーチ 681 へ!!

 

※以下感想です※

前回は…石田とハッシュヴァルトが互いに聖文字を使って戦いました

しかし石田は形勢を逆転することができずボロボロに…

一護もユーハバッハの前に為す術なく追いつめられて絶望する…

そしてユーハバッハが一護に与えた力を返してもらおうと言ったところで終わっての今回ですが…

一護…普通に奪われてしまいましたね…

一護と石田がピンチなのでここで父たちが駆けつけてなんかやってくれるのかと思っていましたが違いました笑

でもそろそろやってきそうな感じはありますね

そして…一護の力を取り返したユーハバッハはハッシュヴァルトとジェラルドの力も…

これって石田の力も…でしょうか…

しかしジェラルドさん…最近ユーハバッハの話ばかり進めていましたが…こういう終わり方でしたかーなるほど笑

霊王の心臓の件はどうなるんでしょう…

そして今回なんと!!終焉までのカウントダウンが…発表されていません!!笑

しかし近々発表されそうですね…

なんだかんだぐだぐだ続くもの…と思ってしまっていましたが…本当に終わりが近づいてきたことを実感しました…