【ネタバレ】BabySteps ベイビーステップ 433 感想【注意】

#433 成長

 

試合は終わり、握手をする栄一郎と渡邊

 

栄一郎「ありがとうございました!」

悔しそうな表情の渡邊

 

観客達のざわつきは中々おさまらない「おおーっ、1400位台が161位に圧勝かよ!」「圧勝か?」

「チャレンジャー初挑戦で決勝進出はテニス界ではかなりの事件だぞ」「すげぇ…」

「丸尾栄一郎か…全日本以来聞かなかったけど本当に出てきたんだな」「池世代じゃ難波江に続く期待の新人じゃねえか?」

試合…そして観客達の様子を見たエリックは納得したような表情

栄一郎「(やりたいことが全部できた…紙一重でも日本代表に…勝った…

 

強くなった!手応えがある…!)」

胸の高鳴りが治まらないまま、コートから出ていく栄一郎

そして会場の階段を登っていくと…

 

ナツ「エーちゃん!!」

影山「おいおい!?エーちゃん、いつの間にそんなに強くなってんだよ!」

栄一郎「なっちゃん みんな…」

気が抜けたのか、足がガクッ…となり、階段を踏み外しそうになった栄一郎「わっ」

 

ちょうどそこにいたナツが支えになり…

栄一郎はそのままナツの肩に頭を乗せる

頬を赤くする影山・佐々木…そして栄一郎の父

ナツの肩に掴まった栄一郎は小刻みに震えている…

ナツ「そうだね…命懸けだったもんね」

青井「正直、自滅もあり得る戦い方だったからな 丸尾は先手、渡邊は様子見から入ったことも幸いしたな

今日みたいな試合は狙ってできやしないが、やろうとしたことができたのも事実

今日の勝ちで、お前はこのくらいはできるんだと自信を持っていいはずだ

 

…てことで、そろそろもうちょっと離れようか」

 

控え室

浅野「お疲れさん…いい試合だったが厳しい結果だな」

悔しさで俯いている渡邊「…」

 

浅野「反省点は自分で色々あるだろうが、代表コーチとして少し言わせてくれ

渡邊くんはずっと、グランドスラムの本戦出場を目標にしてるって聞いてるけど…

それもうやめた方がよくないか?」

顔を上げる渡邊「…!」

浅野「あっ…違う違う 無理とか言ってるんじゃなくてね

君の中でいつの間にか、そこが最終目標になってしまっているような気がしてね

敢えて丸尾くんのことを言うけどさ 彼はグランドスラムを観ただけで、予選にも出れてないのに目標は君と同じだ

グランドスラム本戦出場を、君と同じように真剣に目指してる

でも実力を考えたら、君は丸尾くんと同じことを言ってちゃダメじゃないか?

君にとって出場は通過点で、まず1勝 いや、ベスト8だって掲げていいはずだ」

渡邊「でも実際まだ出たことがないですから…」

浅野「それは関係ないんだよ!君にはこの世界の目標設定がどれだけ大切かをもっと理解して欲しい 君はこれからなんだから!

出場だけが目標なら、確かに下部ツアーでポイントを稼いだ方が達成しやすいかもしれない

でもそればかり続けてると、いざグランドスラムに出た時勝てないぞ

下部ツアーで勝つことだってもちろん大事だ だけど今の君は、そこで確実に勝とうとしすぎてテニスが小さくなってる

それは多分、技術的にも精神的にも言えることだ」

渡邊「…」

 

浅野「でもこれってさ…君に伸び代があるってことだよね」

渡邊「!」

浅野「今日の試合後半で俺はそれを確信したんだよ だから本当にいい試合だったと思う

協力するから…ここから始めよう」

渡邊「はい…よろしくお願いします」

→次のページへ

最新記事を即お知らせ