【ネタバレ】BabySteps ベイビーステップ 431 感想【注意】

#431 分岐点

 

ファーストセットを6ー0で栄一郎が獲り…

チェンジコート中

渡邊「(バカだな…長いスランプの理由なんて試合中に考えることじゃない…そんなことより今はこいつを何とかすることを考えねえと…)」

いつもの様にノートに書き込む栄一郎

 

渡邊「(しかしチェンジコートの度によくそんなノートに書くことがあるな…ノートを使う奴はたまにいるが、普通は気づいたことをメモるくらい…

…あれが何かの役に立ってるとすれば…重要なポイントを体感した直後にデータベースにして、後で戦略を立てるのに使うってことか?

要は緻密な分析…確かに俺に足りない部分かもしれない

 

でもそこは強みの違いでもある…

俺の武器はフィジカルとテクニック 身体を管理して鍛え、技を磨くことに関しては同じように徹底してきた

だからって戦略をないがしろにはせず、コーチを頼りにカバーしてる なのに…これはいくら何でもやられすぎだろ)」

栄一郎「(渡邊さんは多分、こっちの戦略への迷いやメンタルの乱れでいつもよりパフォーマンスが落ちてる

セカンドセットの出だしもこのままいければ…いや…

難波江くんにもらったデータを見れば…俺が渡邊さんからこのまま逃げ切るなんて甘すぎる!

例えば武器(ダウンザライン)を攻略されたら、それだけでこの程度の差は一瞬で詰まってしまう

まだ瀬戸際なんだ…)」

審判「タイム!」

 

セカンドセット第1ゲーム

サーブ位置についた渡邊は大きく一息吐く「(間を取って心を整える…最低限いつもの力(パフォーマンス)を出すことが先決)」

渡邊のサーブはサイドへ

クロスにリターンする栄一郎

渡邊「(考え過ぎず、戦略はシンプルに…やられる前に先制の一打を!)」

 

強烈なフォアをクロスに決める渡邊

15ー0

盛り上がる観客席

 

栄一郎「(速攻…!武器を出す間もない…やっぱりこのままじゃダメなんだ)」

栄一郎は下がって構える

渡邊「!」

観客達「おっ?かなり後ろで構えたぞ」

 

渡邊「(前じゃなく後ろ…なぜそうくる?確かにそこなら俺の先制攻撃に対する守備力は高まる

でも同時に前で打つ武器(ダウンザライン)は出しづらいし、何より後方(ベースライン)はパワーがモノを言うエリア

ここまでの積極策からして、急に守備的になるのも考えにくい

そこからどうダウンザラインを出すのか…見せてみろ!)」

渡邊のサーブはワイドへ

栄一郎「(ここは渡邊さんが絶対落とせないゲーム…かなり厳しい先制攻撃がくるのは間違いない

相手サーブのここは、まずそれを凌がなけきゃ…せっかくの武器が使えない

その為の後方守備…だけどそれだけでも勝てない…)」

渡邊「(その位置から積極策でくるなら…

 

この位置へのコントロールショットか…)」

しかし…

栄一郎はクロスへ強打

渡邊「!?(強打!?)」

そして栄一郎は守備位置を前にする

返す渡邊「くっ(そしてここで一歩前に…不意打ちか!?その程度の球威でやってくれるな)」

返す栄一郎「(深い…でもほぼ互角にまで持ち込んだ)」

→次のページへ

最新記事を即お知らせ