【ネタバレ】BabySteps ベイビーステップ 430 感想【注意】

#430 全能力

 

第3ゲームが始まる

渡邊「(立ち上がりとはいえ完全な劣勢…昨日の吉道さんの相手とはまるで別人じゃねえか…)」

渡邊のファーストサーブはネットにかかる

渡邊「(いや…実は大差はないか…

昨日届かなかった数cmが届いて、入らなかった数cmが入ることで…ハマらなかった戦術がハマってる 僅かな違いでしかない

1日でこういう変化があるとすればメンタル…昨日何があったか知らねえが…俺もナメられたもんだな!)」

 

渡邊のセカンドサーブはワイドへ

栄一郎は素早い反応とテイクバックを見せ…

渡邊「!!」

リターンからストレートに強打する

バックハンドでクロスに返す渡邊

 

栄一郎はこれをバックハンドでダウンザラインに決める

0ー15

顔を強張らせる渡邊

 

続いてのラリー

栄一郎「(この感覚…ずっと前の…岩佐くんとの試合に近い…

上のレベルに行く為に…必しに増やした新しい技術…更にそれらを使った新しい戦術も増やしてきた

バラバラだったピースは、新しいメンタルを身につけることで繋がっていく…

この繰り返しがいつの間にか大きなビジョンを描く力になる

確かに好調(ゾーン)…でもそれだけじゃない…)」

 

今度はダウンザラインに気をとられた渡邊の逆を突き、フォアでクロスに決める栄一郎

渡邊「(おい…マジかよ…)」

 

ガッツポーズをする栄一郎「(壁を越えて一気に成長してる感覚!)」

 

第3ゲームも栄一郎がブレイク

ざわつく会場「丸尾がまたブレイク!」「勢いが止まらない…!」

 

続く第4ゲームも栄一郎がキープ

渡邊「ぐっ」

地面に向けてラケットを振りかぶったが止める渡邊「(違う…俺が悪いわけじゃねえ だったら受け入れるしかねえだろ!)」

 

第5ゲーム

栄一郎のバックハンドでのダウンザラインがアウト

渡邊「(ミスが1本もないわけじゃない…そこを起点に今は活路を見出すしかない)」

しかし同じショットを早速決める栄一郎「(ミスしても打つ…武器があると見せることは必要…)」

浅野「…」

 

栄一郎「(どこかで出す…その脅威が他のショットを活かす…!)」

鮮やかなドロップショットを決める栄一郎

全く追えない渡邊

第5ゲームも栄一郎がブレイク

観客達「うまっ」「渡邊は足が止まってないか?」「いや、丸尾が渡邊の足を止めてんだよ」

→次のページへ

最新記事を即お知らせ