【ネタバレ】BabySteps ベイビーステップ 425 感想【注意】

#425 異種

 

仙台のボディプラスインターナショナル

パソコンを眺めているエリック…

秘書「どうでした?丸尾君は」

エリック「ハハハ、バレてたか」

 

秘書「今は便利ですね、デスクで仕事をしながらテニスが観戦できるなんて」

エリック「…まあラッキーな勝利だったが、18歳でチャレンジャーベスト4以上が確定した これで世界ランクは600位台にはなる

(この “負け” をどう次に結びつけるかは見ものだよな)

週末のスケジュールを確認してくれ」

秘書「…承知しました」

 

場面は電車内の栄一郎と青井

栄一郎「ナショナルチームの渡邊さんとの試合に備えるってどういう事ですか?」

青井「お前さ… “やっぱりナショナルチームは違うなー” とか思ってんだろ」

栄一郎「う…それは…でも…青井さんだって同じようなこと言ってたじゃないですか」

青井「まあな…だけどナショナルチームだって色々だぜ 経験が長い門馬や吉道は特にそこへの思い入れは強い

だからって皆があそこまで代表に全てを懸けられてるわけじゃない」

栄一郎「じゃあ渡邊さんは…」

青井「確かに彼も代表入りしてから一気に伸びた選手の1人だが…代表経験は浅いし、まだ25歳だし ベテランとは少し違うだろうな」

栄一郎「でも日本を背負って戦った経験はあるんですよね?ランキングだって吉道さんより上でレギュラー組だし」

言いながらハッとして、両頬を叩く栄一郎「いや…!この弱気がダメなんですよね!

どんな理由でも勝って、もう一度ナショナルチームの壁に挑むチャンスがもらえたんだから…

次は何とかそれを乗り越える方法を見つけ出さなきゃ…」

 

青井「壁ねえ…俺もその壁を常に意識してきたけど、本当にそんなものあるのかね?単に俺やお前の弱気の産物かもしんねえぞ?」

目を見開いて一瞬固まる栄一郎

栄一郎「それは… …だとしても…俺はそこを乗り越えなきゃいけないと思います

弱気になる原因をもっとはっきりさせて 必要以上に恐れてしまう自分を乗り越えないと…」

青井「今すぐナショナルチームと肩を並べられなくても…1セットで一瞬も相手の気持ちを切れなかったトラウマくらいは何とかしてえよな」

栄一郎「はい…もしできるなら」

青井「まあ解決できるかはわからないがやってみようぜ」

 

電車を降り、歩いていく2人

青井「着いたぞ」

栄一郎「ここ…?格闘技のジムですよね?」

青井「ああ、俺も初めて来た」

 

入っていく2人

青井「こんにちはー、先ほど連絡した青井でーす」

男性「ああ、青井さん どうぞー、弟から話は聞いてます」

青井「お忙しいのにいきなりすいません」

男性「いえ、待ってましたよ」

青井「この人…誰かに似てると思わないか?」

栄一郎「え…」

その男性は…

 

青井「総合格闘家・池雄大 池の兄貴だぜ」

池兄「いつも弟が世話になってるみたいで」

驚く栄一郎「(い…池くんのお兄さん…!?格闘家…!?お兄さんいたんだ…し…知らなかった…すごい兄弟だな…)」

池兄「しかし “異種スポーツミーティング” とは面白そうですねー」

栄一郎「(異種…スポーツ…ミーティング…?)」

青井「実はこの丸尾は最近プロになって厳しい洗礼を受けましてね…

それをようやく乗り越えようってトコで今日、日本代表の強豪にまたガツンとやられたところなんです」

池兄「自信の喪失と回復…プロの世界はどこもそこでのサバイバルですよね」

栄一郎「…」

青井「次戦う相手も日本代表なんで、その恐怖症みたいなのを取り去ってやりたいんですよ

要はメンタルトレーニングに来ました、よろしくお願いします」

池兄「いえいえ、何ができるかわかりませんが 俺だけじゃ何なんでもう1人…後輩でちょうどいい奴、参加させて下さい おーい原田!」

 

原田「はーい」

池兄「彼はプロになったばかりの去年の高校生日本チャンピオンです 丸尾選手と同い年ですし、何かと刺激になればいいなと」

栄一郎「(なんかすごく温厚そうな人だけど…テニスでいえば難波江くんくらい強いってことか)」

 

原田「原田樹です、よろしく」

目を開いた原田にビクッ…とする栄一郎「丸尾栄一郎です…よろしくお願いします…(やっぱちょっと怖いかも…)」

→次のページへ

最新記事を即お知らせ