【ネタバレ】BabySteps ベイビーステップ 424 感想【注意】

#424 勝利の意味

 

審判「吉道選手の棄権による丸尾選手の勝利となります」

駆け出す吉道の妻・葉子

ざわつく観客席

栄一郎の母「ケガ…ですか?気づきませんでしたけど…」

青井「実は以前からなんですが、棄権するほどとは…」

 

栄一郎「(そんな…)」

栄一郎に声をかける吉道「もう少しやりたかったけど…大事をとってやめることにしたよ」

栄一郎「え…あ、はい…」

吉道「こんな形ですまないが…俺の負けだ」

栄一郎「はい…でも…今まで全然平気そうだったし…あと1セットなら…

ハンデを貰っても覆せる気がしないくらいこっちは苦しかったので…

いや…ただ驚いて…すみません」

吉道「もし本当にあと1セットで終わるならやったかもな…まさかここまで消耗するとは思ってなかったよ

まあ色々経験してきた俺がよくよく考えた結果さ…今ここでどうしても勝ちたいってだけで無理したくはなかったんだ

 

日本代表(ナショナル)のためにもな」

栄一郎「ナショナル…チーム…」

手を差し出す吉道「次頑張れよエーイチロー」

 

栄一郎「は…はい…!あ…ありがとうございます!」

握手をかわす2人

観客席に手を振りながらコートから出ていく吉道

観客達「吉道さんお疲れ様っ!」「大丈夫ですか?」「また帰ってこいよー!」

栄一郎「(全力は出し切ったのに…完敗だった)」

 

妻の葉子と共に会場をあとにする吉道

葉子「残念だったけどさ…あの早いタイミングで棄権って決断をできたのはすごく偉かったと思う!」

予想外の言葉だったのか、目を丸くする吉道「だよな…あれ以上やったらヤバい予感がしたんだ」

葉子「そうやって自分とみんな(日本代表)のことまで全部見えてるのが大ちゃんの強さだよ」

吉道「だよな…よかったんだよな…

 

またナショナルチームの一員として…もう一度くらいは戦えるよな」

葉子「当たり前でしょー!大ちゃんは私と日本中のテニスファンに支えられてるんだよ?

それに今日、証明してみせたじゃん 自分はまだまだ進化できるんだって…ね?」

吉道「…確かに、今日はすごく良かったんだよなー…」

葉子「本当…凄かったよね 美味いもんでも食いながらその話しよ…」

 

場面はコート入りする渡邊とピート

渡邊「(吉道さんが膝で棄権って…大丈夫って言ってたクセに!!

いや…もう甘えちゃいられない時が来たんだ…俺がナショナルチームの柱になれって話だ!

だとしたらナショナルチームの為にも…俺自身の目の前の勝利を最優先…)」

 

コート中央に行く両選手

ピート「よろしく」

渡邊「どうも

(このアメリカ代表候補なんかは絶対に叩いておかなきゃなんねえ…こういう体格のいい海外勢に勝つことがナショナルチームの強化に直結するんだ)」

観客席に座る栄一郎と青井

青井「よし、間に合った!さあ次の準決勝はどっちになるか…

渡邊は日本人の中じゃ体格いい方だが、ピートってのはまたデケーな!

渡邊より、前に一度勝ったことがあるピートの方がやりやすいか?」

栄一郎「…まあそうですね」

 

まださっきの事が引っかかっている様子の栄一郎「(わかってる…こういうこともあるってことは

でも全く勝つビジョンが描けなかったのも事実…)」

青井「ピートのサーブ&ボレーを渡邊がどう対処するかは見ておけよ」

はっとしてコートを見る栄一郎「(ダメだ…次に切り替えなきゃ…)」

ピートサーブで試合が始まる…

→次のページへ

最新記事を即お知らせ