ジャンプ・東京グール・ワンピース・ハイキュー・キングダム 最新あらすじ/確定ネタバレ注意!!まとめ速報 考察・感想・投稿サイト

【ネタバレ】BabySteps ベイビーステップ 423 感想【注意】

【ネタバレ】BabySteps ベイビーステップ 423 感想【注意】

#423 起死回生

 

栄一郎「(一撃で状況を変えられる武器…今、自分の可能性に懸けるなら…コントロールしかない!)」

4/100のコントロールで狙ったストレートのショットは…

惜しくもアウト…になり、デュース

観客達「うおっ!惜っしい!」「丸尾がいきなり狙っていったぞ!」

栄一郎の母「ああっ…大事なところでミスして追いつかれちゃった…」

 

青井「…いや、彼はきっとギリギリまで追い込まれた状況の中でついに…今できる最善の攻撃的な一打を見つけ出したのかもしれません」

母「今のショットが…ですか?それは…どういうことですか?」

青井「ストロークの基本、クロスとダウンザラインには実は大きな違いがあるんです 簡単に言えばクロスはパワーが重視されるショットなんです

これに対し、ダウンザラインはネットの高い位置を通す上、距離も短いからどうしてもコントロール重視になる

丸尾くんがもし反応とコントロールを活かして前の位置からダウンザラインに強打できればかなりの武器になります

とはいえこれはあくまで理論上の話で…武器を1つ増やすなんて事はそんな簡単ではありませんがね」

 

栄一郎「(追いつかれたけどあと数センチ内側なら決まってた!無理はあったけど武器にできそうな手応えはあった…これは…活かしたい!)」

吉道「(今のが一度でも入ってくれば状況は変わる…追い込まれてついに攻撃的な武器を捻り出してきやがったか

追い込めば追い込むほど危険な奴…気に入った!)」

栄一郎「(焦らず機を見て狙っていくんだ…)」

栄一郎はワイドへサーブ

リターンする吉道「はっ」

 

栄一郎「(ここは守備位置を定位置に…ただダウンザラインを打てるチャンスが来たら…)」

対する吉道は一歩下がる

吉道「(念の為、今のを警戒して一歩下がる ここは俺の得意とする位置でもある)」

少し浅い球が来たので攻めに出る栄一郎「(一歩前に出る…!さっきの4/100でダメなら…さっきと同じ球威で4/81!)」

しかしコースは良いものの、浅いショットになる

栄一郎「(浅い…そう簡単にはいかないか)」

バックハンドでクロスに返す吉道「はっ」

ここも攻めに出る栄一郎「(でもまだ優位…だったら間髪入れず…もう少し深く2/81狙いでどうだ!)」

これも狙いの手前に落ち、浅いショットとなる

フォアでクロスに返す吉道

栄一郎「(悪くはないけど今度は威力が足りない これは一撃で効果がないと意味がない…続けてると攻撃が単調になる

…まだ俺がギリギリ優位で…相手があんなに下がってるなら…ドロップ…!)」

栄一郎の手首の動きを見て勘付いた吉道が素早く動き出す

吉道「(…あと1球、ダウンザラインを狙われていたら俺は後ろに釘付けだったが…ドロップの使い方が甘い!)」

吉道がアングルに決め、アドバンテージ吉道

 

吉道「よっっし!!」

栄一郎「(ダメか…!もう少し耐えるべきだったか)」

サーブ位置につく栄一郎「(こうなるともうダウンザラインはコントロールも球威も限界…もう一度…自滅覚悟で4/100にトライするか?

いや…さっきの4/100は感覚的に今の自分ができる以上のショットだった…逃げずに…できる範囲で何とか突破口を見つけ出すんだ!)」

栄一郎のサーブはセンターへ

素早く反応してテイクバックする吉道

栄一郎「(サーブを読まれた!)」

強烈なリターンを打つ吉道「はぁっ」

追う栄一郎「(あのダウンザラインを狙うには…まだサーブの優位がないと苦しい…何とか立て直す!)」

腕を伸ばしてなんとか返した栄一郎だったが…

それはネットにかかってしまう

審判「ファーストセットウォンバイ吉道6ー2」

→次のページへ

最新記事を即お知らせ

コメント

9 コメント オン "【ネタバレ】BabySteps ベイビーステップ 423 感想【注意】"

 
 
表示する順番:   新着順 | 古い順 | 評価順
名無しの伝承者

偽りの”メディカルタイムアウト”のような気がしなくもない。
「タイムアウトの時間で自分を倒す術を見つけろ」と言わんばかりの。
ケガで途中棄権とかは絶対に止めて欲しい。

これは…来週の展開は、

通用しなかったと落ち込むえいちゃんをなっちゃんが励ます展開だな!
ワクテカ…

名無しの伝承者

少し前の回で世界250位あたりに壁があり、そこから上の選手はメンタルが違うとされている。
栄ちゃんの背負っているものは、全日本経験者と比べると弱い。
こういうと、栄ちゃんも応援してくれてる人たちを思い出して、自分を奮い立たせたじゃないか! と思うかもしれないけど、比べる相手が格上となれば見劣りもするってこと。

また、「追い込むほど危険」という評価は期待の裏返し。
吉道は個人としてだけでなく日本選手としての視点で日本チームの未来を見ているのかも。
さらに上の選手と対戦させることで、栄ちゃんの成長を期待してるんじゃないかな。

代表選手から期待を受けて、勝利を譲られるという形で背負うことになる。
今回は世界で戦うために必要な成長の契機となる回だと思う。

名無しの伝承者

急展開だけどまぁどんな対応してもひっくり返し切るのは難しそうだったし順当かもしれませんね!助けたくなるっていうのもエーちゃんの一つの力だったし!

これで認めてもらったのかな?

吉道さんはひたすら諦めず攻略を探す栄一郎の姿に、こいつなら日本代表を譲っても安心だと優しい目で見てるように 思えたのですが・・。
年齢や怪我のこともあるのでそろそろ引退を考えているのかもしれませんね。
一番あってほしくない決着でちょっと残念ですが・・・次は一度勝ってるピートとでしょうか?

名無しの伝承者

吉道さんはひたすら諦めず攻略を探す栄一郎の姿に、こいつなら日本代表を譲っても安心だと優しい目で見てるように 思えたのですが・・。
年齢や怪我のこともあるのでそろそろ引退を考えているのかもしれませんね。
一番あってほしくない決着でちょっと残念ですが・・・次は一度勝ってるピートとでしょうか?

クソみたいな終わり方しやがった
何やってんだ

期待の若手に対して、いつも以上にがんばりすぎた吉道さん。それで、ドロップショットを全力以上で取りに行った時に故障再発?

wpDiscuz