→続きのページ

 

マイク「じゃあそれを確認するために逆に質問させてもらうよ エーちゃんはその時、どうしてプレーしてたの?」

栄一郎「え…それは…プロとして試合に勝ちたかったからです」

マイク「じゃあその時、どうして勝ちたかったの?」

栄一郎「あの時は…応援してくれる人に応えなきゃって…いやでも…それは苦しくなって気力の元を探したからで…

1番は、少しでも早く下部ツアーを出てグランドスラムに行きたいからだと思います…」

マイク「なるほど…じゃあしつこいけど、僕は心理学者だからあえて聞くよ だとしたら君はどうしてグランドスラムに行きたいの?」

栄一郎「それは…実際に行ってみて、行きたいと思ったからです」

 

マイク「そうだったよね…じゃあどうして見たら行きたくなったのかな…?」

栄一郎「え…と… …とにかく素敵な場所だったんです…マックスやサンチェスにも会えたし…

そこにあの池くんが挑戦してて…そしたら自然に俺もって…」

マイク「じゃあどうして素敵な場所に彼らがいると “俺も” って思うんだろう」

栄一郎「それは…かっこよかったからです!」

マイク「じゃあどうして君はそれをかっこいいと思うの…?」

栄一郎「えええ…」

マイク「こうやって突き詰めると答えに近づく事があるんだ」

栄一郎「…それはやっぱり…池くんやマックスのテニスは見る人を惹きつけるからです 1万5千人が2人のテニスから一瞬も目が離せなくなるくらい…

そう!夢中にさせてくれるからです!」

マイク「じゃあ君はどうして夢中になって “俺も” って思ったんだろう…」

栄一郎「んー…やっぱり僕もあそこで同じようにプレーしたいからだと思います

僕があの時、観客席でもらった力を 今度は僕が与えられるくらい強くなりたいと思ったんです」

マイク「うん…なんかやっと答えに近づいてきたから最初に戻ろうか

…となるとエーちゃんは見てる人に力を与えたくてプレーしてたって事にもなるよね」

栄一郎「あ…」

マイク「つまり君が周りに支えられて気力を得たのも確かだろうけど 君も彼らのために力を出そうとしてそれができたって事なんじゃないかな」

栄一郎「俺を支えてくれる人達のために…俺が…与える…」

 

bs417-5

マイク「そういう強い思いが生まれた時、人は精神的に強くなれる 日本語で言えば “使命感” だね」

栄一郎「(使命感…)」

 

話は試合に戻る

吉道「もう1本!!」

栄一郎「(日本を支える使命感があの一撃だとしたら…あれは特別な技術でもパワーでも理屈でもなく精神的なもの

…でも使命感や気合の強さは…支えたい人の人数なんかじゃ決まらないはず

だったら…メンタルで勝ってあの一撃を返す…日本代表を超える!!)」

 

bs417-6

気合の乗ったサーブを打った栄一郎だったが…

リターンからあの顔をする吉道

 

bs417-7

フォアでクロスに強烈なリターンエースを決める吉道「はぁ」

0ー40

盛り上がる観客達「来たーっ!早くも吉道に火が付いたか?」「ノッてくると吉道は手が付けられないぞ!」

「さあブレイクだ、頼むぞミスターナショナルチーム!」

次回、BabySteps ベイビーステップ 418 へ!!

#418 底力

 

※以下感想です※

前回は…試合開始からそれぞれブレイクし合っての第3ゲーム…吉道のサーブゲームでしたが…

エーちゃんがまたもやブレイク!!

その理由は…吉道がいつ攻めに出てくるのか…

なんとそれがまさか…まさかの顔に出ている…!!

個人的に吉道らしい感じがして好きになりました

今まで誰にも指摘されなかったのかなぁ…などという疑問点もありますけどね笑

しかしいつ勝負球を打ってくるかということは分かりましたが、鋭いショットには変わらないですので

読みを外して逆を突かれないようにしないとポイントを獲られてしまいそうな感じです…

実際ブレイクできた第3ゲームは読みが当たったのと、相手のミスなどでギリギリな感じも少ししましたし…ね

で…最後は吉道の強烈なショットがネット…しかし前に出ていたエーちゃんの目が…

エーちゃんの大きな武器である目が反応できなかった…?というところで終わっての今回ですが…

やはり厳しい試合展開になり…トリプルブレイクポイントという状況に追い込まれてしまいましたね…

しかも最後は “使命感” 、さらには “精神力(メンタル)” というもの改めて意識してのプレーでしたが…

ここでリターンエースを狙いにくるとは…

日本代表として世界と戦い続けてきたその経験はやはり大きいようです…

しかし次回のタイトルは「底力」…ということなので、エーちゃんが追い込まれたこの第4ゲームを盛り返してくれそうな感じでしょうか

というか今回の最初のポイントを奪われたショットも、スピンの強さは少し弱いかもしれませんが、

いつものようなコントロールを見せてくれれば、深さは嫌なところを突けると思いますし…

ま!エーちゃんがどう対抗してくれるのか楽しみです

とりあえずマイク!ナイスでした!!

最新記事を即お知らせ