【ネタバレ】BabySteps ベイビーステップ 415 感想【注意】

#415 日本の母

 

栄一郎のいきなりブレイクにざわつく観客達「日本代表相手でも引けを取らないってことかよ…?」

吉道「(反応が良くて技術が高いリターン 前の守備位置での多彩な攻撃パターン

その身体で…しかもたった数年でここまで来るとは どれだけ濃密な時間があったことだろう

プロで成功すれば君は日本どころか世界の希望の星だな…君の強さがやっと想像できてきたよ)」

 

観戦している渡邊と吉道の妻・葉子

渡邊「葉子さん…吉道さんの足の怪我は本当に大丈夫なんですか?」

葉子「本人はそう言ってたけど…ふふっ…」

笑みをこぼす葉子

渡邊「な…なんですか?」

葉子「タカくん、本当に心配してくれてるんだね」

渡邊「あ…当たり前ですよ あの人は代表にいないと困るんです

門馬さんが日本代表の父なら…吉道さんは母みたいなもんなんですから」

 

2年前、国別対抗戦(デビスカップ)のワールドグループ1回戦

1勝1敗で迎えた第3戦…追い詰められた吉道・渡邊ペア…

観客達「日本!!」「日本!!」

深刻な顔の渡邊「(俺がこのサーブを落として負ければ日本は崖っぷち…明日の門馬さんのシングルスに全てが懸かっちまう)」

ベンチの方をチラ…と見る渡邊

 

bs415-1

目で語る門馬「(逃げるな 攻めろ!)」

ビクッ…とする渡邊

吉道「オイ!タカ!」

はっとする渡邊

吉道「今気づいたんだけどさ…お前、すっごい長い鼻毛が1本だけ出てるぜ」

渡邊「え…」

赤面して鼻を抑える渡邊だったが…

 

bs415-2

吉道「嘘だよ」

渡邊「んな!こんな時に何の冗談ですか!?」

笑う吉道「いや確かめたかったんだよ…ちゃんと日本中に見られてる意識があんのかをな

ちゃんと意識できてんならそんな顔すんなよ…それこそ日本中が心配しちまうぞ?」

渡邊「!」

 

bs415-3

吉道「俺達にはあの頼もしい仲間がいるんだ 誰かが失敗すりゃ誰かが補う…だから皆で思いっきりやれんのがデ杯だろ? なっ」

 

渡邊「あの人は試合に出ようが出まいが、存在だけで日本代表を前向きにする不思議な力がある だから代表には絶対に必要な人なんです」

 

第2ゲームが始まる

栄一郎「(王偉戦から自分のテニスが思った方向に急激に伸びてる 昨日今日はほとんど理想のプレーができてる

日本代表相手にいきなりのブレイクは出来過ぎだけど…思い通りではある このリードを活かして…サーブゲームは攻撃的にし守!)」

栄一郎はワイドにサーブ

リターンする吉道「はっ」

栄一郎「(…体勢を崩しながらも深いリターン でも下がらずリズムに乗って…速く動いて早く返す!)」

返す吉道「はっ」

ラリーは続く

観客達「サーブゲームも丸尾優勢だな」「確かに…スゲえな…」

栄一郎「(攻めるべき時を見極めて…一気に攻め込む!)」

センター寄りに返ってきた球をフォアで逆クロスに打つ栄一郎

バックハンドでストレートに打つ吉道「だっ」

 

bs415-4

それはライン上に決まり、触れない栄一郎

0ー15

栄一郎「(なんだ今のは…1球で全部を覆された…)」

吉道「っしゃ、2本目!」

栄一郎「(今のはいくら何でも無理がある…ここは切り替える)」

渡邊「こういう吉道さんらしいプレーがどんどん出てくれば今日はいけますよ」

葉子「だといいけどね」

 

次は栄一郎がフォアのダウンザラインを決めて15ー15

栄一郎「(よし…今度は優位を守りきった!)」

→次のページへ