【ネタバレ】BabySteps ベイビーステップ 412 感想【注意】

#412 代表

 

慶稜チャレンジャー本戦3日目、2回戦…

 

bs412-1

控え室で音楽を聞いている栄一郎「(今日勝てばベスト8…てことはフューチャーズ優勝とほぼ同じ18ポイントを獲得できるって事だから…

俺のポイントは合計22ポイントになって…一気に世界700位台!)」

両頬を手で叩いて気合いを入れる栄一郎「(よし!!)」

 

試合開始前からざわついている観客達

「310位を倒した1415位と、137位を倒した811位か…どっちも上り調子で期待の若手だ」「ランキング低い同士でも面白そうな対戦だね」「お…来たぞ」

コートにやってきた栄一郎と磯部駿助(24歳)

試合前の5分間のウォームアップが始まる

打ち合う2人

栄一郎「(パワーは王偉や俺よりはあるか…でもパフォーマンスやフォームに無駄が多かったり…打った感じの安定感は王偉の方が断然上…

王偉がスゴすぎたってのもあるけど…これなら付け入る隙はありそう…

…だけどこの磯部さんは速いテンポが連続する展開に強い 俺は最近、速い動きを軸にしてるからそこは注意しないと…)」

磯部「(丸尾栄一郎…時に得体の知れない強さを発揮するタイプ…世界1400位台ながら…全日本で江川逞…一昨日は王偉を倒してる…

だが俺もついに100位台を倒した…!夢にまで見た境地に手が届きつつあるんだ!)」

 

練習時間も終わり、試合が栄一郎サーブから始まる

栄一郎のサーブはワイドへ

リターンする磯部

リズムをとりながら動く栄一郎はフォアに回り込んで逆クロスに打つ

栄一郎「(よし…リズムにハマった!)」

バックハンドで返す磯部

栄一郎「(それでも普通に深く返ってきた…やっぱり速いテンポの連続には強いんだ…

だったらリズムをチェンジ…16ビートはそのままに…頭で再生する曲を変えてテンポをスローにしてみる…)」

 

bs412-2

バックハンドでクロスに遅めの球を打った栄一郎

磯部「(…とリズムが変わった)」

バックハンドでストレートに返す磯部

 

bs412-3

栄一郎「(よし…!ここでもう一度速いテンポに!)」

磯部「!!」

フォアでオープンスペースに打つ栄一郎「(いけっ)」

 

bs412-4

しかしネットにかかってしまう

栄一郎「あ…」

0ー15

 

栄一郎「(しまった…リズムに乗るのは苦手じゃないけど…やっぱり同じ1ポイント内で複数の曲を使うのは難しい

だけど今のは最後のショットが入ってれば圧倒してたポイントだった…

ハマれば早く正確に打点に入れるだけじゃない 疲れにくいから王偉戦みたいにならないで済む

長丁場を避ける理由がないなら…慎重に曲を選んでリズムに乗っていけばいい!)」

磯部「(かなりの緩急を流れるような動きで…今のは何だったんだ?)」

栄一郎「(勝つビジョンは見えた…!)」

 

別のコートでは…

第7シードの日本代表・吉道大樹(30歳・世界ランキング178位)が

台湾の林俊宏(27歳・世界ランキング267位)を相手に力強いプレーで奮闘している

 

bs412-5

吉道「ふんっ」「はっ」「ほっ」「はあっ」

今のスコアはファイナルセットで吉道5ー4林

ゲームを獲ってガッツポーズの吉道「っし」

林「(この勢い…本当に30代なのか?)」

→次のページへ