【ネタバレ】BabySteps ベイビーステップ 405 感想【注意】

#405 打開

 

脚がガク…として先取点を取られてしまった栄一郎「(しまった…急にスローテンポにされて足がもつれた…)」

王偉「(今のは足が滑ったわけじゃない…明らかに疲れによるもつれ…初めて目に見えた疲労…)」

口元に少し笑みを浮かべた王偉は守備位置を前にする

 

栄一郎「(今までで1番守備位置を前にしてきた!…今の足のもつれに乗じて攻めてくるつもりか…

ファイナルセットを捨てるつもりでこのセットに懸けたのに…思ってたより早く足に来てる…何があってもこのセットはもたせなきゃいけないのに…

この疲労…王偉から逃げずにどう対処すればいい…?)」

大きく息を吐く栄一郎「(荒谷くんや神田くんにも疲労から限界を思い知らされて負けた…ああなる前に何とかするんだ!…だったら…)」

ワイドに遅いスピンサーブを打つ栄一郎「(これでどうだ!)」

リターンする王偉「(かなり遅いけどかなりスピンが掛かったサーブ!)」

栄一郎「(王偉は遅いボールを一撃で決めにくるパワータイプじゃない…)」

スライスで深く返す栄一郎「(チェンジオブペース全体のペースを落とせばこっちの加速も落とせて負担が減る…

ボールが遅くなった分はコントロールでリスクを負って攻撃のギアは下げない!)」

強いショットで返す王偉「(ペースを落とすつもりなら…!)」

返す栄一郎「くっ(テンポを早められた!)」

甘くなったボールをオープンコートに決める王偉、0ー30

王偉「よし!」

栄一郎「(ダメだ…このレベルだと一定以上遅いボールは続けられない…サーブの優位を奪われただけ…

どうする…どうすればこの疲労をセット終了までカバーできる…?今、俺にある戦術や技術じゃ疲労はカバーできないってことか…

 

bs405-1

体力をカバーするのに戦術・技術でダメ…心技体の…技がダメなら…残るは心…気力?

いや…とは言え体力と気力はセットみたいなもの…気力もギリギリだから疲れが身体に出てきてしまってるのに…)」

審判「15秒経過(フィフティンセカンズ)」

 

栄一郎「(いやいや…今は縋れるものがあるなら何だって縋るしかない!

荒谷くんや神田くんには体力負けしたけど、あの時だってうまくいった事はあった

負けたらプロになれないっていうプレッシャーがあって、それが最終的に気力の元になった…

 

bs405-2

だったら…今の俺の気力の元は何だ…? 王偉は世界の下部ツアーの壁そのもの…プロで生きる為に乗り越えたい…!)」

センターにサーブを打つ栄一郎

リターンする王偉「(ここにきて少し球威が増した…)」

返す栄一郎「(下部ツアーを超えたら世界ツアー!その先にグランドスラム!

少しよくなった…でもこれは試合前からずっと思ってたこと 他に俺の気力の元は何だ…!?)」

返す王偉「(前後への配球と緩急で更に追い込む!)」

 

bs405-3

カツン…!

…という音と共に栄一郎が打ったボールはアウトになり、0ー40

観客達「ついにきたっ!王偉のセットポイント!」「ここを王偉が取ったら一転王偉が有利だぞ!」

ガットが切れてしまった栄一郎「(しまった こんな時に…)」

→次のページへ

最新記事を即お知らせ