【ネタバレ】黒子のバスケ EXTRAGAME 3 感想【注意】

第3Q そろそろ教えてやるか

 

始まったVORPAL SWORDSとJabberwockの試合

開始直後、赤司からのパスをアリウープで青峰が決めて口火を切る

 

相手のシュートをブロックする黄瀬「うぉら!!」

赤司から前に走っている青峰へとパスがいく

Jabberwock選手「(速い!!東洋人とは思えないぜ なんてバネだ!!)」

青峰「オイ、ストバス育ちはお前らだけじゃねーんだぜ」

後ろでドリブルする青峰

 

kbe3-1

そして後ろ手でボールを前に放り投げ抜き去り、ダンクを決める青峰

盛り上がる観客

残りは3分ほど、15ー9でVORPAL SWORDSのリード

リコ「…パパ!」

カゲトラ「ああ、出だしは文句なしだ!」

舌打ちするJabberwock選手

 

ナッシュのマークにつく赤司「…来い」

華麗なボール捌きで攻めるナッシュ「サルが…!!」

 

kbe3-2

しかしボールの動きをよく見て抜かせない赤司

舌打ちしパスするナッシュ「…む(このゆさぶりについてきやがるか…!!)」

受けた選手がダンクに向かう「アマいぜ くたばれや!!」

止める紫原「…はぁ〜?どっちが? そんぐらいの英語ならわかるよ」

そしてボールは緑間に渡り、すぐさまシュートモーションに入る

Jabberwock選手「…はぁ?」「んなところから何やって…」

ほぼコート端からシュートをうつ緑間「今日のおは朝占い 1位はかに座だ 更にラッキーアイテム(TVのリモコン)、万に一つも落ちるものか」

 

kbe3-3

驚くJabberwock選手「なっ…!?」

そしてタイムアップで第1Q終了、20ー16でVORPAL SWORDSリード

 

VORPALベンチ「よっしゃあ!!いい調子できてるぞ!!」

リコ「…けど」

カゲトラ「…ああ(確かに今押しているのはウチだ…が…イメージほど点差がついていねぇ

奴ら押されてるようでも要所要所でキッチリ決めてやがる 基本的なプレイも精度と質がクソ高ぇ 想像よりはるかに厚みのある強さだ)」

汗だくの選手達

桃井「(それに…みんなもうこんなに汗を…!? 第1Qでこんなに消耗してるみんなは初めて見る それほど力と速さがある相手なんだわ)」

黄瀬「まさかこのメンツの全開スタートでも押し切れない相手がいるなんて…初体験かも 正直ビックリっスわーマジ」

青峰「…ああ…サイコーだぜ 相手にとって不足なしだ」

ため息をつく紫原「ハー…だからさ〜…」

その表情を見る黒子「…」

ナッシュ「驚いたぜ 想像以上にやりやがる」

Jabberwock選手「ゲームでリードされたことなんてUSAでもここ最近記憶にねぇ」「日本にもあんな奴らがいるとはな」

ナッシュ「…まぁやるっつってもサルにしてはの話だがな なぁシルバー」

スポーツドリンクを飲み干し握り潰すシルバー「…ああ、そろそろ教えてやるか 力の差ってもんを」

 

第2Qが始まる

紫原がスクリーンをかけられフリーになったシルバーにボールがいく

シルバー vs 青峰になる

青峰「(…! オレとワンオンワンだぁ!?どういうつもりだ…!?)」

シルバー「(別にお前を選んだワケじゃねぇ 誰でもいいんだよ)」

青峰を抜き去るシルバー「オレ様に勝てる奴なんていねぇんだからな!!」

 

kbe3-4

青峰「なっ…(速ぇえ!!)」

若松「バカな…青峰が抜かれた!?」

ダンクに向かうシルバーに紫原がなんとか追いつきブロックに跳ぶ「このっ…」

ボールを捉えた紫原「(ヤッバ…なんだこのパワー…!!)」

しかしシルバーのパワーでぶち込まれる

驚く実況「何ぃー!?全員が天賦の才を持つキセキの世代 その中で最もスピードのある青峰が抜かれ 最もパワーのある紫原がふっとばされたー!?」

観客達も静まり返る「ウソ…だろ…」

シルバー「くっ…オイオイちょっとやる気出しただけでこれかよ?つくづくサルは貧弱でまいるぜ

ケガしねーように気をつけてやらねぇとな!はははははは!!」

紫原「全部は聞きとれなかったけど…ケンカ売ってんのはワカったよ」

青峰「…やろう」

 

続いて赤司のシュートをブロックするシルバー

赤司「(想定外の距離から追いつかれた この瞬発力は…!!)」

既に先頭を走っているシルバー

ナッシュはパスを出す

追いかける黄瀬と緑間

黄瀬「(くっそ…マジっスか!?)」

緑間「(…追いつけん!!)」

シルバー「なんだよそれで全速力か?もうゴールついちまうぞ しょうがねぇな…じゃあ指くわえて見てな!!」

フリースローラインから跳ぶシルバー

驚く一同「レーンアップ!?」

 

kbe3-5

カゲトラ「なっ…しかも…これは…両手持ちの(ボースハンド)ウインドミルダンク!?」

→次のページへ