【ネタバレ】黒子のバスケ 271 感想【注意】

第271Q 百年早い

 

黒子との連携で赤司を抜いた火神

前には根武谷と葉山のディフェンス

木吉「(ゾーンに入った火神のスピードに合わせるには考えていたら間に合わない

考えるな…直感に委ねるんだ!できるはずだ 信じろ!オレ達の絆を!!)」

超速のアリウープを決める火神

残り1分21秒で誠凛98ー103洛山、5点差!!

驚く洛山と場内の観客達

実渕「ゾーンの速さのチームプレイ…なんてまさかそんなことが…」

赤司「(これがあの扉の先…ゾーンを超えたゾーン むしろこれが本来あるべきカタチ…真のゾーンなのか…!!)」

青峰「…チッ やっぱ勝てねーかもしんねーなー オレ一人じゃ…」

桃井「…うん そーだね…大ちゃん」

荻原「帝光の強さは相手の心を折る冷酷な強さだった バスケやめちまった奴もいたしオレもすぐには立ち直れなかった 誠凛は強いけど…勝っても負けてももっともっとバスケが好きになる いつかやってみてーなアイツらと」

 

洛山の攻めに対し、ディフェンスに気合いの入る誠凛

実渕 vs 日向

実渕が天を撃とうとし跳ぶ日向だったがそれはフェイク

日向をかわした実渕はシュート体勢に入る

赤司「パスだ実渕!!そこは罠だ!!」

火神がブロックに跳んでいる為、根武谷にパスする実渕

そこを黒子がスティール!!

火神を中心に超速連携で攻め進んでいく誠凛

指示を出す赤司「日向だ 黛!!」

日向はシュートを撃つが黛がなんとか触りボールはリングに当たり根武谷がリバウンドを取る

誠凛は次の得点を取れば3点差となり充分射程圏内になるためディフェンスに熱が入る

しかし赤司のエンペラーアイで尻餅をつく火神

そしてシュートを決める赤司「いいや…勝つのは…オレだ 洛山(王)を討つなど百年早い!」

 

DSCF8588

残り41秒で7点差!!

誠凛あまりに重い失点…

次回、黒子のバスケ 272 へ!!

 

※以下感想です※

青峰…なかなかいいこと言うじゃねーか…!!

そして一瞬赤司の目が…!?

しかしラスト数十秒は山王戦の魚住のようにシシューと叫びたくなりますね笑

もう残り40秒…ってことはついに次週決着でしょうか!?…いやそれは無いか…

むしろここからが長い…?笑