ジャンプ・東京グール・ワンピース・ハイキュー・キングダム 最新あらすじ/確定ネタバレ注意!!まとめ速報 考察・感想・投稿サイト

【ネタバレ】食戟のソーマ 222 感想【注意】

【ネタバレ】食戟のソーマ 222 感想【注意】

第222話 守りたいもの

 

電話で女木島に断られた創真

えりな「会いに行く?女木島さんに?」

創真「おうっ、電話口で断るって言われただけじゃ納得できねーし 改めて味方になってくんねーか頼んでくるわ!」

田所「あのね、一色先輩に聞いたんだけど 女木島先輩も事情があって北海道へ来てるらしいの…

ここからわりと近くらしいし…行ってみようかなって」

 

えりな「そうね…確かに女木島さんは必要な戦力だわ けれど難しいミッションになるでしょうね…」

創真「へ?」

えりな「ラーメンマスター女木島冬輔…またの名を…

食戟ぎらいの料理人…!」

 

旭川市内…

女木島の元へ向かう創真と田所

田所「えっと…多分ここで合ってるはずだよ 女木島先輩がいるっていう場所…」

創真「何なんだろうな、この集まりは」

店の前には人集り…

*「おい…見ろ 遠月学園の制服だ!」

創真「?」

*「何者だ、お前ら!!」

**「まさか “敵” の回し者じゃねぇだろうな!?」

田所「ひぃあああ!?あの、あの…ごめんなさいぃ」

創真「ちょ、待って下さいよ 敵って誰のことすか?」

*「薊政権…中枢美食機関(セントラル)だよ!!」

創真「!?」

 

見せられた新聞…

*「真の美食?だか何だかを掲げてるセントラルは手始めに、北海道の飲食店から粛清を開始したんだ

“ビジネスパートナーシップ契約” だとか聞こえはいいが 要はセントラルが指示する通りの品を作れっていう命令だよ

それに従わなきゃ食材の仕入れ先に圧力をかけて営業がままならないよう仕組みやがる!

実際問題、すでに閉店寸前まで追い込まれてる店は10や20どころじゃない…!!」

司が言っていた “日本中の料理店を潰すこと…かな” という言葉がよぎる創真

田所「そんな…そんな大変な事が起こってたなんて…!」

*「でも俺らラーメン職人はそんな圧力には屈しねぇ!」

**「あぁ!今まで積み上げてきた味を変えられてたまるかよ」

***「俺らには若がついてるからな!」

創真「わか?」

 

店内の奥では…

女木島「おし…話は分かった まず俺の持ってる人脈を総動員して流通ルートを確保する

 

皆のラーメンは俺が守る どうか踏ん張ってくれ…!」

ラーメン屋達「若!ありがとうございます」「若がいれば百人力…いや千人力だ!」

 

店の中に入れてもらいながら?話を聞く創真と田所

*「女木島冬輔はラーメン道を追求すべく 日本全国で屋台を引き、修行の日々を重ねていた そしてその先々で…

経営ピンチに陥った店を助けたり、ラーメン店同士のいざこざを解決したりする内に 彼の名は全国に広がることとなる

そうしてあれよあれよという間に…

 

日本中のラーメン店主から絶大な信頼を受け、”若旦那” や “組長” などと呼ばれる…ラーメン界の若き王となったのだ!」

創真「(組長て!!ほんとに高校生か、この風格!!)」

**「あの時の恩は忘れられねぇっす…!!先代店主である俺の親父が病に倒れた時…偶々通りかかった女木島兄貴が店を支えてくれたんだ

おかげで店を維持できて…親父も無事復帰できて!」

涙を拭ったその時…

女木島「お前が店を見捨てなかったからさ

 

これからも…親父さんを支えてやれよ 俺も出来る限りのことをする」

大泣きするラーメン屋達「若旦那ぁ!!」「女木島組長ぅう!!」

田所「すごい人脈だね…」

創真「どっかの誰かとは大違いだなぁ」

奥にいる創真達に気付き、渋い顔をする女木島「…」

ぺこり…と頭を下げる田所

創真「どもす」

 

場所を移して話す3人

女木島「電話でも伝えたはずだ、断る その勝負(連隊食戟)…俺の出る幕じゃねぇよ」

田所「で、でも先輩だって十傑第三席を外されちゃったんですよね…?敵の十傑サイドに勝ったら…席次を取り返せるのに…」

ため息混じりの女木島「はぁ〜…」

創真「?」

女木島「俺は勝負ごとは性に合わねぇのに 遠月に入ってから勝負勝負…何でも勝ち負けだ 同級生からも毎日食戟を挑まれたよ」

創真「なんで入学しちゃったんすか」

女木島「そりゃ日本一の料理学校だって聞いたから…

で…あんまりしつこいんで売られた勝負を片っ端から受けてたら…

 

第三席まで上り詰めてた…」

創真「(すげぇ)」

→次のページへ

最新記事を即お知らせ

コメント

4 コメント オン "【ネタバレ】食戟のソーマ 222 感想【注意】"

 
 
表示する順番:   新着順 | 古い順 | 評価順
名無しの伝承者

このエピソード見てたら、女木島先輩には月饗祭の時に山の手エリアではなく中央エリアで店を出してほしかったなと思う。バカ高いラーメンとか出さなそうだし。
紅葉狩りの時はどういうテンションで他の十傑が話すのを聞いてたんだろうか。

名無しの伝承者

創真「えぇえ 色々と無茶だよぉ〜!」w

お前はもう読んでいる

竜胆とは食戟かはわからんけど勝負経験はあるっぽかったよね?
あと唐辛子大量投入が熊肉メンチのときのリスク取りに似てるし実力も竜胆が上で間違いないだろ

お前はもう読んでいる

腕組み状態の女木島パイセンの風格が半端ない

wpDiscuz