【ネタバレ】食戟のソーマ 215 感想【注意】

第215話 肉厚は正義

 

勝利した創真

吉野「ゆきひら 幸平なら!!やってくれると信じてたよぉ!!」

佐藤「ハイタッチだコラー!!」

檻の中の面々とハイタッチしていく創真「お〜!さんきゅさんきゅー!」

そして田所達ともハイタッチしていく

田所「創真くん!」

創真「おうっ」

 

創真「やったぜタクミぃ!」

タクミ「うむ!」

久我「ご苦労であったぞよ」

創真「うす!」

創真は流れでえりなに手を向けるも…

 

腕組みしているえりな「…」

久我「あれあれあれ〜?薙切っちはしないのぉ?」

ぷいっ…とするえりな「べ…べつに必要ないですもの」

美作とハイタッチする創真

 

敗北した紀ノ国に駆け寄っていく竜胆「ねねー!!ねねーっ!!何も言うなー!よく頑張った!分かったからそれ以上、何も言わなくていいぞー!」

紀ノ国「何も言ってないです、まだ」

一色「(さすが創真くんだね

 

では僕も負けずに 僕の戦いを終わらせるとしようか)」

司「はぁ…幸平…やっぱりやるなぁ 助手に欲しかったなー…」

茜ヶ久保「じょしゅ?」

斎藤「…」

舌打ちする叡山

麗「ぐぬぬぅあ…!!くっそがぁああ このカードは悔しい結果になってしまいましたが…!!切り替えていぐぞゴラー!!」

白津「紀ノ国がやられたか でも…安心しろ!一矢報いてみせる!この俺がッ!!」

麗「ぶちかませジュリオ先輩ー!!第2カード!テーマ食材 “うなぎ” !この勝負で一色慧を亡き者にしてぐれやぁああ!!」

 

ちらっ…と十傑の方を見る一色

創真「…?」

竜胆「ふーん…一色のやろー どうやらこの試合…目の前の樹利夫だけじゃなくて

ねねとか…あたしたちに向けて何か…見せつけたいものがあるみてーだぞ?」

紀ノ国「…」

 

白津「一色!悪いがお先に失礼する!!完成したッ!!さぁ、審査員の御仁達!食べて頂こう」

麗「きたきたぁ、先攻は我らが白津樹利夫!!その手が紡ぎ出したイタリア仕込みのうなぎ料理とは一体どんな品なのかー!?」

イストワール「…おぉ!」

シャルム「これは…見事だね…!」

香りをかぐアン「はぁあ…♡ぎゅっと凝縮されたトマトの爽やかさとうなぎの濃厚さが得も言われぬ芳醇な香りを生んでいます…!」

白津「そう…それがこの品だけが持つ最大の魅力!うなぎの旨みや、どっしりとした脂と 芳醇なトマトとの競演…

 

“カピトーネ・イン・ウーミド” だ」

生徒達「うおおおおお!!」「うなぎを濃厚トマトソースで仕上げる品だ!」「ホクホク!ジューシー!!うっまそう〜!!」

創真「ふーむ、見た目と匂いのインパクトはとんでもねーな

ところでカピトーネとかいんうーみど?って何だ?イタリア語でうなぎって意味だったりすんの?」

タクミ「インウーミドは “煮込み料理” を指す言葉だな そして確かにカピトーネはうなぎの意…だが…」

創真「…?」

口に運ぶアン「(これは…っ うなぎの旨みと脂が押し寄せてくる それをオリーブオイルとトマトの風味が鮮やかに引き立てて…!!)」

 

ビクゥン…とするアン「…っ!!完璧です…!!カピトーネを見事に料理しきっている!!」

創真と田所「!!」

一色は特に表情を変えないが…ニヤリと笑う白津

タクミ「カピトーネとは!メスの大型うなぎの事だ!!イタリアではナターレ(クリスマス)から正月にかけて食卓に並ぶ

サイズは大きく肉厚!脂ものっている高級品として扱われる品種だ」

※カピトーネ以外のうなぎは “アンギラ” と呼ばれ、区別される

丸井「確かに聞いた事があるぞ…!身の厚みが普通の品種とは全然違うらしい」

吉野「でもでもぉ!カピトーネを使ったからってそこまでベタ褒めする美味しさになんのぉー?」

→次のページへ

最新記事を即お知らせ