ジャンプ・東京グール・ワンピース・ハイキュー・キングダム 最新あらすじ/確定ネタバレ注意!!まとめ速報 考察・感想・投稿サイト

【ネタバレ】食戟のソーマ 214 感想【注意】

【ネタバレ】食戟のソーマ 214 感想【注意】

第214話 強者たる所以

 

イストワール「なぜこちらの品の方がこれ程までに…より強くそばの風味を感じられるのだ!?」

秘書子「…え…!!」

イサミ「…どっちの品のこと言ってるんだろう…!?」

榊「で、でも…そばの扱いに長けているのはどう考えても紀ノ国先輩よね?

審査員達に時をも忘れさせるほどの至上の風味 一番粉そばと桜エビが織りなす抜群のコンビネーション

そんなそばに打ち勝ってるとは…とても思えないけれど…?」

 

アン「ミス紀ノ国」

紀ノ国「…?」

アン「日本にはこんな言葉があるのです 論から…論…まで…?」

 

パラパラ…と、慣用句辞典などを見たアン「論より証拠です」

創真「(よく見たら料理関係ない本も色々ある!)」

アン「そばの追加分はまだありますね?このそばを食べてみて下さい、ミス紀ノ国」

紀ノ国「…なぜそんな必要が?どうして彼のそばなど」

アン「いいえ、食べてほしいのは貴女の出したそばなのです」

紀ノ国「!?」

吉野「へ?」

田所「…ど、どうして…?」

紀ノ国「(…何だというの 私はいつも通り最高のそばを…)」

自分のそばを食べてみた紀ノ国「えっ…?」

アン「 “いつもと違う” そうですね?ミス紀ノ国

“いつもの自分のそばに比べて香りが立っていない” …それに引き換え、

ミスター幸平のそばの方はストレートに風味が伝わってきますよ」

ザワッ…とする麗と生徒達「!!」

紀ノ国「ばかな…!!」

創真のそばを食べてみる紀ノ国「確かに…私のそばよりも…!でもどうして…?私の調理手順に一切不手際なんてなかったのに…!!」

生徒達「…!?」

 

アリス「…わかったわ、室温よ 幸平クンは “温度による影響” に気づいたの!」

生徒達「し、室温ん!?」

青木「え?そりゃ北海道だし冬だし特設会場だし」

吉野「冷えるのは当たり前だけど…それが何?アリスっち!」

アリス「ここからは化学の講義になります そばの香りのもとになるのは主に揮発性アルデヒド…ノナナールやデカナールといった成分です

この揮発性アルデヒドは周囲の温度が下がると、その “揮発量” が減る という報告があるわ そうよね?葉山クン」

 

葉山「あぁ、揮発量ってのはつまり空気中にその匂い成分がどれだけ漂ってるかだ…これは料理でも極めて重要になる!

特にそばみたいな、風味がものをいう料理は尚更な…

まあ、温度毎のそば香味成分の揮発量変化なんて過去調べられたことはないし、データもないから確証もねぇ

でも1つの “仮説” として…この会場にはそばの香りが立ちにくくなる条件が揃っていた可能性は高い」

イストワール「道理で…!!低い室温や湿度!!この会場はそばを活かすのに最も過酷な地獄だったということか…!!」

アン「ミス紀ノ国のそばは、淡く繊細な風味の混じり合いを味わうものでした だからこそ室温によって少なからぬ影響を受けてしまった

しかしミスター幸平のそばは違いました

あえて熱を加えて、油の匂いや御焦げの香ばしさもすべて皿の魅力にする事で 風味の立ちづらさをカバーしたのです!」

紀ノ国「な…な…!!そんなのただの偶然ではないですか!!たまたま彼が三番粉を手に取っただけで…」

一色「いや…こうなったのは偶然じゃないさ なぜなら創真くんはこうなることを最初から予測していたんだから」

紀ノ国「…!?」

一色「だよね?創真くん」

創真「そっすねー 温度が原因だったとは分かんなかったですけど、試合始まってそば粉を選んでる時なーんか違和感あったんすよね

 

実家や遠月の授業でそば粉さわった時に比べて…なんか匂いがグッとこねーなぁって

だから油で焼きたいと思ったんすよ そばの風味をさらに強化した品を作るためにね

ただ一番粉じゃ “焼く” って工程に耐えられないかもしれないから、香りの強い三番粉なら!と思ったんす

そうすりゃ風味が立ちにくい状況だったとしても…

 

審査員の人達にそばの美味しさをしっかり感じてもらえるでしょ」

固まる紀ノ国や生徒達

創真「…?あれ?なんかおかしい事言ったっすか?

あ!つーか俺にも先輩のそば食わせてもらっていいすかね 俺のそばもどんどん食べていいすから!」

→次のページへ

最新記事を即お知らせ

コメント

54 コメント オン "【ネタバレ】食戟のソーマ 214 感想【注意】"

 
 
表示する順番:   新着順 | 古い順 | 評価順
名無しの伝承者

コレだったら普通に相手の得意分野に合わせる必要無かったな…むしろ別の料理でこの見解ならまだ納得できたけど(

でもお前らじゃこの2人よりうまい蕎麦つくれないよな

名無しの伝承者

十傑だろうと十代のガキやぞ。
気付かないこともわからないことも多々あるでしょ。

技術は一流だけど精神が成熟してないなんてよくある話じゃん。
大舞台でポカやらかすなんて珍しくないし、北海道でざる蕎麦なんてありえないとか以前に、気温なんか関係なく私の蕎麦はうまいっていう慢心して負けただけ。

名無しの伝承者

うんこ漫画を擁護する糞レス
うーんこの記事最高!

ツイッターで「ソーマ」って検索したらサジェストで「酷い」って出たの笑った

名無しの伝承者

今まではアンチすらコメしないほどのクソ展開だったんだし50コメ近くなってるんならある程度盛り上がってるしいんじゃね?
もしくはキッズが湧いてるのかw

名無しの伝承者

アンチが正しいのか擁護が正しいのかは知らんが長文が頭悪いのはわかる(笑)

茶番の一言で済むのにな

名無しの伝承者

自称そばに詳しい方々がものすごい語ってて草生える

名無しの伝承者

アリスとの弁当対決と同じような展開だけど、負け方がアリスより悪いよね
普通に考えて、真冬の北海道で白い息吐きながら“ざる蕎麦”はねーだろ
212話の扉絵の“天ぷら蕎麦”出せば良かったのになー

相手のアホのおかげで主人公が勝つ展開、すごい萎える

名無しの伝承者

口だけなら俺はノーベル賞候補だの金メダリストだのなんとでも吠えられるわな
あ、俺も今思い出したけど実家は年商ウン十億の会社経営してるんだったわー(棒)
信頼できるソースや証拠を示さないと何も信用されないという典型例

名店じゃない店もやってる=素人という短絡的な考えも分からない
名店もそうじゃない店も普通にやってることって意味なんだけど

まあ、そういうのを抜きにして仮に寧々が手の感触で粉の状態が分かる天才だったとしようか(そんな描写ないけど)
風味や香りの変化は分からないけど、手の感触でいつもとの違いに気付いたとしよう(そんな描写ないけど)
違いに気付いてたのに、いつものそばを作って「いつも通りにはいきませんでした なんで?」って馬鹿すぎないか?
まあ描写が無いから気付いてすらないんだろうけども

名無しの伝承者

↑うち実家がそば屋やってるけど、そうやって変わったのもわかるしわざわざ計らなくても調整できるよ

検索したら出てきた、名店じゃなくてもやってるってつまり素人はそうしてますってことじゃんw
ついでにネットに書いてあったの方がよっぽど知ったかだと思うよ

名無しの伝承者

寒さとそばの香りの関係についてはデータもないし確証もない。
(室温の低さが原因かはわからないけど)何らかの要因で香りが立ちづらくなっていた。

つまり寧々が寒いの気づいてたとして温度管理もしっかりしてたかもしれない。ただそば粉の変化に気づかなかっただけ

名無しの伝承者

そば粉の種類、天気、気温、湿度、自分の体温でもそばは出来が変わるから温度計や湿度計を見ながら粉や加水量を微調整するってのはちょっと検索すればザラに出てくる話なんだが
しかも、名店じゃない店でもやってるらしいし
職人なら手の感触で分かるとか知ったかぶりで適当な擁護するのはやめなよ

もっとおはだけ?女性の裸がみたい(о´∀`о)
内容も面白いし女の子はかわいいし( ☆∀☆)もっとお色気カモン

その場にいて風味に影響する程の寒さに気付かなかった寧々の死体蹴りはやめてさしあげろ

名無しの伝承者

分かってなかったのは香りで、手の感触ってのは食感とかだろ?

名無しの伝承者

十傑の一芸に秀でているとはなんだったのか

名無しの伝承者

>気温や湿度だって職人だからこそ気にしなくても手の感触で分かっちゃうわけで

分かってなかったからいつも通りの品が作れず負けたんですがそれは・・・

名無しの伝承者

北海道住んでたから分かるが、確かに東京より室内は温かい。だがな、アリーナとかの広さになると、大会とかで人たくさんいても普通に寒いとこは寒い
室内で白い息出るし、ストーブや温かいエリアを用意はするが、全体的には寒い。だからソーマのそばのくだりは現実でもそうなるで
北海道で食う温かいラーメンが美味いしな

wpDiscuz