【ネタバレ】食戟のソーマ 193 感想【注意】

第193話 宣戦布告

 

タクミ「十傑評議会メンバーの…過半数を奪うだって!?」

創真「おうっ 葉山が退学になっちまったんなら席がひとつ減って全部で9席だろ んで薙切が元々ひとつ持ってるから…

って事はあとあと4つ!あと4つ奪っちまえばいいんじゃね?

 

ss193-1

生き残った俺達で!」

えりな「…!」

 

おろおろ震える田所「私が…十傑の人を倒す…ってこと…?むむむ無理!無理だべ創真ぐん〜!そ…想像もできねぇだ〜!!」

創真「なに言ってんだ 田所ならいけるってーがんばろーぜー」

タクミ「待て待て幸平!席次を奪うという事は…つまり食戟を仕掛けるという事か?」

けろっと言う創真「ん、たぶんそーなるな」

タクミ「堂々と言うな!キミは忘れたのか?食戟は対戦者同士の合意がなければ成り立たないという事を…!

いくらオレ達に勝負を制す自信があるとしても、食戟ができなければ意味がないだろう セントラル側にそんな勝負を受けるメリットなどあるはずもない…」

創真「う〜む…」

田所「(やっぱり2人とも勝つ気満々なんだね…)」

創真「おし、じゃあとにかく相談だな」

田所「え?」

 

竜胆の控え室を訪ねる創真「あのーすんませーん、十傑の座くださーい」

 

ss193-2

飲んでいたお茶を吹き出して大笑いする竜胆「ぶふぅー!!あっはっは あいかわらず突飛だなお前ー まさか今の状況でそう来るとはさ!

けど流石にそりゃ無理だぜ?確かに面白いけどさー」

創真「えー、何とかなんないすかね… そこをなんとか!」

えりな「…」

竜胆「薙切ちゃんもまぁ…どんまい!お友達のことは諦めてくれよなー …薙切ちゃん?」

えりな「確かに…幸平くんの案はさすがに非現実的だわ…」

創真「そんなのまだ分かんねーじゃんかー!」

えりな「だとしたら…外聞なんかもう構っていられない

私から…緋沙子たちの退学を取り下げてもらえるようお父様にお願いすれば 聞き入れて下さるかもしれない…!」

竜胆「…!」

えりな「待っててみんな…私、今すぐお父様のいらっしゃるところに…!!」

 

走り出そうとしたえりなだったがすぐに立ち止まる

えりな「…どこにいらっしゃるのかしら…」

田所「えっ さ、さぁ…」

タクミ「東京にいるんじゃないのか?」

竜胆「…薊そーすいなら今ちょうどここに来てるぜ」

目を見開くえりな「この…会場に…!?」

竜胆「進級試験の各会場を回って状況視察してる最中なんだ 話したいなら急いだ方がいーぜ…多分まもなくプライベートヘリで次の会場に飛びたつ時間だ」

 

屋上のヘリポート

 

ss193-3

今まさに乗り込もうとしている薊

そこに…

間に合ったえりな「お父様!!」

振り返る薊

えりな「あの…お父様…」

薊「何だい、えりな まだそんな連中と一緒にいたのか?あと数日中にはそこにいる者達ももれなく退学になる、いい加減見限りなさい

…まぁ、フリーダムな試験を行う者さえいなければだが 小林、次の会場では君は謹慎しててもらうからね」

竜胆をギロッと睨む薊

竜胆「だってーあたしが蹴落とさなくたってどーせいずれ誰かが蹴落とすもんー」

えりな「…お…お父様!その…三次試験で不合格になった生徒たちですが…どうか…どうか皆に…寛大な処置をお願いしたく…

どうかお願いしますお父様…!!皆を…っ アリスを…緋沙子を…返して下さい!!」

頭を下げるえりなだったが…

→次のページへ

最新記事を即お知らせ