【ネタバレ】食戟のソーマ 192 感想【注意】

第192話 乱舞

 

三次試験を合格したえりな

遠藤「いやはや素晴らしいお手際でした!」

広井「流石です!んもう流石ですぅ!!」

えりな「お退きなさい」

2人「ひいいぃ」

 

走り出すえりな「(皆は…!?皆の試験結果はどうなったの!?)」

 

ss192-1

創真の元に到着したえりな「幸平くん…か…勝…った…のね…?」

汐見「あ…薙切えりなさん」

 

創真「おー…なんとか雪辱を果たしたって感じだわ 何だ?走ってきたのかよ薙切ぃ、髪わしゃってなってんぞー」

ほっとしたえりなだったが創真の言葉にハッとして、さささっと髪を直していつもの様にキリッとしてみせる

えりな「ま…まぁ?皆で進級すると決めたのだから当然ですけどね!葉山くんも…これに懲りたらセントラルの片棒を担ぐなんて事はもうやめることだわ!」

創真「そうだそうだ葉山ぁ!さっき言ってたのはどーいう意味だよ

“それだけで救われた” …って セントラルなんかやめちまってもう普通の生徒に戻りゃいいだけだろ」

葉山「…」

そこに…

「それについては私から」

創真「…?」

 

ss192-2

現れたのは薊の側近・相田ショーン「失礼しますよ 薊様の側近を務めている者です

えりな様…あなたが家出なさったせいで味見役の仕事をキャンセルするのに私が頭を下げて回ったんですよ…

まぁいいんですけどね…あの薊様のご息女だし、私なんかが何言っても聞かないって事はわかりますしね…遺伝的にね…」

大きなため息をつく相田

汐見「あの…!何の用…ですか?葉山くんが何か…」

相田「葉山アキラ、わかっていますね?」

葉山「…あぁ」

相田「先ほどの勝負の結果をもって、葉山アキラは退学となります」

えりなと汐見「え…!?」

汐見「ちょっ…葉山くんどういう事!?」

葉山「そういう契約だったんだ 薙切薊の要望を満たせなけりゃ学園から去る…ってな

研究機関を存続させるという報酬に目が眩んで幸平達を裏切ったんだ このくらいの報いは仕方ねぇよ」

汐見「そんな…!」

創真「…」

相田「他ルートの結果についても報告が来ていますよ…聞きますか?」

 

斎藤に敗れた秘書子「(えりな様…申し訳…ありませんッ…!!)くぅううううっ!!」

茜ヶ久保に敗れたにくみ、司に敗れたイサミ…

そして吉野と榊も敗れ…

さらに…

黒木場「くそがぁああー!!」

 

ss192-3

アリス「くぃいっ…!!うああああ〜っ!!」

続々と退学が決定…

 

えりな「…!!なんて事…!(皆…!!水戸さん…緋沙子…アリス…)」

唇を噛みしめるえりな

そこに…

竜胆「おーお前ら、よそのルートのことばっか心配してていいのかよー?」

創真「竜胆先輩…!?」

竜胆「あるでぃーにと田所ちゃんの相手…このりんどー先輩だったんだぜ?」

えりな「…!!」

絶望的な表情のえりなは駆け出す

創真「薙切!」

えりな「(うそ…うそよ…!!)」

 

厨房にいる田所とタクミの元に到着したえりな

…2人はポカーンとした顔をしている…

えりな「!? あれ…? ふ、2人とも結果は…?」

タクミ「いやそれが…」

 

その時の模様…

竜胆「じゃあ頂くとするぜー…あるでぃーにの皿をなぁ…!」

タクミ「…」

 

ss192-4

一口食べた竜胆「うまいっ!」

タクミと田所「?」

竜胆「はい次!田所ちゃん!」

田所「え!?え…あ は、はい!」

 

ss192-5

田所の料理を口に入れた竜胆「…う〜む…こっちもうまい!うん!良い!2人とも合格なー!」

田所「は、はぁ…」

→次のページへ