【ネタバレ】食戟のソーマ 188 感想【注意】

第188話 第1ラウンド

 

料理を完成させた葉山

中華研部員達「うおおおおっ!!」「これが…香りの名手・葉山アキラの創り上げた熊料理…!!」

 

ss188-1

創真「 “フライドベア” …! 葉山ー!俺の分はぁ!?作ってくれるって言ったろー!?」

葉山「うるせえな、黙って座ってろ!!ほら…食って納得したら学園から出ていけよ」

 

創真「…どこまでも眼中にねーってツラだなオイ」

顔も向けずに言う葉山「ずっとそう言ってる もう立場が違うんだ…弁えろよな」

部員達「自信満々…ですね」「葉山アキラも熊肉に対して臭みと旨さの綱渡りをしたはずなのに…」

久我「そだね まずは臭み抜きのバクチに成功してるのかがポイントだけど…多分考えるまでもないだろうな」

宗衛「早速実食だ」

フライドベアに視線を奪われているベルタとシーラ「う、うん…」

手で持つ創真「あちっ…あちち…」

よだれを垂らすベルタとシーラ

シーラ「う…うぅうっ 創真さんの品もすごかったけど…こ、これも…」

ベルタ「う、うん…!正直はやくがぶりつきたいよぉ…!」

創真「(きらきらと眩しいほどの衣の照りと軽やかさ!衣の水分がしっかり抜けてカラッと、でもジューシーに揚がってる!

さすが葉山のヤロウだ…調理の腕は疑いようもねぇ!おし…一気にパクッと…)」

かぶりつこうとする直前でビクッ…と動きが止まる創真

ベルタとシーラも手に持った状態で小刻みに震えている「う…うそだぁ…何これ…!」

「(口に近づけるだけでスパイシーな香りがジンジン響いて 意識が薄れちゃうよお…っ!!)」

宗衛「頂こう!!」

 

ss188-2

かぶりつく一同…

 

ss188-3

はだけるシーラと創真

ベルタ「こ…この美味しさはぁーっ!!」

 

シーラ「くぅうっ…ダメ…だよ…ベルタっ!気をしっかり!」

ベルタ「えぇ、シーラ…っ 落ち着いて…分析しなきゃ!えぇっと…

(この鼻にピリリと抜ける辛さはブラックペッパーに含まれる成分 “ピペリン” !

パプリカパウダーを加熱した事で生じた “ピラジン” の香ばしさと相まって風味の土台になってる…!

熊肉の獣臭さを打ち消しているのはタイム…! “チモール” というシャープでツンとした香りの成分が作用して…

えぇっと…それから…カイエンヌとオレガノの…オレガノの…)

うあああっ!!もうダメ…!理性なんかふっとんじゃうもん〜!!」

もう一口かぶりつくベルタ

宗衛も二口目をいっている

宗衛「(絶妙…っ!!熊肉の匂いは全て強烈な旨さへと変貌している!!複雑に構築された旨味と風味の重層感…これは間違いなく…)

幸平創真の品を凌駕している!!」

創真と久我「…!!」

ベルタとシーラは凄い勢いでがっついている

葉山「熊肉とケイジャンスパイスを始めとした香辛料と塩で風味付けしてから衣をたっぷりと厚めにつけて揚げた

マリネする際、スパイスグラインダーで潰して香りを立てたジュニエーヴルも使用している

噛めば噛むほど上質で甘さすら感じさせる熊の風味が怒濤の波のように広がっていくはずだ」

部員達「ぐぅう…!!なんだと!?」

→次のページへ

最新記事を即お知らせ