【ネタバレ】食戟のソーマ 187 感想【注意】

第187話 爆ぜよメンチカツ

 

熊肉のメンチカツを完成させ、先に皿を出した創真

シーラ「うわぁぁっベルタぁ…あの人 意外とテクニシャンかも…!」

ベルタ「そうねシーラ…!からりと過不足なく揚がってて…必須脂肪酸の輝きで視神経が喜んでるよぉ」

よだれを垂らす2人

 

創真「おうっ!葉山の分は食う直前に揚げてやるからよー 手が空いたら声かけろよ!な!」

葉山「ほんとに人の話聞かねぇヤロウだな いらねぇっての」

久我「幸平ちん…これが完成品なんだね」

創真「うす!そうっす!試作品の熊肉ハンバーグをベースに改良を重ねて、衣をまとわせメンチカツへと変身させました

 

ss187-1

これが今、俺の創れる 熊肉を最高に美味しく味わわせる皿っす!!」

堂島「では宗衛殿、ベルタ・シーラ殿 さっそく実食を!」

宗衛「うむ」

中華研部員達「さぁ…味はどうなのだ!?」「葉山アキラに勝てるか…どうか!!」

堂島「(いや…それ以前に…幸平は己に課した “賭け” に勝てたのだろうか?

熊肉の風味を全て逃さず衣で包みながら しかも一切臭みは出させないというギリギリの格闘!!

その綱渡りは果たして成功しているのか!?かぶりついてみない事にはわからない…!!)」

ベルタとシーラ「(熱々を今すぐ味わいたい!…でも中身が果てしなく臭い事になってたらどうしよう…)」

シーラ「私躊躇しちゃうよベルタぁ…」

ベルタ「う、うん…私もよシーラ」

宗衛「幸平創真 紙ナプキンをもらえるか」

創真「!」

ベルタとシータ「な…ナッサン!?まさか…」

部員達「おぉ!!手掴みでかぶりつくおつもりか!」「お…男らしい!」

宗衛「無作法か?」

創真「いえいえーメンチカツの食い方はそうでなきゃ!わかってますねぇ 思いきりガブリとイッちゃって下さいよ」

宗衛「頂こう」

 

ss187-2

口を大きく開けてかじりつく宗衛

びくっとするシーラ「(イッたー!!) …っ わ、私も食べる!!」

ベルタ「じゃ、じゃあ私も食べる!!」

 

宗衛と同じように紙ナプキンで掴む2人

シーラ「いひゃっ あつつ…」

ベルタ「ふうふう」

2人「せーの…」

かじりつく2人

部員達「(どうだ…どうなんだ!?賭けの行方は!?)」

服がはじけて恍惚の表情を見せる2人

シーラ「ふぁあ〜…!!」

ベルタ「な…何これ 美味しいよぉ〜っ!!」

どんどん食べ続ける2人「(強く甘い肉汁が口の中に溢れて刺激してきて…脳が震える旨さ!!

酸っぱさ・苦み・甘み・辛さ・塩っ気…五味子が持つ複数の風味によってバランスよく熊肉の匂いを旨さへと変えているんだ!)」

シーラ「こんなのコクの往復ビンタだよぉ!!でも獣臭さは全然出てない…!」

宗衛「全くその通り…美味しさと不味さとの分水嶺ギリギリだ しかも彼は我々の想像をはるかに越える危険な博打に挑んでいたぞ」

ざわつく部員達「え…!?」「ど、どういう意味ですか!?薙切宗衛殿!」

宗衛「幸平創真…君は熊の “骨” に近い部位の肉を怖れる事なくふんだんに使用したな?」

ニヤリと笑う創真

堂島「なるほどな…」

部員達「堂島殿…!?」

→次のページへ

最新記事を即お知らせ