【ネタバレ】銀魂 557 感想【注意】

第五百五十七訓 あの頃の悪ガキ

 

『桂浜の龍 坂本辰馬』

『狂乱の貴公子 桂小太郎』

『白夜叉 坂田銀時』

 

河上「(かつて 晋助とともに攘夷戦争を戦った伝説の男達がー)」

「(なぜここにー)」

冒頭は勢揃いした銀時達に思わず驚くような河上の描写から

 

銀時「案内ありがとよ」

信女「早く行ったほうがいい」

そして銀時達の背後にはどうやらここまで案内してくれた様子の信女

信女「ー喜々がこちらの動きに感づいた 彼の頭にはもうあなた達に復讐することしかない」

「地上(こっち)は私が引き受ける あとはあなた達で何とかして」

との信女の言葉通りどうやら既に港の中には銀時達を探してまわる男たちの姿が

新八「信女さん…」

 

背をむけ歩き出そうとする信女

が、ひとつだけきいていい?とここには松陽の弟子としてきたのかそれとも高杉の仲間としてきたのかと背中越しに銀時へと問いかけていく

 

銀時「……頼まれれば何でもやんのが万事屋さ」

 

そして銀時の方もまた同じく、背を向けたまま一つきいていいか との言葉を続ける

「ーお前は松陽の弟子としてオレたちに力を貸したのか それとも高杉の仲間として手を貸したのか」

 

信女「……似てたから」

間には佐々木の横顔

「間延びした 顔が」

 

gta5574.jpga

 

 

歩き出す両者

信女「バカね」

銀時「ああ 俺も…お前もな」

 

桂「ー銀時…」

坂本「役者は揃ったな」

 

gta5571.jpga

 

「出港じゃああああ!!!!」

 

虚「ー快援隊?」

朧「坂本辰馬 過去髙杉らとともに攘夷戦争を戦った四天王の一人」

「この男の私設艦隊に桂達も加わった連合艦隊が地球を発ったとの報告がー」

場面はあの拠点にいる様子の虚たちのところへ また先の戦闘において鬼兵隊の残党を救出したのもやつらのしわざだ との目星もやはりつけている様子

虚「ーなるほど」

「旧友を救うためかつての仲間が再び集ったと」

「やはり最後まで私に抗うのは」

「松陽の弟子(きみたち)ですか」

 

河上「そなたら 一体どういうつもりでござるか..!」

「なぜ鬼兵隊(せっしゃたち)を助けた そなたらはとうの昔に晋助と袂を分かったはず」

「それが何故今…宇宙(ここ)に集った..」

場面は既に宇宙へとあがったところ銀時達の船内へ

 

坂本「高杉と喧嘩しよったは銀時とヅラだけぜよ こいつらは昔からそうじゃ目的は一緒なのにやり方云々でいつも揉めよる」ガッハッハ

桂「宇宙をプラついていた貴様にはわからんのだアイツが一体何をしたのか!」

「銀時教えてやれ!アイツが今まで行った悪行の数々を!!」

銀時「高杉の悪いところがひとーつ高杉の悪いところがふたーつ高杉の…z~z~」

と寝始める銀時

「見ろォ!!悪い所ありすぎて寝ちゃったよ!!」

そして桂はそんな悪の権化のような男にお前は手を貸したのだ とつづけて坂本へと声を大にする

桂「逆にアイツを助けるに足る理由 いい所が存在するか数えてみせようか!!」

「高杉のいい所が…一z~」ドサァ

 

gta5576.jpga

 

「いい所も沢山あるんかいィィ!!」

 

といったやり取りをしつつ「結局あんたら眠たいだけでしょ!!」と新八がツッコむも

その横では曰くこれが武士の嗜み、戦が始まれば眠るまもなくなるため戦前は奴らの如く体力を温存するものだ と言いつつ「おぼろしゃああ」と吐く坂本

新八「いや船に乗ってるだけで体力消耗し続けてるアンタに言われたかないよ!!」

 

陸奥「ー春雨側からリークがあった」

「近く第七師団と鬼兵隊の掃討作戦が行われると わしのツテからの確かな情報だー」

そうこう騒いでいるとこの間の件については内部からのリークがあったからだ と陸奥が河上へと語り始める

どうやらその春雨内部からのリーク情報を得たあとはそれを元にあくまで坂本の指示で動いただけだという

まただれが情報を漏らしたのか それは知る必要はないが、高杉が生きていることだけは確かだとのこと

→次のページへ

最新記事を即お知らせ