【ネタバレ】進撃の巨人 66 感想【注意】

願い

冒頭から 手に刺さったトゲをフリーダに抜いてもらうヒストリアの回想

同時に ユミルと出会ってからを振り返っている様子

優しくトゲを抜いてやるフリーダ「ーありゃあ…見せて 何これ?木のトゲ?ー」

「え…?柵を越えようとしたの?」

「…ダメでしょ?柵の外にでちゃ….」

ユミル「なぁ…お前…いいことしようとしてるだろ?」

豹変するフリーダ「柵の外に出るなって 言ったでしょ!!!」

 

ロッド「どうしたヒストリア….怖いか?中の液を体内に押しこむだけでいいんだぞ?」

追い詰められながらも迷っている様な表情を浮かべるヒストリアに迫るロッド

ヒストリアは注射をうつ寸前でその手が止まっている

 

ヒストリア「お父さん…. どうして姉さんは….戦わなかったの?」

 

距離を取りつつ伺っているケニー「根性ねぇなヒストリア…さっさとなっちまえよ この世界の支配者に…」

ヒストリアは どうして人類が巨人に追い詰められてから100年もの間

レイス家が全ての巨人を支配する力を持ちながらも巨人を排除し人類を開放しなかったのかとロッドに尋ねる

ヒストリア「ー思い出したの」

「姉さんは..時々人が変わったみたいになってた… 何かにとりつかれた様に…私達は罪人だとか言って…」

そしてその後は決まってずっと何かに悩まされてるかのように ひどく落ち込んでいたという

「それは…失われた記憶を継承するからなの?初代王の思想も受け継ぐという….」

ロッド「そうだ」

「この壁を創った初代レイスの王は 人類が巨人に支配される世界を望んだのだ」

一瞬目を見張るヒストリアとエレン

初代王はそれこそが真の平和だと信じているが それが何故かは分からないという

ロッド「ー世界の記憶を見たものにしか」

そういってロッドはヒストリアの腕を掴む

ヒストリア「!」

ロッド「私も知っている….王の思想を継承した父がどうであったか…ー」

かつてロッドは弟と共に 父に対して何度も何度も巨人から人類を解放することを訴えたのだという

しかしそれが叶うことはなく 理由も決して明かしてもらえなかったらしい

「ーやがて父がその役目を子へと託す時が来た 弟は継承を買って出る代わりに私にあることを託した

どうか祈ってくれと」

「私は巨人の力を受け継いだ弟の目を見て その意味を理解した

この世界を創りこの世の理を司る 全知全能にして唯一の存在へと弟はなったのだ

それをなんというか分かるか?」

「神だ」

「我々はそれを 神と呼ぶー」

全ての災いには意味があり 人類が滅ぶ定めか生きる定めにあるかは神に委ねられる

自分の使命は神をこの世界に呼び戻し 祈りを捧げることにあると語り続けるロッド

「説明が足りなくて悪かった…しかし…我々に他の選択肢が残されているか?」

 

ヒストリア「(….ない)」

幾分おちついた様子で静かに考えるヒストリア

「(どのみちエレンの中に王の力があっても人類に望みはない…でも私は姉さんや歴代の継承者の様に

初代王の思想に支配される…)」

ヒストリアの腕を掴んだままのロッド「祈っているよヒストリア…神は人類を導いてくれると」

ヒストリア「(そう….祈ることしか出来ない」

あいまに途切れ途切れにユミル言葉が入る

ユミル「クリスタ お前の生き方に口出す権利は私にはないー」

ヒストリア「(神を宿す….それが私の使命…)」

ユミル「だからこれはただの…私の願望なんだがなー」

ヒストリア「(そして…お父さんが望む私の姿….)」

注射をうとするロッド「さぁ…」

 

ユミル「お前…胸張って生きろよ」

 

パリン

 

ヒストリアがロッドの腕を払いのけた拍子に落ちた注射器が割れる

驚き固まるロッド

ロッド「ヒストリア!!!!!!」

 

IMG_0735

顔色を一変させてヒストリアに掴みかかるロッドだったが勢いよく投げ飛ばされてしまう

ヒストリア「何が神だ!!都合のいい逃げ道作って都合よく人を扇動して!!」

「もう!これ以上…私をこ○してたまるか!!」

 

IMG_0736

 

ヒストリアはロッドのかばんを拾い上げエレン所へと駆け出していく

ケニー「ハハハ… いいぞ!お前ら!!おも知れぇ!!」

エレン「オイッ…ヒストリア!?」

→次のページへ

最新記事を即お知らせ