【ネタバレ】絶対可憐チルドレン 473 感想【注意】

473rd sense. 継承(5)

 

カガリの体が明に奪われ…爆発を起こされる

澪「カ…カガリ!!」

カズラ「ちがう!あれはカガリじゃないわ!!」

 

パティ「人格交換能力… “リプレイス” ね…!?」

爆発により服が半分ほど破れている3人

 

明「そう、”ザ・ハウンド” 宿木明だ、よろしくな

この念力発火能力者(パイロキネシス)は俺が制圧した もうお前らに勝ち目はない」

カズラ「どうかしら、体を奪ってもカガリの力を手に入れたことにはならないわよ 能力を扱う経験と技術がない奴なんか怖くない!」

そこに…

起き上がった3人

ナオミ「クク…勝負あったみたいですね?」

バレット「…まあこっちもこの状態なわけだが」

ティム「いや、でも女子のダメージグラフィックというご褒美は見れた!」

ナオミも服が半分ほど破れ、男2人はほぼ全て破れている…

パティ「ふん、このくらいのダメージ…再構成すれば修復できるわ!」

女子みんなの服を修復するパティ

ティムとバレット「敵の服まで修復すんなよ!!しかも男子は放置かよ!?」

明「お前の言うことはもっともだが…少なくとも “リプレイス” の扱いには長けてるぜ?

お前らの中で1番厄介なのはこいつだと踏んで奪ったんだ 粒子化能力と発火能力を同時に封じて…その次は…

 

人質をとるのさ、◯しはしないが二度と戦えない体にはしてやれる 友達が自分の能力で火だるまになるのを見たくなければ投降しろ」

カズラ「なんて卑劣で邪悪な能力!!ブラックファントムになるために生まれたような奴だわ…!」

明「いやちょっと待て、その言い方はなんか傷つく こういう使い方は今回初めてだし」

 

カズラ「く…」

追い込まれた表情を見せるカズラだったが指先を…

明「さあ、どうするか早く…」

突如、元に戻った様子のカガリ「…!? はっ、カズラ…!?」

気付いてないカズラ「スキあり!!サイキック…

 

音速お仕置き(ソニック・スパンキング)!!」

触手の鞭で打たれるカガリ「ぶぎゃっ!!」

カズラ「どお!?私の能力 “ストリング・スタイル” は亜音速で攻撃できるのよ!!カガリに手出しするヒマは与えない!!

もう一丁!!トドメよ!!」

カガリ「待て、カズラ!!俺だ!!元に戻っ…」

股間を打たれるカガリ「だああッ!!」

カズラ「え」

 

場面は外のザ・ハウンド

明を抱えて走っている初音

明「な…何すんだ、初音!!せっかくもうちょっとで…

急に本体を動かしたらリプレイスのリンクが切れる!!」

初音「それどころじゃない!!兵部京介か、その仲間を誘い込む作戦だったけど来たのは…

 

“ザ・チルドレン” !!」

明「それが何だよ!?あいつらだって兵部の仲間だし、いくらレベル7でも今は皆本さんはいない!勝てない相手じゃねえよ!」

初音「いやダメ!!なんかヤバい!初音の本能がそう言ってる!!」

→次のページへ