【ネタバレ】絶対可憐チルドレン 464 感想【注意】

464th sense. カタストロフ(2)

 

バベルに潜入した皆本・チルドレン・兵部達

扉の前には数人の黒服が立っているが…

黒服「ん?」

足元に水が流れている…

 

黒服「なんでこんな所に…」

そこに大量の水が流れてきて溺れる黒服達「ぐ…息が…」

 

それはヒュプノで見せていた幻…

 

zc464-1

悠理「制圧…完了です。」

一応、銃を構えていた賢木「襲撃された事にも気づかないまま一網打尽か、ヒュプノってのはすげえな」

兵部「相手にもよるさ、こいつらはおそらくブラックファントム企業傘下の警備会社に所属する傭兵だ

バベルの職員でも自衛官でもない、仕事の目的は金だけなのさ

理想や信念を持たない奴らにヒュプノはことさらよく効く 目に映る状況に対して、うまく立ち回って得をする事しか考えないからだ」

悠理「でも…人間の多くはそういうものです だから父と兄は組織を大きくできたんです」

皆本「…いつまでも思い通りにはさせないさ、それより…蕾見管理官がこれを予想していなかったはずがない あっさり侵入を許したって事は…」

松風「待ち構えてますね」

賢木「だろうな」

薫「葵の空間把握能力でドアの向こうの状況は見えない?」

葵「それが…このエリア、ECM(超能力妨害装置)が働いてるんやろ?でもみんな普通に超能力使えてるやん?」

松風「そりゃ…ECCM(超能力妨害対抗装置)を持ち込んだからな」

皆本「ECMは波長の調整で “穴” を作れる 管理官だけが超能力を使えるようになってるはずだし

こっちもECMを使って “穴” を完全に塞げば銃撃戦をやるしかなくなる」

葵「せやのにどういうわけかウチだけ超能力が使われへんみたいやねん」

 

皆本「! 兵部…?テレポートは使えるか?」

兵部「待て」

 

zc464-2

試してみた兵部「…ゴッデスの言う通りだな テレポートだけがECCMでも解放されてない」

葵「超感覚の空間認識も使われへん どういうことやろ?」

皆本「テレポートが高度でデリケートな能力だから、デジタル念波が入り乱れる環境の影響を受けてる…?いや…

意図的にテレポートだけを妨害されてる…?ならその目的は…」

松風「僕らの退路を封じてる…?」

賢木「あまり…おもしろい状況じゃねーな」

葉「だとしてもここまで来てケツまくる手はねーだろ 要は勝ちゃいーんだよ、そうすりゃ逃げ道の心配なんかいらねえんだ」

薫「…(たしかに、ばーちゃんを取り戻すのがあたしたちの目的だし…でも…なんだろうこの…イヤな感じ

あたしは予知能力者じゃないし これって…ただビビってるだけ…?)」

その時…

扉が開く…

 

zc464-3

中からは…桐壺と柏木

桐壺「やあ よく来たネ、君達 勢揃い…か」

柏木「ここにいるはずのない人たちまで….フフ…いい度胸だわ」

皆本「局長!」

薫「柏木さんも…!」

→次のページへ