【ネタバレ】極黒のブリュンヒルデ 138 感想【注意】

一番大切なもの

黒服「神族の受精卵を返してもらおう」

美樹「…何のこと?」

 

黒服「茜がヘクセンヤクトの一員だということは既に判明している そして…茜があの日胚を持ちだしたこともなー」

ヘリの操縦席に座り 奪ったを受精卵を返せと美樹に迫る黒服

そこで 胚は事故で失われたのだと言い返す美樹だったが黒服曰く胚の容器として使われていたシリンダーは車両火災程度では破壊されることはないというしろものだという

美樹「だからそんなもの知らないって言ってるでしょ!?」

緊張の色を出しながらも強気な態度で黒服の要求ををつっぱねる美樹

黒服「….そうか」

 

美樹「ちょっ!!」

「何するの!?」

突然操縦桿をにぎり 空中でのヘリの姿勢を傾ける黒服 これ以上機体を傾ければヘリは墜落する命をおとしたくなければ胚のありかを教えろと美樹を脅す

黒服「ー別に俺は今更○んでも構わん」

「胚の喪失は九所長の所で情報が止まっている もし所長が高千穂に報告したらとんでもないことになるぞ

お前らを探すためにヘクセンヤクトに所属すると思われる元研究員の家族を三親等くらいまで拷問・○害くらいはする連中だ」

「今ならまだ間に合う!!九所長の元に胚をかえすんだ!!」

激しい剣幕で美樹に迫る黒服

 

美樹「ーあんた何いってんのよ!!九所長はもうとっくに○んだでしょ!?」

 

黒服「….はぁ?」

明らかにトーンを落としつつあり得ないという黒服に 本当に何も知らないのねと…と九もういないという事実を説明する美樹

美樹「本当よこの目で見たから ー」

「ー九所長はヴァルキュリアを庇って○んだのよ あの人らしくないでしょ?ソーサリアンも揃っていないのに九所長は1107番のグラーネを孵卵させてラグナロクを起こした ただ所長の妹を生き返らせるためにね」

「神○しだの何だのしらないけど…高千穂の目的なんてあの人にはどうでも良かったのよ!!」

「結局人の行動原理なんて感情が全てなのよ…あんなに冷徹で頭のいい人でもね….」

明らかに一瞬同様をした表情を見せながらも すぐに自らを落ち着かせている様子の黒服

黒服「…..!…やれやれ….」

俺がヴィンガルフに肩入れする根拠が大きく欠損してしまったな…」

 

IMG_2271

元の場所へと着陸していくヘリ また あの時黒服に外に放り出されたパイロットはクビを痛めながらも生きていた様でヘリのすぐ横へと姿を現している

天井を仰ぎ見る黒服「結局俺は….使い捨てにされただけか…九所長にも…ヴィンガルフにも…」

それを横目にみる美樹の表情にはあわれみや怒り等の感情が入り交じっているようにも見える

 

美樹「ーあんたのその言葉は信じていいの?」

黒服「はぁ?」

美樹「だったらあんたもヘクセンヤクトに協力しなさいよ ヴィンガルフから人類を守るために」

 

IMG_2272

寧子「村上君 さっきどうしてカズミちゃんが誰かに○されるってわかったの?」

村上「…そりゃイジェクトされて○ぬって言ったからさー」

場面は ようやく天文台のすぐ目の前まで帰ってきた様子の村上達へ

頭の後ろにあるなんていうスイッチを押されたとなると刺客に襲われたのとだろうと考えるべきだし

そしてだいたいあいつが○ぬわけないじゃないか とつけ加える村上

だがそこで それを見ていた初菜が実は村上と寧子がラ○ホテルから出てくるのを見たのだと口を開く

村上「!!?」

初菜「そのことをカズミに話した直後だったからさ だから自○するかもって」

かなりの衝撃を受けている様子の村上

村上「黒羽とホテルに入ったことは事実だから言い訳しない だけど…そのことで自○するなんて….」

だがそれに対し 「それは軽く考え過ぎよ」と初菜が指摘する

初菜「ー私達はいつ○ぬかもわからない弱い存在だってことを忘れないで

その間に叶えられる望みなんてせいぜいひとつか二つよ 一番大切な希望が潰えたら…それでもう生きる意味を失うことと同じなのー」

しかしそれでも普通の人間ならばまだ見ぬ未来に期待して立ち直ることができる でも私達にはその未来がない そう語る初菜

初菜「別に同情してほしいとは思わない 村上君が寧子の事が好きなのも知ってる

でも…私やカズミの気持ちを軽く考えないでくれる?」

その言葉にただただ神妙な面持ちで耳をかたむけている村上

 

寧子「…違う」

「この人が好きなのは私じゃない」

「それに..私は村上君が大っ嫌いだから」

村上「…..!!」

どことなく村上に対する嫌悪感をむき出しにするような寧子の視線にやはりショックを隠しきれない様子の村上

力なく口元で笑う村上「….知ってる」

その様子には佳奈も初菜も驚きの表情をみせる

村上「ーとりあえず カズミに話を聞いてみるよ」

 

そしてそのまま一行はカズミが寝ている部屋へと向かうことに

だが そこにカズミの姿はなく 残されている書き置きには「少し頭を冷やしてくる。すぐ戻る。カズミ」とのメッセージが

村上「…仕方ない 休み明けに学校で会えるようならその時話そう おやすみ」

そう言って帰っていく村上の背中をやや心配げに見送る佳奈や初菜たち そしてとりあえずはもう自分たちももう寝ようということに

しかしその時 部屋の隅に落ちているノートが目に入った様子の寧子が一人そのあしを止める

ノートのおもてには「黒羽寧子の忘れちゃいけないノート」のタイトルが

 

ひとりノートを開く寧子「えっ?何これ…これ…記憶を無くす前の私が忘れないようにノートを書いたんだ…」

ノートの中には自分で書いたであろう各人の似顔絵とその横には簡単に書かまとめられているメモ書きが書いてある様子

『ー佳奈ちゃんは体が動かないから毎日ご飯とトイレの世話を忘れないように!』

寧子「そういえば…!佳奈ちゃんは昔体が動かなかったって聞いたことがある….」

『カズミちゃん パソコンが得意 村上君の事がスキ』

寧子「….やっぱりカズミちゃんは前から村上君の事が好きだったんだな….(汗)」

『小鳥ちゃん 入れ替わりの魔法 料理がとてもおいしい おっ○いが一番大きい 村上はおっ○いが好き』

寧子「誰だろ…もう○んじゃったのかな….」

『初菜ちゃん 再生の魔法 村上君とチューした 村上君の事が好きみたい』

寧子「村上君….!初菜ちゃんともチューしてたんだ…本当にひどいヤツだ…!」

そして最後に村上のページヘと目を通す寧子

 

IMG_2270

そこには村上の似顔絵とともに見開きいっぱいに書かれれている「好き♡すき♡大好き♡」の文字が

 

IMG_2269

そして『この気持だけは絶対に忘れたくない!!』との言葉に愕然としつつ寧子はその場にがっくりと膝を落としてしまう

へたりこんで涙をこぼす寧子「….そっか…私…」

「記憶をなくす前の自分が…こんなに大切にしていたことも忘れちゃったんだなぁ….」

「….私は….」

 

IMG_2268

そして

 

IMG_2267

暗い森の中 カズミをだきしめ口づけをしている村上

次回、極黒のブリュンヒルデ第139話へ

 

※以下感想です※

え なんですかこれは…

最後の方は終盤の寧子の泣き顔までの流れににちょっとしんみりしてしまっていただけに いきなりのあのラストには流石に思わず突っ込みたくなりました.. 二人の描写がかなりUPだったのもかなりのポイントでしたね…

しかし個人的に今回それよりも気になったかな~という点は、それはあの黒服さんが敵になりそうにない….という点です

これは嬉しいといえば嬉しい事なのですがやはり個人的にはあくまで悪役としての活躍を見せて欲しかったかな…というのがどちらかといえば正直なところです 小野寺さんやマキナやフリスト 今後に控えているであろうこの辺りの方々でも かたき役としての戦闘力や脅威度でいえば今のままの印象でもそれで十分なのかもしれません が、やっぱり最近にやっと出てきたキャラ… という感触もいなめませんし その点古参キャラであり色んな読者からも多少なりとも思い入れをもたれているであろう?黒服さんなら 「応援したくもあるけども最終的には必ず打倒しなくてはならない強敵」…?というような雰囲気も醸し出せて結構おいしい感じに出来たのではないかな…と思いました

まあひょっとすると誌上アンケ等で黒服さんをおす意見が意外と強まってるということ…かもしれませんし 村上達への決戦前の最後のテコ入れ ということかもしれませんのでこれはこれで喜ぼうと思うのですが….でも でもそれならば 出来れば次なる脅威の登場はなるべく早めにと先生にお願いしたく思います… 奈波やスカジの時の様に、とまでいけそうかはわかりませんが 黒服さんならばかなりのレベルで村上達の窮地を演出してくれるのでは…と期待してしまっていたので…

また 今回は遂に寧子があの忘れちゃいけないノートに目を通したわけなのですが 正直まだ目を通してなかったのか..?とちょっと混乱してしまった部分もありました 確か120話前後で天文台の一室であのノートを見つけたその後 皆の前で早く文字を覚えて読みたいたいものがあるから一生勉強してる発言→何を読みたいの?→あ…忘れちゃった… の流れがあったかと思いましたがあれはなんとなく誤魔化していたんじゃなく もしかして普通に忘れていたんでしょうか… ちょっともう一度その辺り読み返してこようかと思います

でも 何だかんだと言いつつもやっとあのノートが出てきたことは嬉しいですし 久々に出てきた小鳥の顔、ノートいっぱいに書かれた「村上くん好き♡」の文字

そしてその気持ちをも忘れてしまっている自分自身に泣き崩れる寧子の姿はかなり切なくなってしまいましたね…

村上とカズミのいきなりの進展?とあわせて今後が気になるところですが 小野寺さんやらの襲来を期待しつつここもしっかり見守っていきたいと思います…

ちなみにどうでもいいところですが初菜の「生きる意味を失う」発言 ちょっと某レスリング動画を思い出してしまいました…