【ネタバレ】東京喰種:re トーキョーグール 99 感想【注意】

白 : 99

 

*「ーおはようございます!!」

カネキ「わ!?」

「??…??」

 

「ーえーっと…? 0番隊の…」

*「アハッ 起こしに来ました 」

 

tkg9995a

 

冒頭は どこかの一室で眠るカネキを 0番隊の二人の子らが起こすところから

*「ーほら朝だ朝だ」

背中をおされるカネキ「起きる起きる…」

黒髪「あ 起きたんだ…」

 

廊下へと出ると 0番隊の黒髪と 平子の顔も

笑顔のカネキ「…おはようございます」

頷く平子「」

 

tkg9994a

 

*「駅前のパン屋ってあれでしょ メロンパンがさー」

「平子先輩朝ごはんをですねー」

黒髪「すべすべ」

**「またパンの話してる」

平子「ー「朝食は済ませただろう」

*「昼食にどうですかー」

 

と話しながら:reの店内?へと出て行くと 後ろからはトーカの声が

トーカ「コーヒー要る?ー」

 

いただくカネキ「ー…あ」

 

「…芳村さんの味だ」

笑顔のトーカ「」ニッ

 

カネキ「いいお店だね」

トーカ「前に来たことあるでしょ」

 

「あ…そっか はは…」

 

トーカ「ねえ」

カネキ「? なに?」

 

トーカ「なんであんなごまプリンみたいな頭してたの?」

 

 

カネキ「ーいやあれは…Rc細胞の抑制で一時的にメラニン生成がどうとか、って柴先生が…」

「好きでそうしたワケでは…」

 

トーカ「ふーん」

 

*「ー続いてのニュースです」

「ひと月前の昨年12月に発生した捜査官による “コクリア襲撃事件” 」

「灰崎監獄長をはじめ、警護にあたっていた特等捜査官一名がし亡 二名が重傷を負うなどその被害は甚大であり」

「喰種対策局は現在もその対応に追われています」

「また喰種対策局は襲撃の主犯格である “佐々木琲世 元准特等捜査官” らを重要指名手配者として捜索しております」

「対策局は彼らの情報を求めて…」

TVからは佐々木・平子の写真とともにニュースが流れる

 

トーカ「ー有名人じゃん」

カネキ「…バイトできないね」

トーカ「ば〜か」

 

 

「ねえ」

 

 

「呼び方 ”カネキ” でいいの?」

 

カネキ「…うん」

 

「カネキで」

 

 

「トーカちゃんはカネキがいい」

 

トーカ「そ」

 

と ゆっくりとカウンターを出てカネキへと歩み寄っていくトーカ

カネキ「…?」

 

トーカ「カネキ」

 

 

tkg9998a

 

殴りつけるトーカ

部屋へ入ってきた途端かたまる四方

 

トーカ「あー」

 

「スッキリした!」

 

tkg9996a

 

四方「トーカ」

トーカ「あ、ヨモさん いつから居たの?」

四方「…今来たばかりだー」

 

 

カネキを起こす四方「ー月山から連絡が…準備が出来たと」

「立てるか」

カネキ「あ、はい」

 

そして三人は どこかへ向かうようにし店の外へと

 

*「ーおお、カネキくん」

カネキ「…!」

 

 

古間「起きたかい?」

 

tkg999a3

 

「なんだい?幽霊でも見るような顔して」..ドム「…痛いッ」と後ろからは入見の蹴りが襲う

古間「ーなんでッ!」

入見「あらごめんなさい 発想が被ったのが癪で」

 

カネキ「古間さん…入見さん」

「本当に…本当に…無事だったんですね…」

 

間には どうやらあの時のルートV14の描写が

 

“ルートV14”

『姐さん…マズイ…』

『有馬貴将…0番隊だ…ッ!!』

『俺たちはここで足止めする!首領たちはR9に!!ー』

 

入見「仲間を失った私たちは 命からがら逃げ果せてトーカたちと合流した」

「その間に有馬貴将が追ってこなかったのは…」

 

古間に肩を貸しながら歩く入見『ー…重いわ貴方…』

ぼろぼろの古間『帰ったら痩せるよ 約束する..』

 

入見「ー “だれか” が彼を引き止めていたから…」

 

「ー店長はああなってしまったけれど…少なくとも年増二人は生きてる」

「あなたがあそこで20区に戻ってきた事 けして無駄ではなかったわ」

「そのせいで貴方を苦しませてしまったけど…」

カネキ「いえ…良かった…」

 

 

「なんだか… “あんていく” って感じですね」

 

tkg9992a

 

穏やかな 表情をみせる面々

 

 

ニシキ「あの〜」

「眼鏡も入れてもらっていいスかね?」

 

とトーカの肩に肘を置くようにしてニシキがそこへと入ってくる

カネキ「西尾先輩…」

ニシキ「よぉ、頭髪不安定」

トーカ「重い」

ニシキ「ー万丈軍団の下っ端にロマの見張り頼んできた 全員揃ったし月山んとこ向かおうぜー」

 

 

そして 店番は古間らに任せるとのことで 場面は別の場所へ

→次のページへ