【ネタバレ】東京喰種:re トーキョーグール 97 感想【注意】

身一つ : 97

 

入見「ーなーに?」

 

「幽霊でも見るようなツラして」

 

tkg983a

 

倉元「ったくロゼ戦と言い…」

「なーんで俺はこう想定外の相手ばっか来るかね…!?」

冒頭は引き続き戦闘を続ける入見や倉元のところから

 

武臣と仕掛けていく倉元「ー黒狗ッ…」

「全滅したんじゃ」

「ねえのかよッ」

が 入見は軽やかな身のこなしから一旦やや距離を取っていく

 

 

月山「change?」

入見「ええ、お願いするわ」

 

tkg984a

 

月山「oki-doki!!」

 

の言葉と同時に武臣へと斬りかかる月山

一合でクインケを叩き折り 蹴りの一撃でダメージをあたえていく

武臣「…ッ」

 

追撃する月山「…ッフ!!」

 

倉元「ー武臣下がれ」

「俺の予備つかえ!ー」

 

ナキ「ーらァ!!」

が 武臣を支援しようかというその最中 更にそのよこからのナキ・ミザの攻撃が倉元を襲う

ミザの攻撃をすんでで躱す倉元倉元「ぐっ…」

「…!」

 

左目の上を負傷する倉元「(クソッ…目の上を…)」

 

ナキ「ーナイスババア!」

ミザ「だからババアって…もういいか」

 

ホオグロ「アニキ!」

承正「流石です!ー」

 

 

仕留められる白スーツ喰種「ゴッ」

宇井「ー散歩は終わりだ」

 

「ー首輪をくれてやるよ」

また 入見の方は宇井との戦闘を続ける 宇井は片手間に不意に横をついてくる白スーツらを屠りつつも どうやらそろそろ本気でいく といった様子

入見「あら素敵ね 形見にするわ」

 

「ー!」

が その瞬間 背後からの富良の一撃が

ふらつく入見

 

富良「躾のなってねえワン公だな ウチの柴の方がお利口だぜ」

宇井「(ナイス富良上等)」

 

仕掛ける宇井「(ー ◯ね犬 )」

 

 

tkg982a

*「ーっと」

 

宇井「…!!」

「…そうかィ」

 

 

しゃがんで声をかけるシコラエ「ダイジョブかー」

ロマ「大丈夫じゃねーよぉ エーン」

ニシキ「…手応えは?」

クロナ「貫通させたが…赫包には届いてないー」

場面は 立ち上がり 戦闘を再開しようかというロマ・ニシキらのところへ

 

立ち上がるロマ「ーヒドイヨォ 女のコに…」

「シェンパパシェシェ…シェーンー」

 

tkg981a

 

「ーんみゃぁぁあああッッッ!!」

 

ロマ「みやっ」

仕掛けるロマ 躱すニシキ

 

「んニィ」

が ロマは矢継ぎ早にと赫子を伸ばし躱すニシキへと追撃をかける

ロマ「ー先輩 無駄ッスよ」

「また ドジョウすくいみたいに」

「ヌルヌルと」

 

「それが」

 

tkg985a

「あひっ」

 

倒れたロマにとどめを刺そうかというクロナ「邪魔だ失せろ」

ロマ「ーぐっ」

 

「ーシコちゃん!」

シコラエ「なんやの」

 

ロマ「 “はね” え!!」

シコラエ「あい」

 

応えたシコラエから発せられる羽赫

クロナ「(ー羽赫…!数は多いが…)」

「(全部打ち落としてやる!)」

叩き落とすクロナ

 

 

「ー!」

が 一瞬の不意をつき シコラエの左手がクロナの首を掴む

そして 左手には鋭い甲赫が

振りかぶるシコラエ「さすー」

クロナ「(甲赫!? “二種持ち” か…!!)」

 

 

ニシキ「ー伏せろ壁パイ!」

 

tkg986a

 

「!?」

 

シコラエ「ドッ!!」

 

立ち上がるクロナ「助かる」

ニシキ「オウ」

「ー赫子2タイプかよ..メンドクセェな…」

クロナ「ああ..」

 

腹をおさえるシコラエ「ポンポいたい…」

 

ロマ「(つーか..)」

「(シコラエはパァだけど “特別な赫包” をもってる…)」

「(それでコクリアに囚われてたんだからね…)」ニヤリ

 

「(つーことで…)」

「(まだまだこちらが有利ッスよ先輩ー!!)」

シコラエ「もうやだーかえるー」

 

逃走するシコラエ

 

tkg98a

ロマ「…先輩」

 

「争いって空しいと思いませんか?」

ニシキ「思わねえな」

 

 

ガィン

瓜江「(ーあの “クインケもどき” が邪魔だ…)」

「(連打では削り切れないぞ…)」

場面は 引き続き戦闘を続ける瓜江 亜門らのもとへ

→次のページへ