【ネタバレ】東京喰種:re トーキョーグール 124 感想【注意】

一糸 : 124

 

六月「ー “コレ” はねえ…」

「 “確保” の際 すこし暴れられたので…」

冒頭は 引き続きトーカ・六月らのところから

 

 

六月「…小坂さんには “喰種隠匿” の嫌疑がかかっています…」

「あなたのこと知っていて黙っていたワケですよ…」

「どうですか 局でゆっくりー」

 

 

 

 

 

 

 

蹴り足をふりぬくトーカ 吹き飛ばされる六月

 

 

 

トーカ「小坂…?」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「知らんなー」

 

 

 

晋三平「ーがぁッ!!」

カネキ「!」

と こちらは路上で続けるカネキ達

晋三平の左足がカネキの右足を踏みつけ の隙に赫子での突きカネキを腹へと直撃させる

 

笑むような晋三平「 」ニヒィ

 

「…!」

カネキ「…あまり舐めるなよ新人」

 

 

 

 

 

 

 

 

晋三平「!!」

攻撃をかえすカネキ

 

「(ー…下かッ!!)」

また 路面を下から貫くようにだされた赫子はそのまま晋三平の身体を貫く

 

晋三平「ーぐあうあああううう!!」

 

カネキ「…抑制剤が効くまで何秒かかるか 知っておくべきだったね…」

晋三平「ーぎいぃぃ…」

 

カネキ「ー…!」

 

 

 

 

 

 

 

「自転車?」

向かいのビルの屋上にはオッガイの姿が

葉月?「U16(こども)ですから」

「ーけッ」

と葉月の号令のもとに自転車のままカネキへと向かってくるオッガイ達

 

 

 

 

 

 

 

 

突撃をかわすカネキ「(ーなんだあの車輪…!!)

更には赫子もつかいせめたてる様子

その時トーカは店外へ

視線を合わせるトーカ・カネキ「…!」

「…」

カネキ「ー行こう!」

 

二人はすぐにその場から姿をけす

 

その様子をみる六月「ー!」

 

 

 

 

 

 

 

「…」

「ー追えよ!!」

オッガイ達「…」「怖〜」

 

 

 

六月「(ー…行かないでください お願いだから)」

 

「ー◯してやる!!」

「◯してやる!!ー」

 

晋三平「…透さん」

 

下を向く六月「先生…」

 

 

 

 

滝澤「ーよう小瓶ちゃん」

「大変そーじゃねえか このご時勢じゃメシの確保も一苦労だろ?」

「とってきてやろうか」

なにやら疲弊しているような墓盗りに声をかける様子の滝澤

 

ぐったりするような墓盗り「いらん」

 

滝澤「…新型の捜査兵器か」

 

「ー “俺ら” ”喰種” にはずいぶん生きにくい世界だな」

 

墓盗り「…なぁタキザワ」

滝澤「あん?」

墓盗り「なにが文明や民族を滅ぼすのだと思う?」

真面目に答えてもいそうにないような表情の滝澤「…核」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

墓盗り「ー “嗅覚” だ」

 

「ー “見つける(嗅ぎ付ける)” という行為が いつも破滅を導く タタラがそう言ってた」

「 “空を飛ぶ方法を見つけたから” ”爆弾の作り方を見つけたから” 」

「 “貴重な資源を見つけたから” ”憎むべき対象を見つけたから” 」

 

「だから滅びるのだと…」

 

墓盗り「だから “鼻の良い奴” はヤバイ…」

「クソ喰らえだ…」

 

滝澤「 ….”オッガイ” ね」

 

 

『 “シが二つ” 重なってるみてえだなー』

→次のページへ

最新記事を即お知らせ