【ネタバレ】東京喰種:re トーキョーグール 122 感想【注意】

何時にする? : 122

 

トーカ「童貞なの?」

冒頭はトーカの問にコーヒーをこぼすカネキのところから

 

 

トーカ「床…」

「拭いといて コーヒー」

カネキ「 」

「…わかった」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「ふぅ…」

 

 

トーカ「で、そうなの?」

ややうつむくようなカネキ「ー….」

トーカ「…どうしたの急に…」

 

「いやそうなのかなって」

 

カネキ「…」

「(なんでそんな質問をするんだろう…僕がど…女性経験があるかどうか…?)」

「(トーカちゃんがなにを考えているか僕にはわからない…)」

「(その質問にどんな意味が?単なる雑談?)」

「(逆に恥ずかしくないのかトーカちゃん)」

「(助けてくれ万丈さん アヤトくんでもいい)」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

トーカ「…カネキ」

 

「 “◯ぬ人” の顔してる」

 

ふとトーカの横顔をみる

カネキ「…」

 

トーカ「私たちの中で アンタがいなくなっていいなんて思ってるのはー」

「ーアンタだけ だから…」

 

トーカ「いざとなったらヤ○せてあげる」

 

カネキ「…やっ(何を言っているんだこの子は…)」

「(それってつまり…トーカちゃんと…僕が…??)」

「(そもそもトーカちゃんこそ…いややめよう…)」

再びカップを傾けるカネキ「げ、下品だよ表現が…ダメだよ大事にしないと…」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

トーカ「もう一つ聞きたいんだけど」

カネキ「…なに?」

 

 

トーカ「なんでニシキや月山たちは連れて行くのに 私は置いていくの?」

カネキ「…」

 

 

 

「…覚えてる?」

 

 

「リョーコさんの事があって…」

「君が一人で捜査官に復讐しにいった時の事…」

「 “あんていく” の裏で」

「君は怪我してた」

 

「そのとき君に言った言葉…」

トーカ「…」

「 “私が◯ぬのは悲しい” 、ってヤツ?…」

カネキ「うん」

 

「初めて君は僕の名前を呼んでくれた」

 

「あのとき僕は」

「そばにいる人を守れるだけの力が欲しかった だけど…」

 

「ヒナミちゃんがいなくなったときも 月山さんと戦ったときも」

 

「トーカちゃんはどんどん先に行っちゃって…」

 

「…僕はいつも君の背中を見てた」

「…アオギリに囚われたときも 君は僕を助けにきて…」

 

「一人で戦う…」

「いつだって君はボロボロで…」

背景にはそれぞれの場面のトーカの背中

カネキ「…怖いんだ」

「トーカちゃんは僕よりずっと行動力があるから」

 

「僕の知らないところで◯んじゃうんじゃないかって」

静かにやや視線をおとすようなふたり

 

トーカ「…今度は、」

 

「私がそんな感じ」

 

 

 

 

 

 

 

横顔をみやるカネキ「…」

トーカ「私よりアンタは …もっと消えそう」

 

「…いつも考える アンタが “どっか” に行かない方法」

カネキ「 “さっきの” って…もしかしてそんな理由で…」

トーカ「… “そんな理由” ?…」クス

 

「…アンタが “白鳩” だったとき たまに一人でお店に来てたでしょ」

「席に座って本を開いて」

「でも」

「視線はこっち向いてて」

 

「私、その目に見憶えがあった」

「…アンタが “リゼを見ていた目” だった」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

顔に汗をかくようなカネキ

「…」

 

『ー綺麗だと思った』

 

トーカ「…違う?」

顔を隠すようなカネキ「…琲世…」

 

 

 

 

 

 

 

 

「僕…馬鹿みたいだ」

 

 

 

トーカ「ー嬉しかった私は、もっと馬鹿みたい?」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

停止するカネキ「…ー」

 

 

 

「ーカネキくん!!」

と 勢い良くひらいた入り口の方には汗だくでこちらをみやる月山が

→次のページへ

最新記事を即お知らせ