【ネタバレ】東京喰種:re トーキョーグール 113 感想【注意】

わたしは : 113

 

捜査官「ギャア」

*「うわああ」

ニコ「ウフ…♡」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

冒頭はニコ とやりあう政らのところから

政「(ーピエロ…)」

「(強い…それに…)」

 

 

「(ーなんだ…この親近感…)」

ニコ「ンフ♡」

 

かったるそうにでもしているような旧多「(ー早く終われ〜)」

 

捜査官達「ーハァハァ…」

そうして 各地での戦闘がほぼ終結し疲労が濃く見えているようなCCGそれぞれの描写も

倉本「..ハァ…ハァ…」

「…そんなワケない…そんなワケ…」

周囲にはピエロがころがる

 

ひとりどこか屋上で立ち尽くすような宇井「 」

やや神妙なような面持ちで後ろから声をかける田中丸「宇井ボーイー」

 

「…首尾はどうかね…」

宇井「…これは…」

 

「人ですかー」

 

田中丸「…この事実が広がれば…これからの捜査官たちの士気にかかわる」

「まっこと戦いにくくなるだろう…」

宇井「これは…ただの喰種掃討じゃない」

「布石だ」

 

 

「…つぶされますよ… “CCG” ー」

 

 

 

 

 

 

 

 

戦闘を続けるウタ・什造のところへ

什造「(…急に当たらなくなりましたね)」

「(先刻はわざと斬らせた感じですか)」

 

什造「!」

瞬時に伸ばされた赫子が手元からジェイソンを弾き飛ばす

笑い顔のようなマスクになっているウタ「WAHAHAHAー」

 

 

右足ピン?を抜き去る什造「 」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ふっとばされるウタ

 

什造「!」

瞬時に背中から蜘蛛のように赫子を伸ばしたかと思うとそのままガザザザと離脱していってしまうかの様子

六月「行きますー」

とびだす六月

 

什造「透! ー深追い禁物ですよ!」

六月「はいっ」

 

 

什造「(なんだか僕 …..篠原さんみたいですね)」フー….

 

 

亜門「ーあうあああうああ」

「あうあああうああ!!!!」

そうして亜門・カネキらのところへ

 

亜門はやはり赫子が変化し 自我が保たれていないといった様子

 

『この世界は間違っている…』

カネキ「(ー彼は…)」

『ただの “喰種” でいいんだな』

カネキ「(ー琲世である前、戦ってきた捜査官の中で唯一…)」

『俺の名はー』

カネキ「(ー僕の存在を認めてくれた)」

それぞれの場面でのカネキ 亜門が

 

 

 

 

 

 

カネキ「(ー”喰種” ではなく一人の存在として “対話” を求めてくれた)」

 

「(ーその彼から対話を奪うなんて)」

「…」

 

カネキ「(この設備はなんだ? “CCG” は何を考えて彼を捕えているんだ?)」

「(実験材料?試験体?)」

「…彼は…」

 

 

拳に力を入れるようなカネキ「…彼は喰種捜査官だ…ッッ」

アヤト「ー!」

 

瞬間 巨大化させた右腕にて仕掛けていくカネキ

 

 

 

 

 

 

 

 

カネキ「(…ダメだッ 硬すぎるッ!!)」

 

すぐに距離を取ろうとするカネキ

が 瞬時に伸ばされた大きな亜門の赫子がその体をかすめる

 

アヤト「ーカネキ!

 

「ー戦う必要ない!」

 

抑制剤を確保するようなアヤト「ー見ろ抑制剤だ これが目的だろ!」

「ドンパチしに来たワケじゃねえだろうが!!」

 

カネキ「…」

視線は亜門のほうへ

変化を続けるような亜門「ーオアア オアア!!」

「オオオあああ…」

 

カネキ「(…彼を…)」

「放っておくなんて…っ」

 

 

 

 

 

 
アヤト「チッ…ハンパ野郎が…」

 

「ーお前にはやる事が残ってる…お前にしか出来ねえことが!」

アヤトがカネキの襟をつかむ

→次のページへ