【ネタバレ】東京喰種:re トーキョーグール 112 感想【注意】

栖救:112

 

両手を合わせる才子「ー行くでウリ公ッ!!」パンッ

冒頭は引き続き瓜江・才子らのところから

才子の赫子は幾本もの腕が背中から左右に生えるようになっており さながら千手観音のようにも

 

 

仕掛ける才子

連打をうける瓜江「あぶ!あぶ!あぶ!あぶすー」

才子「どやっ」

 

ズバ

が 直ぐ様瓜江の一撃が片側の赫子を切り払う

びっくりするような才子「ンガッ!!!」

 

才子「ー才子に!刃を向けおったな…こんの….!」

 

「ーとんとんちきがあ~~~ッッ!!!!」

 

 

 

 

 

 

 

吹き飛ぶ瓜江「ヌーッ!!!!!」

才子「むがー!!」

 

瓜江「にぎにぎ…」

とそこを背後から仕掛けるシャオは 高く跳び上がり踵を鋭く振り下ろす

ザビィ

赫子を削がれる瓜江

シャオ「(ー才子さんっ)」

視線で意思を交わすような二人

 

ポージングするような才子「(ー赫子キャンセル!!)」

 

 

『才子監獄”エリートニート”!!!』「そいやっさ!!!」

 

 

 

 

 

 

 

 

瞬時に赫子を格納→繰り出し 瓜江を拘束するような才子

動きを封じられる瓜江「ぐ ぎ」

シャオ「(これなら…)」

視線を向ける才子「(どや…)」

 

「(ー赫子ナシでこれはほどけんやろ)」

「(脳味噌お筋肉さんが!ー)」

 

 

 

 

 

 

 

瓜江「ばうっ!!!!!」

才子「えーっ!」

シャオ「….!」

 

とそこへ才子が以前瓜江とやったやり取りを思い返す描写が

才子『ーまた筋トレかまぐ公」

バーベルをあげる瓜江『基礎鍛錬は捜査官の義務と言っていい…』

『ーそれに加え俺達は 肉体の破壊がRc細胞の浸透率に関与する…(まぐ公?..)』

 

『お前も家でグータラしてないで 少しはその…(※)身体を鍛えたらどうだ?』

とやや柔和な表情で振り返る瓜江 ※「…」-「ぶよぶよの」

才子『….なんやその”間”は』

 

 

 

 

 

 

 

バキバキバキ

そして起き上がろうとする瓜江の体は再び赫子の影響により変化していく様子

変容した顔をあげる瓜江「フーッフーッ!!」

 

瓜江を指差す才子「鍛えすぎるからそうなるんやチミはっ!!!才子の絵みたいになっとるがな」

 

「ー目には目を まぐ公(まっちょ)にはまぐ公(まっちょ)やッ」

と大きく息を吸い込む

 

「ーまぐっ」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

シャオ「(ー才子さん…)」

「(才子さんの強み…ーそれは”自由”ー)」

 

ノックするシャオ『ー才子さん失礼しま…』

場面は どうやら以前にシャオが才子の部屋を訪れた際の様子へ

 

 

『ー!』

部屋の中にはベッドへと寝転がりながら雑誌をひろげる才子が

が くつろぎながらもなにやらちょっと複雑な形の赫子へとカキカキと形作っている様子

シャオ『??』

才子『..おおシャオたんどした? 一緒に寝るか?』

 

シャオ『一体なにを…』

才子『ん おおコレか』

 

『ーメトロニカのサルマー軍の新兵器がでらく(すごく)クールでな』

『”トリニティカッター”っちゅうんやが”モデリング”しよったわけ』

シャオ『? モデ…リングですか?』

才子『まあ、再現やな』

 

『ーなんつっても 任務中にぶちカマしたら格好エエじゃろ』ずやっ

 

 

 

 

 

 

 

才子『ーま そのあと瓜江にぶちカマされるが』

誌面をちらりと見やるシャオ『(ーロボットアニメ…?)』

『(これがモデリング…)』

 

頬を染めるようなシャオ『(赫子をひとつの形状に維持するのですら技術が要るのに…)』ポーッ

『(ナチュラルに天才…そういう人好き…)』

赫子で菓子を口へ運ぶ才子『トリニティカッターでお菓子食お』

シャオ『(すごい…)』

 

 

 

 

 

 

 

 

 

シャオ「(ー瓜江さんは高水準のオールラウンダーだ…)」

「(しかし…)」

 

「(赫子の扱いなら…才子さんが格段に、)」

「(上)」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

才子「オ”ラァァ!!!!」

 

空中に投げ出される瓜江

 

才子はすかさずそのままに追撃をしかけ 両腕の一撃にて瓜江を路地裏の地面へと叩きつける

→次のページへ

最新記事を即お知らせ